Siriを設定、呼び出す方法【iPhone / iPad / Apple Watch】

Apple




ども、KUNYOTSU logを運営しています、くんよつです。

突然ですが、Siri、呼んでますか?

僕の周りで使っている人をほぼ見ないので、これはもったいないと思っているところです。
なかなかSiriに話しかける状況でない人もいるとは思いますが、もし使える状況であれば積極的に使えるように設定することをオススメします。

Siriを設定すれば声だけでiPhoneを操作することができてしまいます。

例えばこんなことができます。

  • 予定を入れる
  • リマインダーを設定する
  • 目覚ましを設定する
  • 電話をかける

といろいろなことをSiriが代わりにやってくれます。
Siriにできることはまだまだたくさんあります。

ということで、iPhone / iPad・Apple Watchで設定する方法を解説します。

Siriを使うにはネットに繋がっている状態である必要があります。
オフラインでは使えません。

iPhone / iPadでSiriを設定する方法

iPhoneとiPadは設定方法が同じなので、それぞれ同じ手順で進めてください。

iPhone/iPadでのSiri設定方法
設定

Siriと検索

「“Hey Siri”を聞き取る」をオン
もしくは
「サイドボタンを押してSiriを使用」をオン

「設定」アプリ内の「Siriと検索」から設定を変更します。
こちらはオフの状態です↓

「“Hey Siri”を聞き取る」をオンにすると、何度かSiriに話し掛けることになります。
これはあなたの音声を認識するためのものです。
もし、すでにオンになっていた場合は、一度オフにすることで、再度あなたの声の聞き取りを行うことが可能です。

iPhone/iPadでSiriを起動させる

「Hey Siri  (へい、シリ)」と呼びかけてください。

スリープ状態でも大丈夫です。

iPhoneではサイドボタンを長押しすることでSiriを呼べるのがもうひとつの方法です。iPhoneX、XS、XRでこの方法が使えます。これは単純に長押しするだけでSiriを呼べるので、Siriが聞きとってくれないという心配がありません。
なお、ホームボタンがある端末(iPhone7やiPhone8)はホームボタンを長押ししてください。

iPadでも同様の方法で可能です。

Apple WatchでSiriを設定する

前提として、iPhone側でSiriがオンになってないと使えません。
まずはiPhone側で設定をお願いします。

Apple WatchでのSiri設定方法
設定

一般

Siri

「Hey Siri」をオン

Apple Watchは現状iPhoneに依存しているため、同様の音声データが使われていると思われます。

Apple WatchでSiriを起動させる

Apple Watchでも同様に「Hey Siri  (へい、シリ)」と呼びかけて呼ぶことができます。

ただ、Apple Watchの場合は画面がついている状態で話しかける必要があります。

Apple Watch独自の方法で「手首を上げて話す」という方法があります。
話しかけることなく、ボタンを押すことなくSiriに話しかけることができます。
実際に使う方法はこちらを参考にしてください。

【Apple Watch × Watch OS5】Siriは手首をあげるだけで起動できる!ヘイSiriはもう不要

2018.10.23

あとは使いこなすだけ

これで設定は完了です。
Siriは最初はかなり抵抗があると思いますが、使ってみると便利なことに気づいてもらえると思います。

もし、ご自宅でスマートスピーカーを使っているとすれば、それに近い感覚です。
iPhoneやiPadならスリープ状態でも”Hey Siri”と声をかければ反応してくれます。

例えば朝の時間でSiriを使ってみます。

朝起きたら「Hey Siri、プレイリストの〇〇流して」で音楽をかけてもらい、天気の確認をするために「Hey Siri、〇〇の今日の天気は?」と聞き、今日の予定を「Hey Siri、今日の予定は?」で確認し、ほかにやらなきゃいけないことを「Hey Siri、〇〇をリマインドして」で追加してもらい、朝食の準備をしながら「Hey Siri、タイマー5分」で時間をはかる。

これらが、例えば服を着替えながら、歯を磨きながら、部屋の片付けをしながら、料理をしながらできてしまいます。
まだまだSiriに頼めることはたくさんあります。
あとはあなたがシチュエーションに合わせてSiriを使ってみてください。

こちらの記事も人気です!