中古のiPhone・iPadを買うときの注意点 【まとめ】

Apple




格安シムが拡大してくにつれて、中古のiPhoneの需要が増えてきました。

また、まだ返済途中だけどiPhoneが壊れてしまった方やiPhoneを2台目を持ちたいという人たちにも需要があります。

中古のiPhoneを購入するにあたって、やはり個人から購入する方が安く手に入るケースが多いです。

フリマアプリのメルカリやラクマ、ヤフオクなどがもっともメジャーかと思います。

ただ、本当に使用できるiPhoneかどうかの見定めがしっかりできないと、へんなiPhoneを購入してしまいかねません。

しっかりと確認した上でなるべく安いiPhoneを購入できるよう、注意事項をピックアップいたしました。

 

①キズ・汚れ

これは写真を確認できればどなたでも問題なく判断できる部分です。
多少のキズでも問題ないとのことであれば、キズ有で安い端末を購入しても良いかと思います。

気をつけなければならないのは、修理歴があるか否か。

正規店での修理ならまだしも、非正規店での修理は完璧に復旧していない可能性もあるので、修理の履歴の確認は必要です。

また、正規店での修理についても注意が必要です。
正規店においては、「修理」ではなく「交換」となります。
その交換された端末は壊れた端末の正常なパーツを組み合わせたiPhoneだと言われています。

見分け方はこちら。
設定→一般→情報→モデル

このモデルは基本Mから始まっています。

例 : M◯◯◯◯◯J/A

交換品はNから始まっています。

例 : N◯◯◯◯◯J/A

使用する分には問題ないです。
しかし、実際にピカピカでも交換された端末は市場価値が下がってしまいます。
もし買った端末が交換品だった場合、買取の査定では価格が下がってしまいます。

 

②キャリア / SIMロック

買おうとしている端末のキャリアの確認は必須です。
キャリアとはソフトバンクやドコモ、auなどです。

これからあなたが使うSIMカードはどこの会社ですか?
同じ会社の端末でないと通信ができませんので注意が必要です。

また格安SIMを希望する場合、会社によっては「ここのキャリアなら使える」といった制限がありますので、選ぼうとしている格安SIM業者に確認が必要となります。

1番好ましいのは、SIMロックが解除してある端末です。

SIMロック解除が済んでいれば、どこのキャリア・格安SIM業者のSIMでも使用することが可能です。
ただし、SIMロック解除してある端末はその分価格が高く設定されています。

基本的には、SIMロック解除が完了しているか確認する方法はありません。

ごく稀に、SIMカードを抜くだけでロック解除できていると思っている方がいるようですので、慎重に質問することが必要となります。

 

③ネットワーク利用制限

単純に言えば、iPhoneの支払いが完了しているかどうか。
残債が残っていると、万が一元の所有者が支払いを滞らせた場合、使用できなくなってしまう可能性があります。
よほどのことがない限り、このような端末を選ぶことはオススメしません。

確認はそれぞれのキャリアのページにて行うことができます。

ソフトバンク

docomo

au

キャリア以外での購入(Appleの公式ホームページで購入)は一括での支払いとなるため、心配いりません。

ここではIMEIが必要になってきます。

購入情報に記載がなければ売主さんに確認しましょう。

 

IMEIについては次の手順で確認が可能です。

設定→一般→情報→IMEI

IMEIを入力すると端末の現在の状況が確認できます。


ここが「△」「◯」「×」「ー」に分かれます。
◯なら問題なく使用することができます。

△は残債ありの状態です。
×のものは手を出してはいけません。
ーは判断がしかねるので、手を出さない方がいいです。

④アクティベーションロック

アクティベーションロックとは、「iPhoneを探す」がオンになっている状態。

この状態だと、情報やアプリがリセットされていても、元の所有者のApple IDのパスワードが必要になってしまいます。

「iPhoneを探す」もしくは「アクティベーションロック」が解除されているか確認が必要です。

解除方法は上記の記事を参考にしてください。

 

終わりに

今回の内容は購入する場合ではもちろんですが、自分が売る側になった場合でも注意する必要がある箇所です。

これらをしっかりと伝えることで、相手に安心して購入してもらうことが可能となります。

以上の内容をしっかりと確認し、iPhone・iPadの購入を検討しましょう。

では。