【 iPadOS 】新しいマルチタスクの形 Slide OverとSplit View

iPad




ども、KUNYOTSU logを運営している、くんよつです。

ついにリリースとなったiPadOSの新機能についての内容です。

新しいiPadOSでは、今までiPadが苦手としていたマルチタスクを解消する新機能が実装されました。

それがSlide Over(スライドオーバー)とSplit View(スプリットビュー)の進化です。

今回の進化で今までかゆいところに手が届かなかったiPadで複数のアプリを使いこなすことが可能になりました。それぞれの変更点を解説します。

iPadOSのSlide Over(スライドオーバー)

Slide Overは開いているアプリの上に重なるように表示される方法です。
こんな感じです。

今回のiPadOSでは表示方法は変わりませんが、Slide Overで表示させたアプリの切り替えがスムーズにできるようになりました。今まではSlide Overで表示させているアプリをドックからその都度移動させていかないと閲覧できませんでしたが、今回の方法で簡単に複数のアプリの表示を切り替えることができるようになりました。
複数のデータを閲覧しながら書類などを作成するときにわざわざアプリを開き直す必要がないので、確実にスピードアップできそう。

使い方

今回はメインでメモアプリを表示し、Slide Overで写真アプリ・Safari・メールアプリをササっと切替えます。

まずはメインのアプリを表示させておきます。
今回はメモアプリです。

次にSafariをSlide Overで表示させます。


まずSlide Overでひとつアプリを表示させたあと同時に見たいアプリをドックからSlide Overで表示させたアプリの上に持っていきます。

写真アプリを追加です。

今回はさらに、メールアプリを追加します。

これで、Slide Overに3つのアプリが集まったことになります。

では早速切り替えてみましょう。

Slide Overで表示されているアプリの下の部分をスライドさせてください。
すると・・・

こんな感じでアプリがアプリが切り替わってくれます。

また、Slide Overに不要になったアプリはSlide Overの下の部分を上へスライドさせると、今Slide Overで表示させているアプリの一覧が確認できるので、いらないアプリ下から上にスライドさせてください。

iPadOSのSplit View(スプリットビュー)

Split Viewは2つのアプリを重ねることなく同時に表示させる方法です。今までは異なるアプリしか表示させることができませんでした。iPadOSでは同じアプリを同時にSplit Viewすることが可能になりました。

他のメモを見ながらメモを作成するということができてしまいます。
ベータ版では確認できませんでしたが、エクセルやワード、ナンバーズやページズ、ノートアプリでできればかなり便利かと感じています。

今回はメモアプリで使えたので解説します。

使い方

まずはアプリをふつうに表示させておきます。

そのあとドックを表示させてから同じアプリを今まで通り画面の端へ持っていきます。

すると・・・

なんと、メモアプリが同時に2つひらいているではありませんか!

これで昔のメモを見ながら、新しいメモを作ることができますね!

iPadでのマルチタスクが徐々に便利に

今まではどうしても不便だったiPadでの複数アプリの同時使用。
今回のSlide Overは少しそれを解消してくれるものになりそうです。
ただ、どうしてもドックから選ぶ必要があるのでドックがいっぱいになりがちです。
厳選しなければならなくなりそうです。

【 iPadOS 】ウィジェットがホーム画面に!設定方法とおすすめアプリをご紹介

2019.09.25

こちらの記事も人気です!