PDFelement Pro(PDFエレメント プロ)は便利な直接編集な万能アプリ[PR]

アプリ




ども、KUNYOTSU logを運営しています、くんよつです。

今回は仕事でPDFを良く使う人必見のパソコンアプリのご紹介です。
Windows、Macどちらも対応しているので安心してご覧ください。

今回ご紹介するソフトはPDFelement Pro(PDFエレメント プロ)です。
まず、PDFelementを使ってみた感想ですが、このソフトがあればとりあえずPDFで困ることはないだろうと思うくらい高性能でした。

また、初めてでも直感的に使える操作感覚でした。
公式サイトにも書いてありますが、「Officeみたいな操作感」でまったく違和感なく使うことができました。

そして、こういったPDFを直接編集できるソフトをほぼ使ったことがない僕にとっては驚くような機能があり、一度使ってしまうと手放せなくなりそうなほど便利なものでした。

無料で体験できるので、まずはダウンロードしていただき、できることの確認と操作性を実感していただくのが1番だと思います。
できることについては公式サイトが網羅してくれてますので、今回は僕が個人的に使ってみてオススメしたいポイントについて書いていこうと思います。

シンプルだけどツールが盛りだくさん

まず、PDFを読み込んだ後の画面がこちらなんですが、とってもシンプルじゃないですか?

個人的にはかなり高ポイントで、たくさんの人が仕事で使うPDFだからこそ、それを便利に使うためのソフトはシンプルで誰でも使いやすいものである必要があると思います。

PDFelementは表示されている項目が少なく、選ぶ上で困らないよう選択項目が分けられていると感じました。

編集したいPDFを読み込むと左側にツールが登場します。

この中からあなたが編集したい項目を選びます。

PDFelementにはもちろん、注釈やテキストの挿入などはもちろんできます。
ただ、それ以外にも驚きの機能がPDFelementにはあります。

まず、「テキスト」です。
使ってみていきなり驚きました。
PDFのテキストを消して編集することができます。

PDFelementはテキストを自動で認識してくれます。
この「モノ」という文字を選択して、

こんな風にテキストを消して

打ち直すことができてしまいます。

もうPDFじゃないような感覚です。

さらに、「画像」についてもビックリです。
挿入できるのはもちろん、

既存の画像を削除することなんかもできちゃいます。

画像の差し替えがPDFでできるなんて、普通ならありえないようなことができちゃいます。

また、PDFにリンクを配置することができます。
リンクしたいURLを記載して、クリックエリアを決めるだけです。

これも、プレゼンなんかで書類をPDFで送る場合なんかに自由にリンクを配置できるのですぐに使いたいと思いました。

さらに、こんなPDFファイルも、

OCRで認識したり、

エクセルやワードに変換することができてしまいます。
フォーマットはワードやエクセル、パワーポイントはもちろん、テキストや画像にも変換できます。

ワードに変換するときはフォーマットをWordにして適用するだけ。

簡単にワードになります。

めちゃくちゃ便利・・・

いただいたPDFデータを変換したり、紙のデータをスキャンしてPDFにしたものをワードで変換したりができてしまいます。
場合によってはかなりの時間短縮になります。

プランと価格は?

PDFelementには標準版とプロ版があり、それぞれで金額が異なります。

当然ながらできることに違いがあるわけで、こちらの画像をご覧ください。

個人的にはOCRが使えるかどうかは大きいので、選ぶならプロだなぁと思います。

また価格も2種類あって、年間契約と永久ライセンスがあります。
プロ版での価格差は1,700円なので、どう考えても永久ライセンスのほうがお得だと思います。

また、PDFは仕事で使うという人が大半ではないでしょうか?
PDFelementは法人ライセンスもあります。

導入する台数が多ければ多いほど1台あたりの単価が安くなるので、企業でも導入しやすいんじゃないかと思います。
PDFをそのまま編集できたり、エクセルやワードに変換できたり、OCR機能が使えたりと、機能をしっかりと使いこなせばかなり業務の効率化ができるんじゃないかと思います。
多くの導入事例もあるので、安心して導入していただけると思います。

高性能なPDF編集ソフトで効率アップ

今までこれほど高度なPDF編集アプリを使ったことがなかったのでその機能に純粋に驚いています。
PDFはエクセルやワードなどのOfficeと同様仕事では欠かせないものになっています。
基本的には編集ができないという認識でいるので、編集するための労力は仕方ないと考えていましたが、PDFelementがあればその労力をかなり抑えることができます。
サポートもあるので、困ったときは確認できます。
無料でダウンロードして試してから導入を検討できます。
しっかりと吟味した上で導入を検討できるので比較的ハードルは低いんじゃないかと感じました。

まずは無料体験してみてください。

企業の方はお見積りもできます。

こちらの記事も人気です!