【 iPad × Excel 】アイパッドでエクセルを使う方法を解説!

iPad




みなさん、こんにちは。

くんよつです。

 

最近では、iPadのパソコン化が大きく進み、パソコンの代わりにiPadをと考えている人も増えている印象です。

そうなると、やっぱり仕事もiPadでできたらと思いますよね。

 

iPadを仕事で活用しようと思ったときに真っ先に思い浮かぶのはOffice関係のアプリが使えるかどうかではないですか?

そして、特に使っている人も多いと思われるのがExcel(エクセル)ですよね。

Excelが使えないと仕事にならないという人も多いはず。

 

まず結論ですが、iPadでもExcelは使えます!

 

僕は日頃からiPadで仕事をすることが圧倒的に多いですが、やっぱりエクセルを使ったデータの作成は欠かせません。

僕が基本的に使う作業であれば、iPadのエクセルもパソコンでのエクセルも大差ありません。

ただ、少し使いにくい部分はあるのは事実です。
おそらく高度なエクセルデータの作成は難しいと思います。

実際にマクロはiOS版では使うことができません。

 

そこで、まずはどれくらいのことができるのか確認してみることをオススメします。

今回はエクセルでお馴染みの機能をご紹介するので、エクセルが使えるかどうかがiPad購入の決め手になるようであれば参考にしてください。

iPhoneでもエクセル使えます!↓

【 iPhone × Excel 】アイフォンでエクセルって編集できる!? 使い方解説します

2019.10.01

Officeアカウント取得

まずはアプリのダウンロードをお願いします。

Microsoft Excel
Microsoft Excel
無料
posted with アプリーチ

エクセルのアプリをiPadで使うにはMicrosoft365のアカウントが必要になります。

そして、iPadでエクセルを編集するには、基本的にサブスクリプション契約が必要になります。

登録から30日間無料で使うことができるので、この30日間で本当に自分の仕事ができるかを見極める必要があります。

Microsoft365の金額

家庭向け:12,984円/年間 (月額1,082円) 税別

法人向け:10,800円/年間(月額900円) 税別 他のプランもあります。

 

こうやって価格を見ると高く感じるかもしれませんが、エクセルだけを使うための金額ではなく、ワードやパワーポイントももちろん使えます。

1TBのOneDriveストレージも使えるので、実際のところは割安だと思います。

 

無料では使えない!?

残念ながら、iPadの10.2インチ、10.5インチ、11インチ、12.9インチは無料では使えません。
Office365の有料会員になる必要があります。

9.7インチのiPad、iPad miniは無料で使えます。ということで、無料でExcelを使いたい人は、9.7インチ以下のiPadを選んでください。

ただ、商用利用は有料会員になる必要がありますので注意してください。

 

無料で表計算アプリを使いたいならNumbers(ナンバーズ)Googleスプレッドシートがオススメです!

【 iPad × Numbers 】エクセルの代りになるか⁈Apple純正の表計算ソフト「ナンバーズ」の使い方

2018.12.22

【 iPad × スプレッドシート 】GoogleスプレッドシートをiPadで使う方法解説します

2018.12.25

動画でもそれぞれについて解説しています!

Office365有料会員になるとエクセルでできること

  • ピボットテーブルのスタイルおよびレイアウトをカスタマイズする
  • 作成した色を図形に追加する
  • ワードアートを挿入および編集する
  • 影や反射のスタイルを画像に追加する
  • グラフ要素を追加および編集する

 

エクセルアプリの左上、サインインをタップ。

こちらからアカウント作成をお願いいたします。

 

EXCEL(エクセル)導入するために必要なコト/モノ

iPadでエクセルを編集するにあたってご用意いただきたいものを2つご紹介します。

  • オンラインストレージのアプリ( Google Drive / Drop box / iCloud Drive /One Driveなど)
  • 外付けキーボード

外付けのキーボードはぜひ用意してください。

iPadは画面がある程度広いといえど、少しでも広い方が作業はしやすいです。

ソフトウェアキーボードでは半分がキーボードになってしまうため、どうしてもエクセルの画面が見えづらいです。

iPad専用のSmartKeyboardもいいです。

安価に使うなら、AppleならMagic Keyboard、それ以外はお好みでBluetoothキーボードをお使いください。

2,000円くらいのものもあるので、比較的導入しやすいと思います。

iPadのキーボードについてはこちらを参考にしてください。

iPadのキーボードは絶対にApple純正!Magic KeyboardとSmart Keyboard

2019.09.30

iPad Pro用キーボード【Smart Keyboard Flio】買いました!購入のきっかけとレビュー

2019.04.01

【 iPad Pro 】あなたにピッタリのキーボードはどっち?【 Smart Keyboard と Magic Keyboard 】

2019.02.22

格安のBluetoothキーボードならこちら!

2,000円ほどで購入できます!

格安BluetoothキーボードをiPadで使う【Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード】

2019.08.06

動画でも解説しています!

iPadのEXCEL(エクセル)でできること

それではエクセル編集の手順を解説します。

Excelアプリ使い方

今回は、あらかじめ作ったエクセルファイルを編集するという観点でご説明いたします。

作成したエクセルのファイルはあらかじめオンラインストレージ(Googleドライブやドロップボックスなど)に入れておくとスムーズです。

 

まずExcelを開くと、次のような画面になります。

左にある「開く」をタップしてください。

次に「その他」をタップ。

 

クラウドアプリがズラッと並んでいます。

この画面でましたか?

今、あなたが導入しているクラウドアプリが一覧で表示される「ファイル」アプリが表示されています。

なんと、iOS11から登場した「ファイル」アプリの画面を確認することができます。

いつもお使いいただいているクラウドの中を見ることができるので、ここでもともと作成してあったファイルを選んでください。

簡単に修正が可能となります。

 

iPadでエクセルの使用例

あらかじめMacbookで作ったエクセルデータを「iCloud Drive」に入れておきました。

早速開いてみます。

今回は、Mac版エクセルのデフォルトで入っているテンプレートを使って少し説明させていただきます。

 

まずは「セルの選択」から。

ひとつセルを選択すると右下に小さい丸が現れます。

ここをタッチしながら移動させると複数のセルを選択でいます。

 

個人的によく使う「セルの結合」はいつも見慣れているアイコンで可能です。

 

 

フォントの大きさや色、セル内での文字の配置も抵抗なく変更できます。

 

 

 

また、iPadならではですが、「描画機能」が備わっています。

ペンの種類や太さ、色も簡単に変更することができます。

これは使いやすくてかなり便利です。

手直しなんかもiPad上でできますね。

エクセルデータを2つ同時に開きたい

iPadとパソコンの差。
それはマルチタスクのしやすさだと思います。

パソコンではエクセルのファイルをいくつも同時に開くことができますが、残念ながらiPadではそうはいきません。

僕自身他のエクセルのファイルを見ながらエクセルに入力することも頻繁にありますので、今回はその方法をお伝えします。

残念ながら、iPadOSになったiPadでもエクセルを同時に2画面表示ができませんので、今のところはまだ今回ご紹介する方法しかないと思っています。

スピリットビューはこちら。

【 iPadで画面分割 】Split View ( スプリットビュー ) で2つのアプリを表示する方法

2019.12.15

 

エクセルを普通に開く

まずは今回作成したいファイルを開いておきます。
全画面にでた状態にしておきます。

クラウドストレージからアクセス

現在使っているアプリはエクセルです。

iPadは同一のアプリでなければ2つ同時にアプリを起動することができます
そこで、エクセルアプリ以外でエクセルファイルを開けるアプリを使えば解決できます。

そればクラウドストレージアプリです。

今回使えるアプリは例えば、、、

  • ファイル
  • Googleドライブ
  • Dropbox
    です。

クラウドストレージについてはこちら。

方法は?


アプリをひらいた状態で、画面下から上へスライドさせてください。
ドックがでてきます。


あらかじめここに、クラウドストレージを配置しておきます。

今回は「ファイル」アプリを使います。
タップしたまま、画面端までもっていきます。


その後、ファイル内から確認したいエクセルをひらくだけ。

確認できましたか?

クラウドストレージでエクセルのファイルを見ると、データの確認はできるけど、編集はできないんです。

だけど、コピペはできるので、参考にしたいファイルを開いて資料の作成はできますね。

コピペしたい部分をハイライトし、コピー。


そのままエクセルの貼りたい部分でペーストです。
これは普通の方法で問題ありません。

3つのエクセルを確認したい

実は3つのエクセルファイルを確認する方法もあるんです。
3つ同時に、とはいきませんが、確認&コピペはできるので試してみる価値ありありです!

まずは先ほどと同様にスピリットビューでひらきつつ、スライドオーバーでアプリの上に表示します。

方法は?

この状態で、再びドックを登場させてください。
今使っている2つのアプリと違うクラウドストレージをドックからスピリットビューの分かれ目にむけてもってきてください。
うまく分かれ目の上にもってこないと、今でているアプリと入れ替わってしまうので、気をつけてください。

こんな感じで、3つ目のアプリは表示されます。
スライドオーバーという方法です。

この状態では、1番上にでている、最後にだしたアプリのファイルしかさわれません。

ただ、この方法でもコピペはできます。


方法は先程と同様です。


少しだけ見たいファイルがあれば、このスライドオーバーで十分かもしれません。

 

オートフィルの方法は?

エクセルの便利な機能として、『オートフィル』よく使います。
かなりの時間が節約できるのでお使いの方も多いはず。

オートフィル?

そもそもオートフィルって何?という方のためにご説明します。
いつも使っていても名前を知らないという方がほとんどだと思います。

例えば、曜日。
日曜日を入力すれば、オートフィル機能でほかの曜日を簡単に入力できるものです。
それ以外にも

  • 単純な数字
  • 日付
  • 計算式
    などなど、さまざまなパターンで使っていると思います。

オートフィル使い方

まずはアプリひらいて、オートフィルを使いたいファイルを選んでください。


日付を連続で入力したい。
そんなときは『オートフィル』!

パソコンだったらセルの右端わクリックしながら、、、

とやると、ただの範囲選択になってしまいます。

そう、パソコンとは全く方法が違うんです。
では、最初に状態に戻してください。


同様にオートフィルしたいセルをタップしておきます。


選択したセルを再度タップすると、画像のように選択肢がでてきます。
この中の【塗りつぶし】を選択してください。

最新バージョンのエクセルでは「フィル」という言葉に変わっています。


すると、セルの端が少し変化しました。
見比べてください。

このようにセルの端が●から◾️になったら、オートフィルが使える状態になっています。

パソコンと同じように、◾️の部分をタップしたまま移動してかださい。


できました!
パソコンよりワンタップ多いですが、これで無事オートフィルが使えるようになりましたね。

 

行・列の挿入

行・列の挿入もエクセル作成のときには頻繁に使うものですね。

パソコンと近いところもありつつ、iOSならではの方法でもあるので、しっかりと把握しておきましょう。

今回はエクセルが用意してくれているテンプレートを使って解説します。

まず、エクセルデータはこんな感じのものを選びました。

こういうデータ作っているときって、見落としでどうしても行を追加したい!ってときありますよね。

え?ないですか!?
それは計画的なExcel作成ですね!

わたしはどうしてもでてくるので、この方法は必須です。

今回はここに、行を挿入したいという設定にします。
方法は2つ!

追加したい行を選択しすると、コピーなどの項目と一緒に「上に行を挿入」がでてくるので、ここをタップします。

もうひとつは、範囲を指定した後矢印の部分をタップしてください。
セルの左上が+右下が−になっているようなアイコンです。

ここで、「行の挿入」「列の挿入」が可能です。

どちらの方法でも、こんな形でしっかりと行が挿入できました。

今度は列を挿入します。
ここに入れたいと思う場所を選択。

アイコンを選択すると、今度は「挿入して右方向」


しっかりと列が挿入されました。


もちろん、全体1列、1行を追加もパソコンと同様の方法で可能です。

 

セルの大きさを変える

エクセルでセルの大きさを変えること、よくありますよね。

僕は1番最初にセルを正方形にしてからデータの作成を行います。

評判は悪いですが、その方が僕の場合は作業がスムーズです。

セルの大きさを変える方法は手動でも行えます。

列、行を選択した上で、この小さな2本線(3の下)が出ているところをタッチしながら行うことが可能です。

 

下にスライドさせることでセルを広げることが可能です。

ざっくりであれば、この方法で全く問題ありません。

これはパソコンとほぼ同じですので、問題ありませんね。

問題はピクセルでセルの大きさを指定したい場合です。

 

セル変更のボタンはこれ!

iOSのエクセルのセルを変更する場所は右上の方にあるこの部分です。

  • 行の高さ
  • 行の高さの自動調節
  • 列の幅
  • 列の幅の自動調節

列を選択して、ポイントを揃えると正方形のセルができます。

次に全体のセルを同時に変更します。

これはパソコンと同じですので、

セルの左上の三角の部分で全体を選択できます。

 

この状態で先ほどと同じ方法でポイントを変更します。

全体が正方形になりました!

これで自在にセルの大きさを変更できますね。

少しパソコンと異なる部分はありますが、使い勝手は問題ありません。

 

iPadでエクセルは編集できる

普段お使いの機能があれば、iPadで問題なくエクセルを編集することが可能です。

実際に使ってみると、若干不便に思うことがあるのは否めません。しかし、どこでも編集できる利便性は抜群です。

また、エクセル同様、アイパッドでワードパワーポイントを使う方法も作成したのでぜひご覧ください。

Office365有料会員に登録することで、できることは増えます。ただ有料会員は月額1,274円かかりますので、そこはお財布と、本当にやりたいことと相談ですね。

いまだにエクセルを使う機会は多いですが、少しづつiPadでGoogleスプレッドシート使ってる人が増えてきました。

またiOSならではのNumbers(ナンバーズ)もあるので、それほど表計算ソフトは使わないということなら、無料で使えるこちらもありです。

こちらの記事も人気です



10 件のコメント

  • 丁寧な説明ありがとうございます。
    仕事でマイクロソフトのオフィスのExcelを使うことが多かったものでタブレットのiPadでExcelが使える事を知りこのサイトを見つけました。
    これから色々勉強しょうと思います。

    • 米谷様

      コメントありがとうございます。
      またKUNYOTSU logをご覧いただき誠にありがとうございます。
      iPad版のエクセルはパソコン版と比べまだまだ完全とは言えませんが、基本的なことは十分できるのでぜひチャレンジしてみてください!

  • こんにちわ。
    分かりやすい解説とても参考になりました。
    質問なんですが、ipadのexcelでシートの見出しの色を変更したいんですが、どうすればいいのかわかりますか?

    • ご質問ありがとうございます!
      僕は普段シートの見出しの色を変更しないので、あらためて調べてみましたが、変更できる項目が見つかりませんでした。
      現状ではiOSのExcelでは色を変更することはできない可能性が高いです。

    • 最新のiPad miniですね!
      図形の描画とありますが、図形を「挿入」なのか、「描画」なのかで話が変わりますが、いずれにしてもできる場合があるというのが疑問です。
      そういった、時によってできるできないことがある場合には、僕はアプリを再起動すると決めており、もし、あらさんが使っていて、急に使えなくなったとしたらアプリの再起動で使えるようになるんじゃないかと思います。
      逆に、何か違う作業をしている中で使えたり使えなかったりするのであれば設定が変わったのが理由でできなくなっていることが考えられます。
      個人的に今までにそういった経験がないので確実な設定をお伝えできず恐縮ですが、前者の方が可能性は高いかと思いますので、もう一度できない時のパターンを確認してみてください。

  • Excelアプリで作成した資料をブラウズに保存した後、そのブラウズから開くとNumbersで読み込まれて開くのです。
    何か理由があるのでしょうか?3日ほど前からその症状が出始め困っています。
    ご教示お願いします。(iPad Pro第一世代)

    • たらちゃん様
      ご質問ありがとうございます。
      またご返信遅くなり申し訳ございません。

      僕もiPad Pro9.7インチ(第1世代)を持っているんですが、同じような状況で問題ない状態にございます。
      ただ、他のアプリで同様の症状が過去にございました。

      2つ試していただきたいことがございます。
      ①エクセルデータを長押し→共有ボタン→エクセルアプリを選ぶ
      ②Numbersを一度iPadから削除し、一度エクセルで開いてから、再びNumbersをインストールする

      まずひとつめですが、一度Numbersを使った後に症状が出たんではないでしょうか?
      その場合には、一度エクセルから開きたいので、エクセルを共有(□に↑のマーク)のところからエクセルを選択することでエクセルアプリから確認することができるようになるはずです。
      ただ、もしかしたら、この方法でも一過性になってしまう可能性があるので、そのときに②をお試しいただきたいです。
      アプリをアンインストールしてもデータが消えることはないので問題ないと思います。
      Numbersがなければ開くことはできないので、エクセルアプリから開くことができると思います。
      そのあとで、再度Numbersをインストールして、再度エクセルデータを開いてください。
      これで戻っていると思いたいですが、もし、直らなければ何かOSに問題が出てしまっているかもしれません。
      一度お試しください。

  • ブラウズから開くとNumbersで読み込まれてしまう事象ですが、Microsoftをサインインし直したら、元に戻りました。Numbersをアンインストールするやり方もあるのですね。ありがとうございました。勉強になりました。

    • 解決したようで何よりです!
      ご丁寧にご報告いただきありがとうございます。
      こちらこそ、Microsoft のサインインで復活の件、勉強になりました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUT US

    ども、月間17万PVのKUNYOTSU logの管理人くんよつです。 『新しいモノ』『おしゃれなモノ』『Apple』が好き。 ミニマリスト。 iPadやiPhone、アプリのちょっとした疑問を解決します。 そんなブログです。