動画の向きを変える方法 | iMovie・LumaFusion

Video




動画の向き、縦と横くらいは意識して撮ると思いますが、横向きで撮影した場合に見てみたら上下逆さまに取れてしまってることないですか?

安心してください。
iPhone、iPad撮った動画も簡単に向きを変えることができるので、すぐに試してみてください。

今回ご紹介する方法は2つです。

iMovieで向きを変える

iPhone、iPadを使ってる人なら見たことあると思いますが、こちらがiMovieです。

iMovie
iMovie
開発元:Apple
無料
posted withアプリーチ

基本的には最初からダウンロードされているものなのですが、動画を編集しようと思わなければ使わないと思います。当然無料で使えます。
まずはこのiMovieを使った方法です。

まずはプロジェクトを作成します。

ムービーの方を選択してください。

iMovieに撮った動画を読み込み、「ムービーを作成」をタップ。

僕の動画は縦に表示されてしまいます。
四角で囲った部分を2本の指で触りながら、あなたが回したい方向へ回してみてください。

こんなマークが登場して、

動画の向きが変わりました!
とっても簡単。

左上の完了をタップしてください。

保存する場合は、いつものアクションボタンからできます。

これで完了です。

LumaFusionで向きを変える

もし、これから動画の編集も一緒にしようと思っている人はこちらのLumaFusionもオススメです。

LumaFusion
LumaFusion
開発元:Luma Touch LLC
¥2,400
posted withアプリーチ

ただし、アプリとしては高額の定価2,400円します。編集でいろいろやってみたいという人にだけオススメできるアプリです。
こちらも簡単に向きを変えることができます。

まずはプロジェクトを作ってください。

次に左上のマークをタップして動画を読み込みます。

下の編集エリアに表示させてください。
ドラッグ&ドロップで移動できます。

編集場所に動画を移動できたら、画像の順番通りにタップします。

左下にある「フレーム&フィット」をタップすると登場する、四角い枠で囲った部分が動画の向きを変更する項目です。

向けたい方向になるまでタップしてください。

こちらもあとは書き出して保存するだけ。

iMovieに比べると順序がたくさんあるので、シンプルに向きを変えたいだけというときは少し面倒かもしれません。

向きを変えるだけならiMovieがオススメ

向きを変えるだけなら圧倒的にiMovieがオススメです。
このiMovieはある程度の編集もできるので、切り取りやタイトルもつけることができます。

【iMovie】iPhoneで動画を切り取る方法解説します!

2018.07.09

何気ない写真をちょっとステキな動画にできるアプリ【スライドショー作成はiMovieで】

2018.07.04
ただ自由度はそれほとないので、まずはこのiMovieを使ってみてやりたいことができなかった場合に有料アプリを試してみることをオススメします。

こちらの記事も人気です!