【 iPad / iPhone】動画にモザイク|LumaFusionならできます!

Video




ども、くんよつです。

今回は動画にモザイクをかける方法を解説します。
画像だったらモザイク処理もトリミングも簡単なので、それほど困りませんが、動画で映したくないものが映ってしまったときには大変です。

そんなときはLumaFusionがあればしっかりとモザイクができます。

LumaFusion
LumaFusion
開発元:Luma Touch LLC
¥2,400
posted withアプリーチ

LumaFusionでモザイク

動画は写真と違って動くので、それに合わせてモザイクをかけなければならないかと考えるととっても面倒そう・・・

と思っていましたが、LumaFusionを使えば比較的簡単に処理できます。
最初は大変に感じるかもしれませんが、慣れてしまえばそれほど大変ではありません。
では、早速始めましょう。

まずは動画を読み込んでください。

次に、モザイクをかけたいと思う範囲の最初と最後をカットします。

次にモザイクをかける範囲を
①タップして、
②クローンをタップします。

すると勝手に上のレイヤーに表示されます。
上のレイヤー部分を選択した状態で、「編集」をタップします。

次に
①FXの部分をタップした後に
②矢印先のグルグルのマークをタップしてください。

その中に「ピクセル化」があります。
これがモザイクで、1〜3までありますので選びます。

この状態だと画面全体がモザイクになってしまうので、範囲を絞ります。
矢印の部分をタップしてください。

「切り取り」をタップ。

今回は「Google」にモザイクをかけます。
消したい部分に合わせて赤枠の部分をいじってください。

次に移動していくものに合わせてモザイクを移動させていきます。
矢印の部分でコマ割りを進めることができるので、少しずつ動画を進めていきます。

モザイクがズレたタイミングで、矢印の部分をタップしてください。

すると矢印部分のように点が打たれます。

この状態で、先ほどと同様に右の部分をいじってモザイクを合わせます。

この作業を繰り返します。
①動画のコマ割りを進めて、
②モザイクしたい部分とモザイクがズレたら
③+の部分をタップして
④モザイクを合わせます

これを進めていくと点がどんどん打たれていきます。

この作業を続けていくことで、移動したものもモザイクを追跡させることができます。
少しタップする項目は多いですが、慣れてしまえばササっとできてしまいます。
少しわかりにくいですが、GIFを作ってみました。


こんな感じでしっかりと追跡してくれます。

撮った動画にモザイクをかけなきゃいけないときは、この方法を参考にやってみてください。
では。

こちらの記事も人気です!