iPhone・iPad純正アプリ「メール」の使用方法解説

Apple




ども、くんよつです。

今日はアップルの純正アプリ「メール」についての記事です。

皆さんは仕事でメール返す機会はいっぱいありますか?

最近では、LINEやチャットワークを使っている方が増えてきています。

少しずつ使用頻度が下がっている方もいらっしゃるかもしれませんが、まだまだ一般的な企業はメール使っていますよね。

スマートフォンやタブレットの誕生により出先でも簡単にメールを返すことができるようになりいちいち会社に戻らなくてもその場で用が済んでしまう、そんな状況が1番スマートでいいですね。

ただいきなりiPhoneやiPadを使ってメールを返そうと思っても、使い方がわからなかったり、そもそも設定ができていなかったり、なかなかうまくいかないということもあると思います。

そんなときのためにあらかじめメールの使い方を予習することで、緊急事態にも素早く対応できるようにメールを使い倒す方法をお伝えしようと思います。

 

設定方法

まずは設定方法ですね。
設定が済んでいる方は飛ばしてください。

メールの設定は「メール」アプリからではなく、「設定」から行います。

 

「アカウントとパスワード」をタップすると「アカウントを追加」があります。

ここから、登録をお願いいたします。

GoogleメールやYahooメールはとても簡略化されており、簡単に設定できます。

その他会社のメールアドレスなんかは、「その他」から登録します。
サーバー等の確認が必要になります。

設定方法はこちらがとても詳しく記載してくれています。

これで設定は完了です。

 

一般的な使い方

文字のみの返信であれば、なんら問題はありません。
いつものように文章を作成し、送信するだけです。

これはiPadの画面です。
登録しているアカウントがずらっと並んでいます。

右上のアイコンについてご説明します。

 

矢印で返信と転送ができます。

 

ゴミ箱はこちらです。

 

メールボックスの移動はファイルのようなアイコンです。

 

旗はフラグや開封、迷惑メールの設定ができます。

一番右のアイコンが新しいメールです。

 

署名

設定をしていない場合、画像の通り「iPadから送信」などと入ってしまいます。
「iPadでは毎回入力が必要」となってしまうと面倒なので設定してしまいましょう。

こちらも「設定」から変更が可能です。

今度は「メール」の中に「署名」がありますので、ここで変更いたしましょう。

アカウントごと変更が可能です。

ここで変更しておけば、

しっかりメール画面に反映されてます。

画像・エクセル・PDF添付

絶対に必要になってくるのが、添付資料ですね。
考えられるものは「画像」や「エクセル」などのオフィスファイル、「PDF」ですね。
それぞれ方法がありますので、ご説明します。

 

画像

もし、添付したい画像がiPad・iPhoneにあるのであれば、挿入したい場所を一度タップしてください。

「選択」や「ペースト」がでてきますので、さらに右矢印をタップしていただくと、「写真またはビデオを挿入」があります。

「写真」アプリの画面になりますので、選ぶだけで添付できます。

 

「ファイル」から添付

この方法でエクセルやワード、PDFも添付できます。
これらのデータはiPadやiPhoneではクラウドストレージのアプリを管理できる「ファイル」で確認することができます。

「ファイル」については【iOS11NewAPP 【ファイル】クラウドアプリの一元化方法をオススメオンラインストレージと一緒にご紹介】でご確認お願いいたします。

【iOS純正アプリ:ファイル】クラウドアプリの一元化方法をおすすめオンラインストレージと一緒にご紹介

2017.09.21

先程と同様の方法で挿入したい場所をタップしていただき、「添付ファイルを追加」をタップ。

「ファイル」アプリに飛びますので、こちらで選択してください。

 

イラスト添付

イラストをその場で書いて送ることもできます。
操作方法は、こちらも先程と同じ。
「描画を挿入する」を選択してください。


このような形でメールに反映されます。

 

その他

その場でタップして・・・という方法がわかりやすいですが、スピリットビューを使うことで、ファイルや画像の添付をすることも可能です。

スピリットビューはiPadでの機能ですが、便利な機能ですのでぜひ添付ファイルを選ぶ時なんかに活用してください。

方法についてはこちらをご覧ください。【iPadで画面にアプリを2つ表示【スピリットビュー】の使い方】

iPadで画面にアプリを2つ表示【スピリットビュー】の使い方

2018.02.22

 

作成中のメールを避けておく

返信する内容が簡単に決まれば、その都度すぐに返信することができると思いますが、どうしてもすぐに内容が思いつかず途中で止まってしまったと言う経験はございませんか?

 

パソコンでやればそんな時はウインドウをちょっと避けておいて後で書くということができますが、iPadだとそんな時どうすればいいのか。
一時的に避けておくことができず、また1から書き直すなんていう経験があったという方もいらっしゃるかもしれません。
そんな時に役立つ小技を紹介いたします。

 

メールのタイトル部分をタップしながら、下にスライドさせてください。

すると、このような形で下にタイトルだけ現れるようになります。

いくつも下に収めておくことができますので、なかなか返信内容が決まらないときには活用してください。

 

まとめ

一度使うことに慣れてしまえば、パソコンと変わらず操作することができます。

それ以上に出先でパパッとメールが返すことができる、ということで対応スピードが上がることと、時間の削減ができるという点においてはぜひ活用していただきたいものです。

では。