ほぼApple Pencil!? 3,000円で買えるiPad専用スタイラスペン [念願のワイヤレス充電対応]

Apple Pencil




みなさん、こんにちは。

くんよつです。

 

今回は、ついにここまできたかーというiPad用のスタイラスペンをご紹介します。

GOOJODOQというブランドのスタイラスペンです。

約3,000円で購入できて、Apple Pencilに近い使い心地となれば、選ばない手はないと思います。

こちらのスタイラスペンは、一度動画でレビューしています。

まずはこちらをご覧ください。

こちらのペン、ついにiPadの側面にくっつけてのワイヤレス充電に対応したのです!

本当に、これ3,000円でいいの!?という快適さがあります。

Bluetooth接続ができるので、iPadのバッテリーのウィジェットを表示させておくことでなんとバッテリーの残量の確認ができる、というのも今までにな機能です。

とはいえ、バッテリーの残量ができるくらいのメリットですので、もうちょっとBluetooth接続するからこその機能、増やしてほしいですね。

さて、ここでは改めて、Apple Pencilとの違いを確認しながら、動画レビューからまた少し経ちましたので、追加情報として動画アップグレード版をテキストでお届けしようと思います。

ついにAmazonでも購入可能になりました!

こちらのペンはApple Pencil第2世代対応のiPadのみで使用が可能です。

一応、Apple Pencil第1世代対応のiPadでも利用が可能ですが、充電方法がiPadの側面にくっつける方法だけなので、iPadにくっつけることができないと充電ができないので、実質使用不可となっています。

Apple Pencilとの違い

さて、違いをまずはまとめていきます。

    ・筆圧感知
    ・ダブルタップでのツール切り替え
    この2点だと思います。

この2点を我慢できれば、今回のペンはかなり快適に使っていただけると思います。

Apple Pencilが壊れてしまった人、iPadを複数台持っていて、もう一つApple Pencilを購入しようと思っていた人、これからiPadを買おうと思っていたけど、Apple Pencilの価格に購入を躊躇していた人、ぜひ検討していただけたらと思います。

3週間使ってみて

僕自身、先日Apple Pencilが壊れてしまって、このペンの存在は、本当に助かります。

他のスタイラスペンは、書き心地こそ良かったものの、バッテリーの充電には専用のケーブルが必要不可欠なので、これが普段使う中でかなりのネックなのです。

それが、解消されたこのスタイラスペンは本当に凄い…

とはいえ、使っていく中で気になる部分があるのも事実です。

稀に線が途切れる

これは、動画内でも話しましたが、使えば使うほど、この時々起こる接続切れ?がなかなか切ないんですよね。

で、そこで気になるのが、ダブルタップでツールを切り替えられないということです。

消しゴムに切り替えがすぐにできないのはこんな時不便に感じてしまいます。

最近では、いろんなアプリで2本指タップで「戻る」が使えるものも増えていますが、まとめて消したい時なんかは結局消しゴムを使わざるを得ないので、ここは進化に期待したいところです。

 

使い始めに時間がちょっとかかる

スイッチを入れて画面をタッチして反応が始まるまで少し時間がかかります。

ほんの2~3秒くらいなんですけど、Apple Pencilならすぐに使い始めることができるので、そのちょっとの時間がストレスに感じてしまうんですよね。

いやー、一度慣れた快適さというのは恐ろしいですね。

 

スイッチが自動でオフになるまで

今までのペンは、使わないと電源が5分で自動的にオフになるということが大半だったんですが、こちらのペンは5分では切れなくて…

説明書に書いてなかったので、正確なことがわかりませんが、8分過ぎたくらいに電源が切れていました。

それから、充電し続けている場合、満充電になると、ライトが点滅から点灯に変わりますが、そこからある一定時間経つと、電源がオフになります。

 

正直、電源が切れるまでは電気がつきっぱなしになってしまいますし、電源をオフにしてから側面にくっつけても、充電が始まってしまうので、どうしても電気がついている時間があります。

これは、使ってみると意外と気になる部分でした。

 

他社製のペン先での不具合

動画でも話しましたが、このペンはApple Pencilのペン先と互換性があります。

なので、Apple Pencilで使える他社製のペン先をこのスタイラスペンで使用することが可能です。

これは本当にありがたい…!

画像の通り、金属のペン先に変えて使っています。

が、しかし、このペン先に変えると、ちょっと不具合が増える気がします…

他社製のペン先も相性があるみたいで、全く問題のないもの、少し不具合が増えるもの、そして、不具合たっぷりのもの、違いがありました。

互換性があるからといって、必ず使えるわけではない点に注意が必要です。

 

まだまだ他社製のスタイラスペンに期待

このペンは、ついにワイヤレス充電に対応ということで、無理だと思っていた進化をついに遂げたことになるわけですが、ここまでくると、もっと進化できるのでは?とより期待が高まります。

ツールの切り替えができると、個人的にはとても嬉しいので、まずはここの進化を期待して、引き続きApple Pencilに変わるようなスタイラスペンを探していこうと思います。

購入は現在AliExpress(アリエクスプレス)でしかできないので、こちらのURLから一度サイト見てみてください。

追記:Amazonでも購入が可能になりました!