iPad最強ケーススタンド MOFT Float レビュー

iPad




みなさん、こんにちは。

くんよつです。

 

今回は、MOFTの新作「MOFT Float」をレビューします!

現在Makuakeにてクラウドファンディング実施中なので、気になっているからは早割になってる今、支援するのがオススメです!

今回は動画にて、このMOFT Floatをファーストインプレッションと、数日使って感じたことをまとめました。

 

悩んでいる方はぜひ検討してみてください!

今回は、一足先にMOFTさんよりご提供いただいてレビューさせていただきました!

MOFTさんありがとうございます!

MOFT Floatとは

このMOFT Floatはケースとスタンドが一体になったものですが、他と違う点、それはまず一つ目としてフローティングスタイル、浮く形で使うことができる点にあります。

これはiPad専用Magic Keyboard以来の衝撃的な機能ですが、実際に使ってみるとやっぱり高さがあるとiPadって使いやすくなるんですよね。

そして、Magic Keyboardとの大きな違いは、反対まで折り曲げることができる点です。

さらに、大事なのはそのフローティングモードだけでなく、Apple Pencilを使いやすい安定した角度、さらには縦置きにも対応しているという点が素晴らしいです。

重さですが、このMOFT Floatが378gで、iPad Pro11インチが473gと合わせると、851gなんですね。

個人的には意外と軽いなって思ったんですが、いかがですかね?

 

ちなみに、フローティングモードで使うときに、反対に倒れてしまわないか心配だという方のために、なんと転倒防止機能がついています!

 

ということで、このMOFTの新作、MOFT Floatを使いたいという方はMakuakeにて支援してみてください。

 

MOFT Float支援ページ

 

デメリット?

ただ、どうしても気になるのがフローティングスタイルでの揺れです。

軽くタッチしただけでも揺れてしまうんですよね。

(どれくらい揺れるかは動画をぜひご覧ください・・・!)

 

これがなんと言っても最大のデメリットなんです。

僕は途中からBluetoothマウスを使うことにしました。

その状態でBluetoothキーボードと使えばかなり快適なんですが、いかんせん、タッチだけで操作しようと思うと誰しもこの揺れは気になると思います。

 

動画内では、AppleのMagic KeyboardMagicMouse2を使っています。

 

それから、揺れることにも繋がりますが、フローティングモードで反対に倒れてしまわないようにする転倒防止機能ですが、これ、あんまり過信しすぎてしまうと危険で、結構柔らかいんですよね。(動画で柔らかさを確認できます)

なので、多少倒れにくくはなりますけど、倒れることを完全になくすことは残念ながらできません・・・

この2点は、使ってみてデメリットだなって感じました。

 

MOFT Float支援ページ

 

iPadの最強のケーススタンド

とはいえ、現状このフローティングスタイルで使うことができる、持ち運びがしやすいものはこのMOFT Floatだけですし、何より3パターン使えるケーススタンドもかなり希少な存在です。

iPadマニアによるiPadマニアのためのケーススタンドということで、きっとあなたを満足させてくれることは間違いありませんので、この機会に検討してみてください。

 

 

 

 

 

 

こちらの記事も人気です