AirPods Proを使うと変な音が聞こえる!?ノイズが入るときの対処法【Appleサポートの使い方】

AirPods




みなさん、こんにちは。

くんよつです。

 

今回はAirPods Proのトラブルの話です。

AirPods Proはノイズキャンセリング機能であったり、外部音取込みモードだったり、本当に驚く機能があの小さなイヤホンに組み込まれています。

 

それだけに、聞こえてくるトラブルも少なからずありました。

 

僕自身も、実際にトラブルに見舞われ、結果イヤホンの片耳を交換してもらうことになりました。

交換までの間、Appleのサポートの方に考えられる対処法を伺ったので、シェアさせていただきます。

もし、この方法で治らなければAppleで修理等の必要があるということで、今回は僕がAppleに交換を依頼した流れも一緒に記載しておきます。

 

AirPods Proの接続に関するトラブルはこちらをどうぞ!

AirPodsとiPhoneの接続ができない時の解決する設定方法

2019.11.10

 

AirPods Proを使うとノイズが入る

まずは僕の症状をお伝えします。

外部音取込みモード、ノイズキャンセリングモードどちらも使っているとノイズが入りました。

言葉で表現するのは難しいですが、ズズズといった感じで、定期的にノイズが入ることと、とくに自分が話すタイミングでノイズがひどくなる傾向がありました。

 

これだとせっかくノイズをキャンセルしてても、外部音とは違ったノイズが入ってしまいますし、外の音を聞こえるようにして人と話したくてもノイズがうるさくて会話がしにくいという最悪の状況でした。

 

ちょっと前から気になってはいたんですが、最近特に顕著で使うのに支障が出るレベルだったので、Appleサポートに連絡してみることにしました。

 

ノイズへの対処方法

ということで、ノイズが聞こえるときの対処法をいくつか掲載しておきます。

使っている端末のOS

AirPods Proを使っているiPhoneやiPadが最新のOSになっているか確認してください。

設定アプリの「一般」から、「ソフトウェア・アップデート」を確認してください。

AirPods Proリセット

まず、やっていただきたいことはAirPods Proのリセットと再接続です。

 

Apple製品の基本的なトラブルは再起動で直るパターンが多いです。

 

再起動はAirPods Proのふたを開いた状態で、本体の後ろにあるボタンを長押しします。

おそらく正面のライトがオレンジ色になっているのが白の点滅になると思います。

 

その状態で、iPhoneのロックを解除して、AirPods Proを近づけます。

これは最初のペアリングのときと同じですね。

 

これでまず直っているか確認してください。

 

AirPods Proファームウェアアップデート

iPhoneにiOSのアップデートがあるようにAirPods Proにもアップデートがあります。

最新の状態であるか確認してください。

2020年5月現在のファームウェアは「2D15」です。

iPhone、iPadで設定アプリを開いてください。

「一般」の中の「情報」の中に、「AirPods Pro」があるのでここをタップしてください。

 

AirPods Proと接続されている状態じゃないと表示されないので気をつけてください。

ちなみに、アップデートは手動ではできず、ネットに接続されている状態で自動的にアップデートされるようです。

念のため、最新の状態か確認してください。

 

イヤホンの手入れ

イヤホン部分の手入れで直る可能性があるみたいです。

イヤホンのメッシュ部分に汚れが付いていると影響があるとのこと。

Appleでサポートページで対処法が確認できます。

清掃方法も一緒に公開されているので確認してください。

メッシュ部分の手入れは、乾いた綿棒できれいにする記載があるので、優しくきれいにしましょう。

 

これで引き続きノイズが確認されるようであれば、修理を考えなければなりません。

Appleサポートでチャット

今回、AirPods Proの不調ではじめてAppleのサポートを使いました。

こちらのアプリを使うととても便利だったので、今回はその方法もご紹介しようと思います。

Apple サポート
Apple サポート
開発元:Apple
無料
posted withアプリーチ

 

まずはアプリを開いて、下のタブ中央のサポートをタップしてください。

ここで、故障した端末を選択していきます。

画像はiPadの画面なので、iPhoneだと少し異なります。

AirPods Proの場合は、「その他の製品とサービス」から、「AirPods」で今回は「修理と物理的な損傷」をタップします。

ここで、チャットと電話が選べます。

僕はチャットを選びました。

 

チャットで良かったと思ったのが、テキストで確認できるので相手の質問にしっかりと答えることができます。

チャットは、選択するとすぐに相手から連絡が入りました。

これはタイミングによっては待つ可能性があります。

 

なお、一定時間こちらから返信がないとチャットが切れてしまうようなので、そういう面では質問事項をゆっくり確認していると接続が切れてしまう恐れがあります。

 

ここで、

  • AirPods Proを接続している端末
  • その端末のOS
  • AirPods Proのシリアル番号
  • AirPods Proのファームウェア
  • どんな状況でノイズが確認されるか
  • 周りの状況は騒音があるか
  • イヤーチップを外してもノイズが聞こえるか
  • 外部音取込みモード、ノイズキャンセリングモード、オフの状態のどのときにノイズが入るか

 

このあたりの質問がされました。

結構分量が多いので、あらかじめ確認しておくとスムーズです。

すべて伝えた上で、今回の僕の場合は修理が必要であるということで、対応が必要になりました。

ここで、普段使っているメールアドレスと住所を伝え、すぐに発送の手配をしてもらえるようになりました。

 

なお、AirPods Proのシリアル番号は、AirPods Proの箱、本体のケースのフタの部分、接続されている端末の設定アプリから確認ができます。

Appleの対応

今回の場合は無償で交換ができるということで、すぐに対応いただくよう依頼しました。

方法は2つです。

近くのApple Storeに持ち込むか、自宅に郵送してもらい、宅配業者に修理が必要なものを渡すかです。

僕は、自宅に配送してもらう方法を選択しました。

今回は片耳のみの不調だったため、Appleは片耳を送ってくるということ、そして僕も片耳をイヤーチップを外した状態で宅配業者に渡すということでした。

梱包の必要がなく、そのままイヤホンの片耳を宅配業者に渡しました。

 

僕は新しいAirPods Proのイヤホンを片耳受け取りました。

シンプルな小さい箱の中に、イヤホンとイヤーチップが入っていました。


最初の使い方も入っており、新しいイヤホンを入れてライトニングをさし、背面のボタンを押すことで今まで通り使用することができました。

 

これで一安心です。

とても快適で、今までノイズが入っていた状態でよく使っていたなって思います。

快適に使うために

AirPods Proはとても素晴らしい製品ですが、少なからず不具合も聞きますので、もし何か気になることがあればAppleのサポートに確認してみるのも良いなと思いました。

こんな簡単に解決するなら、もっと早くに聞いていればと後悔しています。

 

とはいえ、まずは自分でできることは試してみて、その上でAppleに確認してみると良いと思います。

比較的簡単に対処してもらえるとしても、多少の手間はかかりますので、自分で解決できたらその方がいいです。

 

こういったガジェットって、なんとなくこんなもんかなと自分で納得して使ってしまうことが少なからずあって、いろんなレビューを見てこれやっぱりおかしかったんだと思うことも今までありました。

不具合の判断が難しいものもありますので、疑問に思ったら調べてみるか、SNSで聞いてみるのも一つの手段かなって思います。

 

ということで、今回は僕のAirPods Proの不具合から対処法、交換するところまでをシェアさせていただきました。

もし、ノイズで困っていたら試してください。

では。

こちらの記事も人気です