【iPad マークアップ】JPEG・PDFに手書きはもうアプリ不要!

Apple




 

ども、くんよつです。

iPhone・iPadで使える「マークアップ」は使い方に慣れればとても便利な機能です。

この機能がアプリを使うことなくできるのは便利でありながら、圧倒的に時間の短縮になります。

 

今回は私自身がよくiOS11になって一番重宝した機能のご紹介です。

 

外出先でも仕事することが多い人には必見の内容だと思います。

それでは始めていきます。

 

iOS11になってさらに便利に!【マークアップ】

みなさん、マークアップはご存知ですか?

 

マークアップとは、iPhoneでもiPadでも使える書き込み機能のことです。

この書き込み機能はPDFや画像などのJPEGで使用が可能です。

 

この機能がiOS11では圧倒的に使いやすくなっていました。

早速使ってみましょう。

 

PDFに書き込み

お仕事でPDFのファイル使う方も多いかと思います。

内容のチェックをすることもあるかと思います。

 

その時、わざわざ印刷して、赤ペンを使って修正する・・・

まあ普通の行為なんですが、これ、マークアップ機能によって手間を大幅に削減できます

 

右上の丸に鉛筆マークがありますね。

これがマークアップです。

 

 

タップすると下の方に、ペンやら色やら選択肢が出てきます。

 

 

左から「ペン」「マーカー」「鉛筆」「消しゴム」となっています。

 

 

その隣の点線ですが、書き込んだものをこの点線を使って囲うと移動したり切り取ったりすることができます。

せっかくなのでGIFにして載せておきます。

 

 

さらに、右下の+マークをタップすると・・・

 

 

「テキスト」「署名」「拡大鏡」が使えます。

 

 

テキストと拡大鏡は使えますが、署名に関しては外国みたいに個人のサインがあまり効果がない日本においては、あまり使う機会はないかもしれません。

※Macから印鑑を登録することで電子印鑑として簡単に使うことができます。

 

 

 

 

PDFと同様の方法でJPEGも書き込みが可能です。

JPEGもPDFと同じくらいお仕事での使用頻度が高いデータかと思います。

 

今、撮った写真にそのまま書き込みができるので、わざわざ印刷する必要なんてありません。

 

マークアップが使えない場合

編集するデータは、クラウドアプリ(Googleドライブ・Dropboxなど)から開いたデータについてはマークアップを使うことができません。

 

上記の場合は直接編集ができません。

  • 一度端末に保存する
  • 【ファイル】アプリから開く

この2つどちらかの方法で編集が可能となります。

マークアップのマークが出ないなーと思った際には、以上の点を思い出してください。

 

データのまま書き込みが便利

いかがでしたでしょうか?

今やクラウドやタブレット端末を使うことで、仕事場所を選ぶことなく作業をすることができる環境が整ってきています。

 

場所が制限されることがないので、作業の効率はさらに上がります。

「会社に戻って確認します!」なんてフレーズはこれから必要が無くなるかもしれません。

 

以上、仕事でもプライベートでも使うイメージが湧いた方がいらっしゃれば是非試してください。

 

では。