急にiPhoneの通信量が増えた!?すぐにこの方法で原因を突きとめろ!!

Apple




ども、KUNYOTSU log運営者のくんよつです。

日頃外でインターネットを使う機会も多いので、通信量は20GBを選んでいます。それでも月末は通信量がギリギリなんてことも頻繁にあります。


「うわー、今月通信もう500MBしかない!まだ1週間あるのに!!」

周りの友人や同僚に聞くと、5GBの契約をしているという人が圧倒的に多いです。そんな友人たちから時々聞こえてくるこんなコメント。
月末になると通信量は使い切っているという人が多いです。

つまり、みんな結構気にしながらスマホをインターネットにつないでいるということになります。
そんなに気にしていても、なぜか今月通信量が多くなっていて、いつの間にか残量が0なんてことありませんか?

もちろん我慢していればまた翌月には新たに増えるわけですが、翌月もまた二の舞ではツライですよね。

そこで、今回は日頃どのアプリで通信量を消費しているのか、また急に通信量が増えたという人が対策する場合にどこを見ればわかるのかをお伝えしようと思います。

毎月通信量に悩んでいる方、必見です。
では始めましょう。

iPhone・iPadの容量を勝手に節約してくれる?設定解説

2018.07.12

パスワードの管理はiPhone・iPadにお任せ!自動入力で時間の大幅節約

2018.08.02

通信量は設定から

「設定」アプリからその情報は確認できます。

「設定」→「モバイルデータ通信」→1番下の「モバイルデータ通信」

ここを見ると、よく何にデータを消費しているかがわかるようになっています。
ここで、よく使っているアプリが通信量が多かったり、意外と使っていないアプリの通信量が多かったりを確認することができますので、自分がよく使っているアプリを比べてください。

よく使うアプリが通信量が多いのは当然ですが、あまり使っていないアプリの通信量が多かったりしたら要注意です。

そんなときは「モバイルデータ通信」をオフにしてしまいましょう。
オフにすることでWi-Fiがあるときだけ通信するようになるので、安心して使うことができます。思わず使っちゃうけど、通信量を考えるとWi-Fiの時しか使いたくないというアプリがあれば、ここで全てオフにすることで通信量を節約することができます。

実は私自身、Googleフォトで通信量をかなり使って痛い目を見たばかりです。定期的なチェックの大切さを身にしみて感じています。

意外な落とし穴

さらに下に進むと、

  • Wi-Fiアシスト
  • iCloud Drive
    があります。

これをオンにしてしまうと、記載のあるとおり4Gでもデータ通信をされてしまいます。Wi-Fiに繋がっていると思って動画を見ていたら、実は繋がっていなかったなんてことになると大変です。
またiCloud Driveも、MacやiPadと同じApple IDを使っている場合、4Gで勝手に同期されてしまうと意外と通信量を使ってしまいます。

何か理由がある場合を除いて、この2つはオフにすることをオススメします。

これからもチェックをする場合

これからもチェックを定期的に行うことは大切です。そこで、このデータ通信量を一度リセットすることをオススメします。

毎月決まった日にリセットすることで、アプリごとの通信量の平均を知ることができるので、どのアプリにどれだけ使ってるかをより正確に把握することが可能です。

快適なスマホライフに不可欠

ここまでする必要があるかという疑問もありますが、快適に通信することができるということは現代においてはとても重要なことです。

通信制限の苦しさは多くの人が経験していることだと思います。月イチのチェックで不用意な使い過ぎが防げるなら全然ありだと思います。

一度1ヶ月の通信に費やしているアプリ、確認してみてはいかがですか?

こちらの記事も人気です!