【PayPayクレカ不正利用】PayPay使ってなくてもクレジットカード持ってるだけで不正利用の対象!

キャッシュレス




先日惜しまれつつ終了したPayPayの20%キャッシュバックキャンペーン。本当にあっという間の10日間でしたね。

ただ、このPayPayの利用者の間で話題になってしまったのがクレジットカードの不正利用。

PayPayはクレジットカードを登録しておくことで簡単に決済できるので、登録していた人も多かったはず。

ツイッター上ではこの不正利用のコメントが目立ちました。
PayPayはこれへの対策をようやく行うようです。

 

不正利用の原因は

今回のクレジットカードの不正利用の原因は、PayPayから情報が漏れたということではないとのことです。

他所で漏れたクレジットカードの情報がPayPayで入力され、セキュリティコードを総当りで入力したことで不正利用されてしまった可能性が高いということ。

セキュリティコードはたったの3桁なので、確かに当てられてしまう可能性がありますよね。

とても簡単に登録できましたが、逆にセキュリティ面が弱い状態で始まっていたということになります。

 

クレジットカードを持っているあなたは確認が必要

今回はあくまでもPayPayからの情報流出じゃないということですが、この PayPayを使っていなければ不正利用されないということはありません。

クレジットカードを持っているあなたは必ず明細をチェックしてください。

まとめ

こういったことがあると、使う側も心配が増え安心して使えなくなってしまうので、今回の対応は嬉しいですが、元からカバーすべき内容だったんじゃないかと思える内容です。

確かに登録は簡単でしたが、その分セキュリティが甘くなってしまったと思いますが、お金・クレジットカードが絡むことだけに、今後セキュリティは厳しく設定してほしいものです。

クレジットカードやスマホのQRコード決済で還元!?キャッシュレス決済について解説します。【消費税10%になる前に備えよう】

2018.12.01

キャッシュレスでミニマリストへ【おすすめクレジットカードと便利アプリ】

2018.05.05

こちらの記事も人気です!