ZOZOで服選びをスマートに【ミニマリストとしての選択肢】

Things




Appleの創業者スティーブ・ジョブズ氏はプレゼンのときいつも同じ服装でした。またフェイスブックの創業者マーク・ザッカーバーグもいつも同じ服装です。

メンタリストDaiGo氏いわく、人の集中力は選択肢が多いほど消費してしまうとのこと。着る服を決めておくことで上記の2人は集中力の消費を抑えていたと思われます。

今回は私服も仕事着も統一してしまい、服選びにムダな思考を使わないということです。

 

ZOZOプライベートブランド

ZOZOSUITといわれる全身タイツのようなものを着ることで、全身を細かく採寸できる方法があります。
その測ったサイズに合わせて作るのがZOZOです。

2018年6月時点でZOZOの商品はデニムとTシャツのみ。

追記:シャツが追加されました。スーツも近々追加されるみたいです。

なので、さすがにTシャツにデニムだけでは仕事はできないので、ジャケットはすでに持っているものを使用いたします。
はやくZOZOでジャケットも取り扱って欲しいです。

今の仕事はTシャツにデニムでも許されるかわかりませんが、強行いたしました!

 

用意したもの

次の2セットだけで生活をしていきます。

購入したもの

ZOZOのTシャツ×2


ZOZOのデニム×2

持っていたもの

H&Mのジャケット×2

これだけ簡略化されれば、朝の忙しい時間に集中力を消費するということはなくなるはずです。

始めてみての感想

とりあえず会社からは何も言われないので、そのまま続行できそうです。
続けてみて感じたメリットデメリットを上げておきます。

メリット

  • 朝の時間が短縮された
  • 服を購入するにあたって、かける時間・お金が減った

デメリット

  • 2セットだと洗濯が間に合わない可能性あり

 

まとめ

とにかく、朝なにも迷わず服が決まるのはとても快適です。
それまでも、それほど悩んでいるつもりはなかったんですが、考えていたんだと実感しました。
また、ZOZOで購入することで、自分にぴったりの服が手頃な価格で手に入るということで、服を選ぶ時間とお金をかけずに服を購入できることは大きいです。

現状で全く不便はありません。
記事執筆時(6月)は気候的に安定していますので、良いですが真夏や真冬へ今のスタイルでは、少し厳しいので要検討ですね。
それまでにはZOZOの新しいラインナップが増えていることは間違いないので、それまでは様子見します。

では。