iPadでZIPファイルを解凍・作成はファイルアプリで解決!

Apple




iPadがどんどんアップデートされ、よりパソコンが必要ない状況に近づきつつありますね。

iPadでなんでもできれば持ち運びが楽だし、可能な限りiPadでできる方法も模索しています。

 

ども、KUNYOTSU logを運営しています、くんよつです。

さて、今回はパソコンを使っている時、特に仕事で利用されてる方は間違いなく使うZipファイルについての記事です。

動画でも解説しているので、テキストと画像でわからない場合は、動画もチェックしてもらえると嬉しいです。

iPadでもZipの扱いは簡単

昔はZipファイルを快適に使おうと思うとサードパーティ製のアプリを使う必要がありました。

しかし、今ではApple純正アプリの「ファイル」を使うことで簡単に解凍と圧縮ができるようになりました。

使い方はとっても簡単です。

iPadOSでZipファイルを解凍

解凍する場合はZipファイルを「ファイル」アプリにいれてタップするだけ。

iPadOSでZipファイルを作成

Zipファイルを作成する場合は、「ファイル」内にフォルダを作成し、圧縮したいデータをフォルダの中に入れたら、そのフォルダを長押し。

選択できる項目の中に圧縮があるので、それを選択してください。

これだけです。

iPadOSになり、またiPadがパソコンに近づきました。もうほとんどMacと同じような感覚でZipを使うことができます。

あと少しでiPadOSが使えるようになるのでアップデートができるようになったときにはすぐにインストールすることをオススメします。

「ファイル」でzipが解凍できない?!

まれに「ファイル」で解凍できないzipファイルがあります。

僕が遭遇した例だと、相手側がパスワードを設定してメールで送ってきたZipファイルはこの「ファイル」アプリで開くことができませんでした。

そんなデータに遭遇したときはDocumentsというアプリを使えば開くことが多いです。

 

 

Documents by Readdle
Documents by Readdle
開発元:Readdle Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

 

 

こちらの記事も人気です