使ってないiPhoneやiPadが防犯カメラに!【Alfred】

アプリ




何となく取っておいたiPhoneやiPad、眠ってませんか?
iPhoneなら音楽聴く専用であったり、iPadなら動画見る専用だったり。
使い道はありますよね。

今回はその使い道のひとつ、防犯カメラとしての使い方をお伝えしたします。

 

Alfred

今回ご紹介するアプリはこれ!

Alfred Camera
Alfred Camera
開発元:Alfred Systems Inc.
無料
posted withアプリーチ

スマホを防犯カメラにする便利アプリです。

早速使ってみましょう。

 

iPhone4Sで実践

iPhone4Sといえば、もう8年くらい前の端末でしょうか。
そんな古いiPhoneで本当に動くのかな?と思いましたので、今回は可能な限り古いものをご用意いたしました。

古い端末だと、もうサポートしていなく使用できないパターンもあります。

今回のiPhone4SはiOS9.3.5です。
4Sでは最も最新の状態です。

では早速はじめましょう。

 

カメラ側の設定

最初はログイン画面になります。
Googleアカウントでログインができるのっていいですよね。

4Sをカメラとして使用しますので、「カメラ」を選択。

もうカメラの映像が映し出されています。
この映像が今使っているiPhoneに映し出されれば成功ですね。

次のステップです。

  1. カメラ設置
  2. 今使っているiPhoneにアプリをインストール
  3. 設定

パソコンで見たい人はこちらへ。

では、同じようにアプリをインストールし、同じGoogleアカウントでログインしましょう。

設定することもなく、今使っているiPhoneがビューワーになりますので、簡単ですね。

 

実際の映像は


しっかりと同じ映像が映し出されています。
画質は通信環境によりますが、かなり綺麗に写っています。

 

その他設定

まずは音声を聞くことができます。
そして、今の映像を写真におさめたり、録画することも可能です。
タップで写真、長押しで録画となります。

さらに、インカメラ・アウトカメラの切替ができます。
画面の向きの変更。
アウトカメラならフラッシュも可能です。
また、夜でも見えるようにすることが可能です。

 

古いiPhoneで十分

これだけ多機能で無料とは恐ろしいですね。

使い道は防犯のみならず、ペットを映しておいたりすることでいつでも見ることができます。

ただ、古いといえどiPhoneなので、外に設置するのは少し怖いですね。

古いiPhoneを活用するにはもってこいのこの方法、ぜひ試してみてください。

では。

Alfred Camera
Alfred Camera
開発元:Alfred Systems Inc.
無料
posted withアプリーチ