簡単に画像を圧縮する便利アプリ【Workflow】

アプリ

ランチャーアプリってご存知ですか?

「〇〇すると、自動的に〇〇してくれる」といったアプリです。

正直言葉ではわかりにくいと思いますので、今回はひとつ例をご紹介します。

使いこなせば本当に便利なアプリです。

今回ご紹介するアプリは【Workflow】です。

Workflow
Workflow
開発元:Apple
無料
posted withアプリーチ

このアプリ、とても便利だろうなと思いつつ、現在ひとつの方法でしか使用しておりません。
それが、【画像の圧縮】です。
ブログにいたってはもちろん、画像を送るときなんかでも画像の圧縮は必要です。
ワンタップで画像圧縮ができるなんてとても便利ですね。

全て英語表記なので取っつきにくいと思いますが、一度使いかたが分かれば問題ないと思います。

 

設定方法

まずは今から作る“レシピ”を作成します。
右上のプラスから追加してください。

左側にはレシピの材料が並んでいます。
ここで今回必要な材料を検索します。

「get image」で検索するとでてきます。
「get image from input」をドラッグ&ドロップで右側に持ってきてください。

次に「resize image」を同様にドラッグ&ドロップ。

「convert image」をドラッグ&ドロップ。

最後に「save to photo album」をドラッグ&ドロップ。

以下の表示が出てきたら「grant access」をタップ。

これはこのアプリが写真アプリへの許可を求めるものです。

ここまで準備できたら、右上の設定マークをタップ。

名前とアイコンを決めておくと後で見分けがつきやすいです。

1番下の赤枠の部分をタップしてください。
これで、作業が簡単に進みます。

今回この記事で作ったスクショの画像を圧縮してみます。

この画像を写真アプリを開きます。
左下の◻︎に↑のマークをタップ。

下の中に「run workflow」があります。


もし無い場合は「その他」から、下の画像の部分をオンにしましょう。

 

このような画面になるので、先ほど作った「画像圧縮」のレシピをタップしてください。

これで完成となります。
実際に圧縮できているか確認してみましょう。

もともと2.8MBだった画像が、88KBまで小さくなっています。

このサイズなら問題ないですね。

画像圧縮を便利に簡単に

画像圧縮ってけっこう手間がかかりますよね。
わたしも最初はとても面倒でなにか簡単に圧縮できるものはないかと探していました。
今はこの「Workflow」で簡単に圧縮できるので、みなさんもぜひ試してください。
かなりの時間を節約することができますよ。

Workflow
Workflow
開発元:Apple
無料
posted withアプリーチ
ショートカットに進化
iOS12から、Workflowはショートカットとして生まれ変わりました。今までの便利な機能はそのままに使い勝手が良くなっています。さすが、Apple純正は対応が違いますね。