【iPad仕事術】Pagesで書類作成 徹底解説!

iPad




 

iPadで仕事をする以上、書類の作成は避けられません。

 

書類作成といえばWord

以前iPadでワードを使う方法を解説しました!↓

【iPad仕事術】iPadでWordを使う方法!「iOSのワードでできること」

2018.05.20

 

ワードもいいんですが、やはりiPadで編集するなら純正アプリでしょ!

ってことで今回は「Pages」の使い方を解説しようと思います。

 

Pages
Pages
開発元:Apple
無料
posted withアプリーチ

iPadにはもともとインストールされているはずです。消してしまっていたらダウンロードをお願いします。

 

Pagesの使い方

ビジネス書類を作成するにあたり、Pagesで書類を作成できるか、必要な項目があるかを確認しました。使えるかどうかの判断基準にしていただけたらと思います。

少なからず、わたしが日頃作成する書類は全部作れます。その時に使っている項目をご紹介いたします。

今回は、もともとPagesに入っているテンプレートを参考に作成いたしました。

このレベルで書類を作成できれば、大抵のビジネス書は作成可能であると考えます。

それでは始めましょう。

 

①用紙レイアウト

わたしはまず、作成する書類の内容から、用紙レイアウトを決めます。

Excelなんかでは、タブにありますが、pagesでは少し違います。

まず用紙サイズはA4になっています。

右上の【・・・】を押すと、「書類設定」があります。

 

 

画面が切り替わり、右上の四角を押すことで、もう少し細かく決めることができます。

 

 

サイズはA4とレターのみ。 

まあ、基本的にはA4で作成していると思いますので、問題ないかと思います。

今回はA4で作成いたしました。

余白もそのままです。

 

②全体のレイアウト

まずは大枠のレイアウトを決めていきます。

図形挿入

タイトルのラインを入れます。

右上の【+】をタップすると色々選択肢が出てきます。

ここで「挿入」が可能です。

ラインは右から2番目にあります。

 

線を入れると、位置もわかりやすく設定することができ、サイズや角度も一緒出てきます。

 

右上の【ハケの絵】をタップすると、先ほど挿入したラインのスタイルを編集することができます。

オシャレに少し細く変更しました。

 

次に背景をつけます。

今度も先ほどと同様に、挿入(+)で今度は四角を選びました。

 

「ハケの絵」をタップし、色やエフェクトをつけます。

グレーに変えて、シャドウを付けてみました。

縦にラインも追加してます。

 

全体のレイアウトが見えてきました。

テキスト

次は「テキスト」を追加していきます。

使ってみた感覚で、文字については基本的に挿入で「テキスト」を追加したほうがスムーズだと感じました。

挿入(+)の右から2番目の最初に小さく「テキスト」と書いてあるところです。

 

入れてみるとこんな感じです。

再度「ハケの絵」をタップしてください。

テキストボックスの枠線や塗り潰しを選べます。

さらに、「テキスト」タブではフォントやそのサイズ、配置を変更することが可能です。

 

こんな感じにしました。

文字に関しては、すべてテキストを挿入しています。

なんだかそれっぽくなってきましたね!

 

画像の挿入

ビジネス文書で画像を挿入する機会は少ないかもしれませんが、テンプレートを参考に進めますので、追加します。

これも先ほどから使っている挿入(+)で簡単に追加が可能です。

「ハケの絵」をタップして、シャドウを付けてみました。

文字もそれっぽく追加しました。

テキストボックスで挿入していますので、思いのままにテキストを配置することが可能です。

 

配 置

今回、背景を入れましたので、その上に文字を置きたいです。

そんなときは、テキストを挿入し、「ハケの絵」をタップ。

一番右の「配置」をタップすることで、前後を変更することができます。

「後ろ/前に移動」をいじっていただければ、問題なく順番を変更することが可能です。

 

スマート注釈

最近追加された新しい機能ですが、Apple Pencilでそのまま書き込むことが可能となりました。

簡単に自分の絵も挿入できます。

ビジネス文書では出番は少ないかもしれませんが・・・

 

その他

挿入できるものにはイラストもあります。

たくさんあるので、色々みてみてください。

また表やグラフまで追加が可能です。

 

完成です!

 

しかし、書類は作成の完了が最後ではありません。

右上の【・・・】をタップすると「書き出し」と「プリント」があります。

書き出しはPDFやWordまで選べます。

まだ互換性については検証できていませんので、また改めてご報告いたします。

また、「プリント」もプリンターに接続されていればそのままできるので、とても便利です。

 

Pagesでおしゃれな資料を作り上げる

以上、Pagesの操作方法でした。

今回は、少し凝ったレイアウトでしたが、もっとシンプルなビジネス文書であれば、簡単に作成することができてしまいそうです。

説明書はなくとも、直感的に操作できることが多いので、ぜひ皆さんもiPadでビジネス文書作成してみてください。

ワードと比べると、レイアウトの自由度が高く使いやすい印象です。

多くの文章を書く場合は、Bluetoothキーボードは必須だと思われます。

iPadのキーボードは絶対に純正がオススメで書きましたが、Apple純正のキーボードは薄くて打ち心地もよく、オシャレでオススメです。

iPadのキーボードは絶対に純正!Magic Keyboardがオススメ!【iPad仕事術】

2018.01.30

 

またご紹介した描画も便利な機能ですので、Apple Pencilも併せて使ってみてください。

Magic Keyboard

 

Apple Pencil

この2つがあれば、iPadが圧倒的に便利になります。

Appleといえばキーノート!ということでこちらもどうぞ↓

【iPad仕事術】Keynote( キーノート )にできること徹底解説

2018.08.22