入力は音声で行う時代へ iOSは音声入力で便利に

AirPods




iPhoneでLINEの文章打つときは、フリック入力ですか?

いまだに、昔の入力方法(「お」なら、あいうえお と5回押す)方もいますね。

結構年配の方には多いイメージです。

 

日頃キーボードで入力している人であれば、iPhoneもキーボードがあるので、その方法で入力した方が速いかもしれませんね。

ただ、今や誰でももっと速く入力する方法があります。

それが「音声入力」です。

 

音声入力を行う方法

まずは音声入力の方法をおさらいしましょう。

皆さんご存知だと思いますが、このマイクのマークをタッチするだけです。

「ピコン」と聞こえてから喋り始めてください。

簡単に入力できますね。

 

便利な方法

文章を打つときは、「」や「」はつきものですね。

これ、iOSなら「てん」と「まる」と言うことで表すことができます。

また、改行も必須ですね。

実は「改行」と言うとしっかりと改行してくれます。

 

Googleアプリは認識力がすごい

余談ですが、「Googleアプリ」と「Googleアシスタント」はアプリ側のマイクボタンがあるのですが、このアプリの音声入力はなぜかかなり認識率が高いです。

iOSのマイクでは結構しっかり話さないとしっかりと認識してくれないのに対し、上記の2つはささやく程度でもしっかりと認識してくれます。

 

Google アプリ
Google アプリ
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ
Google アシスタント
Google アシスタント
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

音声入力の便利な使い方

どんなときでも音声入力はできるので、入力したいときには基本的には便利に使うことができます。

中でも、音声入力が一番便利に使えるのは、長文を書くときだと実感しています。

 

Googleドキュメントと音声入力

こんな面白いことをつぶやいている人がいました。

確かに驚くほど、リアルタイムで同期が進んでいく・・・

これは便利ですね。

 

Google ドキュメント
Google ドキュメント
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

やはり、音声入力だけでは100%変換がうまくいくということはありません。

すぐに修正できる方法として、このGoogleドキュメントは非常に有効かもしれません。

 

メモアプリは?

同様の方法で、iPhoneのメモアプリで入力して、Macのメモアプリに同期できるか確認しました。

残念ながらリアルタイムの同期はできませんでしたが、iPhoneのメモを一度「完了」もしくは記入しているメモを閉じることでMacの方へすぐに同期されました。

Googleと違い、1タップ増えますが、この方法もなかなか実用に足る方法かもしれません。

 

入力の状況

入力の状況とは、

  • マイク
  • 周辺の音

この2つを考えなければなりません。

 

周辺環境

もちろん、静かであることに越したことはありません。

実際に周りがうるさい場所と静かな場所では明らかに認識率に差が出ました。

 

もともと声に出して文字を入力するときは、なるべく聞かれたくないので静かな場所で使用することが多いので、あまり気にしたことはなかったです。

しかし、外出中に歩きながら音声入力をしようとしたときは、自動車の走行音の影響からか、あまり音声の認識をほとんどしてくれませんでした。

 

マイク

私はAirPodsを持っているので、イヤホンをしている時間が長いのですが、実際にAirPodsで入力してみたところ、静かな場所であれば当然のように使えます。

ただ多少騒音がある場所では、圧倒的に認識率が下がりました。

 

しかし、先ほどGoogleドキュメントで提案してくれた方がおっしゃるように、有線のイヤホンマイクの方が近くて認識率は上がりそうですね。

 

まとめ

音声入力始めてみたくなりましたか?

少し前までは、圧倒的に入力が速いと思っていましたが、多少の修正があるにせよ、音声入力の認識率の向上により、使いやすくなっていることは間違いありません。

ぜひ一度音声入力試してみてください。

私のようにブログを書く人や、ツイッター、LINEの返信に到るまでなんでも入力があっという間に済んでしまいますよ。

では。