【ネット検索ばかりしているとバカになる】林先生の初耳学 平成29年11月26日

TV




 

ども、くんよつです。

 

本日の白熱教室はこちら!

【ネット検索ばかりしているとバカになる】

今や、多くの人がネット検索が日常になっているにも関わらずこのタイトル。

情報を得るためにやっているネット検索なのに、なぜバカになるのでしょうか?

 

 

こんな実験をしました。

読書時間0の学生と、1日2時間以上読書する生徒に同じテーマで小論文を書かせたとのこと。

 

その結果とは・・・

読書0の子はほとんどがコピペだったのに対して、読書をしている子はしっかり論文になっていたようです。

 

一体何人ぐらいの生徒で確認したんでしょうか?

 

 

さらに、東京大学が公表した驚くべき情報!

なんと提出されたレポートの約75%がネットからのコピペだったとのこと。

 

あの東大ですが、驚きの内容ですね。

他の大学ではどんな結果になるか気になりますね。

 

 

林先生が語ります。

 

「文章とは構造体」

例えるなら、技術を持った宮大工が釘を使わずに建物を建てるような。

 

一つの柱(情報)に対して、他の材料(情報)をどのようにつなげるか。

これは熟練の技術があって初めてつないでいけるわけですね。

 

文章は一つ一つの意味の塊をきちんとつないで行かなければ、全体としてまとまりが生まれません。

 

日頃からコピペすることを考えている人は、情報を自分の都合で取捨選択してしまっている。

感覚的につなぎ合わせることを行なっていては、論理的な思考はできないのではないか。

 

では、「文章の構造体」を作ることができるようになるにはどうすればいいのか?

それは【本を読む】ことによって鍛えられる。

 

 

改めて読書の大切さを考えさせられますね。

どんな人でも簡単に情報を得ることができるからこそ、一人一人の考える力、論理的な思考を身につけることの大切さが顕著になっていくのですね。

 

 

 

書店が減り続けていて全国の2割以上の市町村に1軒もない!

 

なんと、たった今読書の大切さを学んだのに、世の中的には本屋さんの数が圧倒的に少なくなっているとのこと。

 

400以上の市町村には書店がない。

それが今の現状なんですね。

 

ま、アマゾンあるし、困らないな。

そんな風に思ってはいますが、本屋さんは本屋さんのメリットがあるのです。

 

本屋さんに行けば、いろいろな本を目にする中で、いいなと思ったものを手に取ることで購入されます。

しかし、今かなり普及したネットでの購入は、ピンポイントで欲しい本を検索して購入しています。

 

林先生いわく、

「寄り道・余剰 それが知である」と。

 

 

若い女性社員をいびるお局さん。

どこの会社にもいるみたいですね。

 

ブランドものを身につけると目をつけられてしまう。

 

そんなことにならないために、「全身ユニクロ」で固めているとのこと。

なんと2,500種類以上の組み合わせがあるので、人とかぶることも少ないんだそうです。

 

 

第1問 ファッションに関する問題

 

Tシャツの脱ぎ方に男女差があることをご存知でしたか?

男:両手を首の後ろにまわす

女:ウエストの位置で腕を交差

 

あー確かに!

なんでかなんて考えたこともなかったですね。

まさか理由があったなんて。

 

 

製造工場で納得の理由が判明しました!

型紙を比べてみると、シルエットが大きく違うのです。

 

女性用は体のラインを美しく見せるため、体にフィットした作りになっています。

そのため襟の部分から引っ張ると脱ぎにくいんだそうです。

ざっくり言うと、袖がキツイからなんですね。

 

 

 

アンミカさんが焼肉の初耳学!

いきなりクイズです!

焼肉を美味しく食べるには・・・

1分ほど冷ましてから食べるべき

 

なんで!?

 

お肉は筋繊維でできています。

筋繊維は熱でギュッと縮みます。

そうなると、肉汁が出て行ってしまった状態で食べることになるんです。

そこで、1分ほど置いておくと、肉汁が再び筋繊維に吸収され、美味しく食べることができるとのこと。

このほうが肉本来の旨味を楽しめるようです。

 

 

お肉の最新技術

 

最近熟成肉ってよく聞きますね。

専門店もちらほら見かけます。

なんと、その熟成肉を普通より早く完成させることができる技術ができたとのこと。

 

【エイジングシート】

熟成に効果的な菌を付着させてこのシートにお肉を包むことによって、本来100日かかる熟成を、なんと、たったの40日に短縮させることができる、魔法のようなシートなんですね!

 

この技術は明治大学と共同で開発したようです。

熟成期間を短縮することができるので、その分保存にかかる費用が抑えることができます。

そのため、本来の半額ほどの金額で提供できるようです。

 

 

 

第2問 牛肉に関する問題

 

今、和牛は世界的に大人気!

年々輸出量は増加しています。

 

そんな中、和牛の輸出先、意外な1位は?

 

 

1位はアメリカやヨーロッパなどではなく、なんとカンボジアなんです!

なぜカンボジアが1位なのか?

 

実際には、カンボジアで和牛は消費されていないようです。

なんと、中国へ密輸されているとのこと。

 

2001年に日本で発生したBSEの影響で現在も中国では和牛の輸入が禁止されているようです。

しかし、中国富裕層に和牛の人気は急上昇。

中国ではなんと和牛は人の紹介がないと食べられないとのこと。

 

2017年6月には中国はアメリカ産牛肉の輸入を解禁したとのこと。

そのうち、和牛も解禁されそうですね!

 

 

 

今年話題の「北川景子」似の美女の職業とは?

世界で活躍する美人甲冑〇〇。

 

なんと1回100万円稼いでしまうこともあるようです。

今の仕事を目指すようになったのは中学生の頃。

 

青柳美扇さん (27)

https://www.instagram.com/p/BaNuXVkhNnL/?taken-by=aoyagibisen

本当にかわいいですね!

インスタを見ると、ほとんど答えがわかってしまいますね。

 

林先生、正解!

 

「書道家」

 

プロジェクションマッピングとコラボしたり鎧をきたパフォーマンスをすることで話題になったようです。

 

 

このツイッターも話題になったそう。

うん、普通ではないですね。

57画なんですって!

 

 

 

漢字にまつわる問題

 

漢字の「とめ・はね・はらい」は・・・

 

特に決まりがない

 

え!?

そんなバカな!

 

 

去年文化庁が見解を発表したようです。

「その字として認識できれば、とめ・はね・はらいは問わない」と。

 

これは子どもがいる親御さんは気をつけなければいけませんね。

 

小学校では学習指導要領に、学年別「漢字配当表」で示された字形を標準として指導するようになっている。

しかし、これは「この形が正しい」と言うものではないのです。

しかし、「漢字配当表」の形が【正しい形】と勘違いした先生が多かったため、厳しく指導されてしまったとのこと。

 

いやあ、これは明日から子どもたちにやんややんや言われる先生はいるかもしれませんね。

 

 

 

回転寿司の新たな流れ

 

大手回転寿司チェーンではなく、地域密着型の回転寿司店が軒並み売上を伸ばしているんだとか。

中でも東京郊外にある回転寿司店「たいせい」が人気とのこと。

 

地元から圧倒的支持を得ている理由は?

 

どんなネタも150円!

ウニもイクラも、トロも!

 

さらにオーダーが入ってから焼き上げる厚焼き卵や、お客様の名前や好みを覚えているという地域密着のお店ならではの特徴が人気につながっているようです。

 

 

 

第4問 魚にまつわる問題

 

ニューサウスウェルズ大学の研究によると、近い将来漁獲量が激減し、魚が食べられなくなるようです。

その理由は、世界中の魚が海で迷子になるから!?

 

なんで迷子になってしまうのでしょう?

 

 

【炭酸酩酊】

一度に大量の炭酸を摂取することで血中の二酸化炭素濃度が上がり、酩酊状態になること

 

 

地球の温暖化の原因は二酸化炭素の増加です。

その1/3は海に溶け込んでしまうようです。

結果的に魚の血管中の二酸化炭素濃度が上がり、方向感覚が狂うと考えられているとのこと。

 

なんと2050年くらいに現実的になるようです。

 

昨年、日本での大気中の二酸化炭素濃度は過去最高を記録。

このまま増加してくると温暖化だけでなく漁業にも影響が出ると言われているとのこと。

 

 

 

からくり人形

 

昨年ユネスコの無形文化遺産に登録されたことで大人気のからくり人形。

日本で唯一江戸時代から伝統を受け継ぐ「からくり人形師 九代 玉屋庄兵衛」。

中でも最高傑作と言われているのが「弓曳童子」。

 

綺麗に動きますね。

驚きです。

 

なんと1体1,000万円!!

 

 

第5問 からくり人形

 

もっとも大事なのが「顔」。

見る角度によって表情が変わるように作られています。

なんと顔だけで3日もかかるとのこと。

 

そんな愛情をを込めて作った顔をなんと真っ二つに!?

 

その理由は?

 

 

木は水分を含んでいる。

膨張したりすることもある。

その結果、ひび割れてしまうことも考えられる。

 

そこで、木を真っ二つにして、中の木をくり抜いて、できるだけ木の部分を減らすようにしているとのこと。

 

 

地上で履くのになぜ「地下足袋」?

 

もともと当て字。

直足袋。

一説によると炭鉱で使われていた。

炭鉱=地下→地下足袋

 

 

いやあ、今日もさすがの林先生でしたね。

 

では、また来週。

 

 

こちらもどうぞ。

【小中学校の友人なんてクソみたいなもの!?】林先生の初耳学 平成29年11月19日