iPad・iPhone メモアプリの機能【 スキャン】方法解説

Apple




ども、くんよつです。

今回はiPadやiPhoneの純正アプリ「メモ」の機能のひとつ【スキャン】をご紹介いたします。

 

今までクラウドアプリはevernoteを使っていのですが、正直最近はもうこの「メモ」で十分足りています。

そこで、今回はこの「メモ」の便利機能である書類をスキャンし、さらに書込みメールで送信までを解説いたします。

 

それでは、早速始めましょう。

 

iOS[メモ]アプリでスキャン

「メモ」使っている人は私の周りでも着実に増えてきています。

実際に使ってみると、iOS11へのアップデートがあったことがきっかけに、一気に使いやすくなったと考えています。

 

そのメモですが、スキャン機能があることをご存知でしたか?

スキャンできるアプリは他にもありますし、そちらの方が機能が充実していたりもします。

ただ、iOSの便利な機能で、短時間でいろいろなことを行うことができるのは、Apple純正アプリならではだと感じています。

 

スキャン方法

メモアプリを開き、キーボード右上の➕を押してください。

 

項目が出てきますので、一番上の「書類をスキャン」をタップ。

 

 

カメラに移ります。

 

 

今回は手元にあった、「本当に稼げるGoogleAdSense」の1ページをスキャンしてみました。

角をタップしてスライドさせれば、スキャンの範囲を変更できます。

 

 

スキャンした書類はメモ上にこのような形で保存されています。

 

 

スキャンした書類をタップしてみましょう。

右上の項目で「トリミング」「色味の変更」「向きの変更」「送る」が選べます。

 

 

もしApple Pencilをお持ちでしたら、ペンで画面をタッチすると描画モードへ切り替わります。

 

 

完成したら、PDFにしてみましょう。

右上の「送る」をタップすると、いつもの画面に「PDFを作成」が増えています。

 

 

PDFにするとこんな感じ。

 

 

完了を押すと「ファイルを保存」か「PDFを削除」が選べます。

保存では「ファイル」に保存することになります。

 

「送る」でいつものように「メール」があるので、そのまま送信が可能です。

 

 

補足

現状でOCR(画像の文字をテキストとして認識)はありませんので、そこはかなり残念です。

Appleのことなので、そのうち対応してくれると信じています。

 

スキャンは純正メモアプリでできる

Appleの純正アプリがどんどん便利になっていきます。

メモがEvernoteに近づいてる感じがしますが、「iPhone」「iPad」「MacBook air」「Mac」を日頃から使っているので、同期も簡単で不自由なく使えています。

ウィンドウズのパソコンや他者のタブレットを使っている人にとっては、当然ながらevernoteが便利ですね。

では。