モノだけじゃない!【 行動もミニマリストへ 】 エッセンシャル思考

LIFE




ミニマリストはモノだけの話ではない。

行動もミニマルにしていく必要がある。

 

そんな風に考えるようになりました。

 

仕事でも、プライベートでもたくさんのことを抱えすぎてしまうと、心に余裕がなくなっていくのがわかります。

 

そこでツイッターでフォローしている「クロネ@趣味ブロガー」@kurone43がおすすめしていた「エッセンシャル思考」を読みました。

 

 

自分にとって本当に大切なことは何かを改めて考えるきっかけになりました。

今、仕事でいっぱいになり、プライベートが疎かになってしまっている方、常にやることに追われてしまっている方にとっては必読の書だと思います。

 

一緒に行動ミニマリスト目指していきましょう。

ちなみに私が読んだのは、上記のもの。

漫画バージョンもあるので、こちらの方が取っ掛かりやすいかもしれません。

3つの嘘

今、多くの仕事を引き受けてしまっていませんか?

やならければと思ってしまうと、どんどん自分を追い込んでしまって、結果的に良い成果を残すことが難しくなってしまいます。

これでは本末転倒ですね。

 

次の3つがあなたの考えにこびり付いているかもしれません。

  • やらなくてはならい
  • どれも大事だ
  • 全部できる

 

こんな考え方ではやることが増えてしまい、必ずどこかでひずみが生ませれます。

この「エッセンシャル思考」はこの3つを次の3つに変えることが大きな軸となります。

 

【 「やらなくてはならない」ではなく「やると決める」】

【 「どれも大事だ」ではなく「大事なものはめったにない」】

【 「全部できる」ではなく「何でもできるが、全部はやらない」】

 

行動のミニマリストはモノのミニマリストに通じる

一般的にミニマリストといえば、所有しているモノが少ない人のことを表します。

本当に必要なものだけを所有することがミニマリストになることに繋がるわけです。

断捨離がこのミニマリストへの道でもありますが、いずれにしても本当に必要かどうかを改めて考え直し、必要最小限に抑えることとが目的です。

「エッセンシャル思考」はこの考えを日頃の行動に反映するという考えです。

 

モノのミニマリストよりもハードルが高い

「エッセンシャル思考」の実践はハードルが高いです。

依頼されたことは引き受けてやってしまいがちですが、本当にその仕事が自分にとって優先順位が高いかどうかを検討しなければなりません。

結果的に、「お断りする」という選択肢が出てくる可能性が高くなります。

断ることが苦手な人にとっては「エッセンシャル思考」を実践することのハードルの高さをご理解いただけることと思います。

相手の期待に応えたいという想いは悪いことではありません。

しかし、本当に今必要なのか、自分を犠牲にしてまで行うことなのかを考え、断る勇気を持たなければなりません。

 

優先順位を明らかにし、本当に必要なことのみ行動に移す

本当に今の自分にとって必要なことを実行に移す。

これが今回の目的です。

 

では、「自分にとって本当に必要なこと」とは何でしょうか?

 

それは一度、今思いつく日々の作業の書き出しから行なっていくことをオススメします。

改めて、自分が行うべき仕事を整理することが一番の近道だと考えます。

 

本書を読んでいきなり、本当に必要かどうかを判断することは難しく、ある意味行動のスピードを落としてしまうことに繋がりかねません。

 

一度自分の仕事、やるべきことを再確認してみてください。

 

必要なことを、効果的にやり遂げる

今、あなたの目標はありますか?

 

その目標を達成するために、その仕事は必要ですか?

 

常に、自分に問いかけてください。

目標の達成に関することであれば、その仕事を効果的にやり遂げることが、目標達成への近道になります。

効果的にやり遂げるためには、やはり仕事の取捨選択が不可欠となります。

 

見極める力

完璧に必要・不要を見極めることができるかと言われれば、難しいだろうと思います。

しかし、日頃から「エッセンシャル思考」を続けていくことにより、身につく力だと思います。

 

細かい実践方法については、もちろん本書で学んでいただきたいところではあります。

 

ただ、日頃から意識していないと、今までの習慣から元に戻ってしまうことも考えられます。

私自身が、改めて定着させたいという思いから、また実際に実践してみたことから今回まとめさせていただきました。

 

「エッセンシャル思考」を実践する上で、少しでも参考になれば幸いです。

では。