ゆうこす「制限の中での、自己プロデュース」制限があるから差がつくTwitter運営

SNS




SNSの中でも圧倒的な拡散力を持つTwitterはブログ運営者にとって、そして情報発信者にとって必要不可欠な存在。

でも同じTwitterをやっている人でもフォロワーがなかなか増えないなと思っている人は多いはず。

私もそのひとりです。

 

ただ単に思いついたことをTwitterで発信しているだけではフォロワー数が伸びないのは、次の3人のTwitter戦略を明らかにすれば当然の結果でした。

 

【今話題の「モテクリエイター」】

菅野 裕子氏

 

【Milieu編集長】

塩谷 舞氏

 

【プロ無職】

るってぃ氏

 

フォロワー数が多い人にはTwitterの戦略をしっかりと活用しているということが間違いなく言えます。

ということで、その戦略をまとめてみました。

自分自身のツイート運営の指針として、そしてこれからTwitterを始めようと思っている人Twitterをやっているけれどなかなかフォロワーが増えず悩んでいる人にとっては必見の内容となっています。

 

 

ツイッター運営

ブログ運営者がツイッターをはじめるメリット

Twitterには次の2つの特徴があります。

 

・匿名性ゆえの拡散力

・信用の数値化ができる

 

ブログ運営者にとって、たくさん見てくれる事は喜びの1つ。

だからこそ拡散力はどうしても必要な力となります。

Facebookもシェアの機能はありますが、実名となるとシェアする内容は選んで行なっている方が大半です。

その点、Twitterは匿名で行なっている人が大半なので、気軽にシェアする人が多くいます。

しかし、Twitterに拡散力があると言っても拡散される内容が伴っていないと全く意味がありません。

また、フォロワーの数は信用の数値化であると言われています。

もちろん、お金で買ったフォロワーや無作為にフォローやいいねをして増やしたフォロワーには全く意味がないのは当然ですね。

そのような人のつぶやきは「いいね」も「リツイート」も増えないので一目瞭然ですね。

この、フォロワー数による信用の数値化にすいては、別の記事で詳しくまとめたいと思います。

 

 

るってぃ「クソどうでもいいツイートに価値があるのは芸能人だけ」

 

プロ無職るってぃさんは次の2つを考えることから始めるべきだと言っています。

  • ターゲットがどのような情報をもとめているか
  • ターゲットにあった価値ある情報を発信しているか

 

上記の2つを達成するための具体的な方法が次の3つです。

 

  1. ターゲッティングを決定
  2. ターゲット欲しがる情報・コンテンツを洗い出す
  3. 関連する情報の発信・検証

 

フォロワーを増やすためには一貫したつぶやきが必要となります。

フォロワーを増やすには「専門誌化」が一番手っ取り早いと塩谷氏もつぶやいていました。

つぶやく内容に関しては、後ほど詳しく記述します。

 

しかし、フォロワーの獲得には、つぶやく内容だけでは足りません。

 

アイコン・ヘッダー・プロフィール

 

アイコンはつぶやき内容に則したものを使う必要があります。

全く関係のない、つぶやきの内容と関係性がないものを使用するのはもったいないです。

必ずしも顔出しは必要ないかと思いますが、信用を得るために顔出しやプロのカメラマンに撮影してもらうことは、本気で取り組むなら必要なこととなります。

 

1番わかりやすいのはインフルエンサーを見ること。

すでにつぶやくことが拡散されやすくなっている人たちですね。

結果を早く出すためにはまず真似ることが大切です。

 

具体的には、次のことを記載する必要があります。

 

  • プロフィールはどんなことを発信しているのかわかるように

例えば、「ゆうこすはモテるために生きている、モテクリエイター」といったような肩書きがあると相手の方に伝わりやすいかもしれません。

るってぃ氏は「プロ無職」と名乗っています。

二人とも一般的な肩書きではありませんが、聞いてイメージができるものであると感じます。

 

  • ほかの情報発信先

ブログを書いている人はURL、Instagramや Facebook、noteなんかも更新していようであれば記載しておくことをおすすめします。

 

フォローする・いいねする

 

先ほど書いたように闇雲にフォローやいいねすることはおすすめしません。

しかし、「価値観近い人はフォロー・いいねを積極的に行うべき」であります。

この、価値観が合う人を見つけることは難しいですが、まずは数人好きな人を見つけ、その人がフォローしている人、フォローされ

ている人を見ていくと比較的価値観の近い人が見つかる可能性が高いです。

 

フォロワーが増えてきたら

 

少しずつ反応が増えてきたら、いいね・リツイート・フォローしてくれた人を見に行くことも忘れてはいけません。

そこからさらなる価値観が合う人を見つけることができる可能性があります。
また、ツイッターにはアンケート機能があります。

アンケート機能は気軽に回答できる点が参加しやすいといわれています。

フォロワーの方たちと距離を縮めることに繋がるので、フォロワーが増えてきたひとにとってはオススメです。

 

 

ツイッターならではの運用方法

 

それでは準備ができましたので具体的な発信方法について考察していきます。

次の5コを意識して投稿しましょう。

  • 必ずお得お役立ち情報を記載
  • リスト化
  • 写真を3枚入れる
  • ツイッターカード
  • エモいツイート(心に響く・本音が漏れてしまったようなつぶやき)

 

価値ある情報を提供することにより、いいね・リツイートが増えることが予想されます。

その価値ある情報も、見ている人の目に止まらなければ意味がありません

人は皆忙しいので、結構読み飛ばしてしまいます。

そこで少しでも目にとまるように、【リスト】【画像】【カード】が必要になってきます。

 

リストは要点をわかりやすくまとめることにより、読み手に短時間で読んでもらえる効果があります。

何かの記事をリストとしてまとめたものは、記事の内容が簡単にわかるのでいいねがもらえる確率も上がります。

 

また、ツイッターは言葉がメインのSNSなので、画像が入ると目にとまりやすくなります。

また画像は3枚入れるとより効果的に見せることができます。

https://twitter.com/ciotan/status/955303628776005632

 

また、ブログの記事更新のお知らせや、他のブログのURLを載せる場合、ツイッタカードというものがいい感じにつぶやきに表示されます。

これもクリック率が上がるそう。

いい感じに画像が表示されるので、取り入れやすい。

 

最後に今の若い世代が使う「エモいつぶやき」と表現しましたが、本音が出ているつぶやきはいいねが増えるとのこと。

こんなツイートされたらファンの子たちは感動してしまいますね。

 

1日のツイート数

 

やはり、数日に1回ツイートするアカウントより、1日に何度もツイートされているアカウントの方が間違いなくフォローされる確率が上がるとのこと。

 

そこで、それぞれの1日ツイート数を確認しました。

直近の大まかな平均ですので、参考までに。

 

ゆうこす:6前後(日によって結構差がある)
塩谷 舞:10前後
るってぃ:15前後

 

毎日投稿していることはもちろんですが、1日にこれほどまでのツイートをしているというのは驚きですね。

これほどアクティブに更新することが実際は必要になってくるわけですね。

アウトプットはインプットが必要になってくるので、どれほど1日にインプットしているかきになるところ。

 

プラスα

 

自分のタイムラインの上位には常に価値ある情報の掲載をを心がけましょう。

実際にフォローするときは、プロフィールはもちろんですが、上位数つぶやきは見られることが多いようです。

反響がなかったツイートは消すのもアリとのこと。

 

またTwitterの使い方としてメモの代わりにいいねやリツイートをしていると言う人もいます。

その点では、本当に価値があると判断されれば「いいね」は必然的に増えていきそうです。

 

また、固定ツイートも大切になってきます。

その時の状況に合わせて宣伝したいことや、宣言したいこと、自分のページを見たときに一番に伝えたいことを記載することが重要になってきます。

 

 

まとめ

 

フォロワーを増やすことに近道が無いことがわかりました。

以上の点を全てこなすには、圧倒的な努力と習慣化がとても大切だと思います。

 

少しずつでも、3人に近づけるよう、日々インプット・アウトプットをおこなっていきたいと思います。

もし参考になったという方も、大変な道のりであることは間違いないですが、一つの目標として捉えていただくといいかもしれません。

 

では。