iPadでExcelは使える!? アイパッドでエクセルを使う方法を解説!【設定方法から無料で使う方法まで】

iPad




iPadを仕事で活用しようと思ったときに真っ先に思い浮かぶのはOffice関係のアプリが使えるかどうかではないですか?

 

まず、iPadでもExcelは使えます!

iOSのExcelやWordがあるので、ぜひ使ってみてください。

 

僕は日頃からiPadで仕事をすることが圧倒的に多いですが、やっぱりエクセルを使ったデータの作成は欠かせません。僕が基本的に使う作業であれば、iPadのエクセルもパソコンでのエクセルも大差ありません。

ただ、少し使いにくい部分はあるのは事実です。
おそらく高度なエクセルデータの作成は難しいと思います。実際にマクロはiOS版では使うことができません。

 

そこで、まずはどれくらいのことができるのか確認してみることをオススメします。今回はエクセルでお馴染みの機能をご紹介するので、エクセルが使えるかどうかがiPad購入の決め手になるようであれば参考にしてください。

iPhoneでもエクセル使えます!↓

【 iPhone × Excel 】アイフォンでエクセルを使う方法解説します!

2018.10.04

Officeアカウント取得

まずはアプリのダウンロードをお願いします。

Microsoft Excel
Microsoft Excel
無料
posted with アプリーチ

エクセルのアプリをiPadで使うにはOffice365のアカウントが必要になります。

アカウントがなくても、アプリのインストールをして、データを閲覧することは可能です。しかし、編集することができないので、アカウントを取得しましょう。このアカウント取得の段階では課金は必要ありません。安心して登録してください。

無料では使えない!?

残念ながら、iPadの10.5インチ、11インチ、12.9インチは無料では使えません。
Office365の有料会員になる必要があります。

9.7インチのiPad、iPad miniは無料で使えます。ということで、無料でExcelを使いたい人は、9.7インチ以下のiPadを選んでください。

ただ、商用利用は有料会員になる必要がありますので注意してください。

 

 

エクセルアプリの左上、サインインをタップ。

こちらからアカウント作成をお願いいたします。

 

EXCEL(エクセル)導入するために必要なコト/モノ

iPadでエクセルを編集するにあたってご用意いただきたいものを2つご紹介します。

  • クラウドストレージのアプリ( Google Drive / Drop box / iCloud Drive /One Driveなど)
  • 外付けキーボード

外付けのキーボードはぜひ用意してください。iPadは画面がある程度広いといえど、少しでも広い方が作業はしやすいです。ソフトウェアキーボードでは半分がキーボードになってしまうため、どうしてもエクセルの画面が見えづらいです。

iPad専用のSmartKeyboardもいいです。安価に使うなら、AppleならMagic Keyboard、それ以外はお好みでBluetoothキーボードをお使いください。2,000円くらいのものもあるので、比較的導入しやすいと思います。

iOSのEXCEL(エクセル)でできること

それではエクセル編集の手順を解説します。

Excelアプリ使い方

今回は、あらかじめ作ったエクセルファイルを編集するという観点でご説明いたします。

作成したエクセルのファイルはあらかじめクラウドアプリに入れておくとスムーズです。

新しいファイルでの作成はOneDriveとの連携で作成が可能です。

まずExcelを開くと、次のような画面になります。

左にある「開く」をタップしてください。

次に「その他」をタップ。

 

クラウドアプリがズラッと並んでいます。

この画面でましたか?

今、あなたが導入しているクラウドアプリが一覧で表示される「ファイル」アプリが表示されています。

なんと、iOS11から登場した「ファイル」アプリの画面を確認することができます。

いつもお使いいただいているクラウドの中を見ることができるので、ここでもともと作成してあったファイルを選んでください。

簡単に修正が可能となります。

 

iPadでエクセルの使用例

あらかじめMacbookで作ったエクセルデータを「iCloud Drive」に入れておきました。

早速開いてみます。

今回は、Mac版エクセルのデフォルトで入っているテンプレートを使って少し説明させていただきます。

 

まずは「セルの選択」から。

ひとつセルを選択すると右下に小さい丸が現れます。

ここをタッチしながら移動させると複数のセルを選択でいます。

 

個人的によく使う「セルの結合」はいつも見慣れているアイコンで可能です。

 

 

フォントの大きさや色、セル内での文字の配置も抵抗なく変更できます。

 

 

 

また、iPadならではですが、「描画機能」が備わっています。

ペンの種類や太さ、色も簡単に変更することができます。

これは使いやすくてかなり便利です。

手直しなんかもiPad上でできますね。

iPadでエクセルは編集できる

普段お使いの機能があれば、iPadで問題なくエクセルを編集することが可能です。

実際に使ってみると、若干不便に思うことがあるのは否めません。しかし、どこでも編集できる利便性は抜群です。

また、エクセル同様、アイパッドでワードパワーポイントを使う方法も作成したのでぜひご覧ください。

Office365有料会員に登録することで、できることは増えます。ただ有料会員は月額1,274円かかりますので、そこはお財布と、本当にやりたいことと相談ですね。

いまだにエクセルを使う機会は多いですが、少しづつiPadでGoogleスプレッドシート使ってる人が増えてきました。

またiOSならではのNumbers(ナンバーズ)もあるので、それほど表計算ソフトは使わないということなら、無料で使えるこちらもありです。

こちらの記事も人気です!