Apple Watchでスケジュール管理をする!

Apple Watch




みなさん、こんにちは。

くんよつです。

 

今回は、僕がApple Watchでやっているスケジュール管理についてまとめようと思います。

もちろん、Apple Watchだけで管理をするのはなかなか難しいので、どうしてもiPhoneとかiPad、Macでも入力したり編集したりしますけど、Apple Watchで一緒に管理するとかなり便利なので、もし気に入ったら一緒に活用してみてください。

で、僕が使っているのはiPhoneとかiPadに元々インストールされている純正のカレンダーアプリで、今回はこの純正カレンダーでの方法をまとめました。

カレンダーアプリも色々ありますけど、便利だと思っていただけたら、純正カレンダー使ってみてください。

こちらの記事は、この動画をテキスト化して再編集したものです。

ぜひ動画も一緒に参考にしてください。

まず、Apple Watchでスケジュールを管理する上で便利なことは2つあります。

 

  1. コンプリケーションに表示させておくことで、次の予定をサッと確認することができる
  2. 通知で次の予定を知らせることができる

この2つだと思っています。

なので、今回は、この2つについて、細かい設定なんかを深掘りしていきます。

 

文字盤でスケジュール管理

コンプリケーションは、文字盤に表示させておくアプリのことで、ここにカレンダーをセットしておくと、常に次の予定が表示されます。

文字盤としては、例えばインフォグラフの中心のコンプリケーションとか、インフォグラフも真ん中上に配置すると予定を文字盤に表示させることができます。他にも、カレンダーを配置すると次の予定が表示されるものはたくさんあるので、好きな文字盤で試してみてください。

で、さらに、その日の他の予定を確認するときには、その予定が表示されている部分をタップするか、日付が表示されてればその日付の部分をタップすれば他の予定もすぐに確認できるようになっています。

このときに表示される詳細の表示形式は3種類から選べます。

Apple Watchの設定アプリのカレンダーから次の3つが選択できます。

  • 次はこちら
  • リスト

 

「次はこちら」は次の予定が大きく表示されるので、次の予定に常に集中したい人におすすめです。

「リスト」はその週のスケジュールをサッと確認するのに向いてると思います。

「日」はその日の予定と時間だけをザッと確認するのに便利です。

 

僕は基本的にリストにして使っています。

 

さらに、その予定をタップすることで、より詳細が確認できまして、予定にメモしている内容も見ることができます。

なので、可能であれば、カレンダーには場所と、時間を正確に記入して、尚且つメモまで活用していくと、よりApple Watchで確認できる内容も増えるので、細かく記載しておくことをオススメします。

 

また、月のカレンダーも左上の「戻る < 」の部分をタップすると見ることができます。

ただ、僕はiPadで壁紙を自作していて、カレンダーの画像を作って、そこに、コンプリケーションで、日付と次の予定が表示されるようにしています。このカレンダー文字盤を作っておくと、月のカレンダーもサッと見ることができますし、休みを赤くしたり、特別な記念日に印をつけておいたり、自作だからこそできることもありますので、ぜひ作ってみてください。

 

通知でスケジュールを見逃さない

次に、通知です。

Apple Watchのメリットは直接手首に通知を知らせてくれることです。

なので、スケジュールを見逃さないためにもカレンダーの通知する設定にしておくことが望ましいです。

 

僕はアプリのほとんどは通知をオフにしているんですけど、カレンダーはオンにしていて、目の前の作業に集中するために、スケジュールはもちろんなんですけどタスク的なものも基本的にとりあえずカレンダーに入れてしまうようにしています。

 

僕はリマインダーはタスク管理には使わないようにしていて、リマインダーは何か習慣化したいときだけ使っています。

カレンダーの場合、そのタスクが終わってる終わってないの確認がしにくいんですけど、逆にその時間に終わらせる、後回しにしないという気持ちになります。

もしその時間にやり切れなかったタスクは、面倒ですけど再度時間を決めてカレンダーに入力します。

この面倒なところも先延ばしにしない良い効果があると思います。

iPhoneの設定アプリ内のカレンダーの中にデフォルトの通知の時間があるので、ここでイベントの通知時間をあらかじめ決めておくと、その都度設定する必要がなくなるので、ここで時間を設定してみてください。

あとは、出発時刻もオンにしています。

 

Apple Watchは手首の振動で見逃すことがかなり少ないですし、僕の場合は他の通知は極力来ないようにしているので、Apple Watchに振動があったときは大事な通知だなってなるので、緊急性のないアプリについては通知をオフにしてしまうことをオススメします。

ただ、やっぱりスケジュールの入力は細かくなればなるほど面倒なので、よくSiriに頼んでいて、Siriなら、Apple Watchでも予定と時間を話せば結構しっかりと入力できます。とりあえず、思いつく予定とかタスクをザッとSiriに頼んで、詳細はiPadとかMacで入力しています。

慣れると便利に感じてもらえるんじゃないかと思いますので、一度試してみてください。

予定のチェックはApple Watchで

予定のチェックはなるべくApple Watchでしたほうが良いと思っていて、iPhoneとか、iPadで確認すると、どうしても余計なアプリが目に入るので、チェックしたくなりますよね。

Apple WatchならSNSは見れないですし、(Twitterはアプリあります)他に目移りするアプリもないと思いますので、どうしてもSNSを見てしまうという人はApple Watchでの確認を増やすと、余計な時間が減ると思います。

 

はい、ということで、今回はApple Watchを活用したスケジュール管理について、僕がやってることをまとめてみました。

最近ではスケジュール管理はデジタルでやってるという人も多いと思いますので、そんな人はぜひApple Watchを活用してみてください。

では。

こちらの記事も人気です