iPhone / iPadとSDカードを繋ぐLightningリーダー【NUMATE】

モノ




ども、KUNYOTSU logを運営しています、くんよつです。

今年の秋に発表になっているiPadOSですが、ついに外部ストレージ感でデータのやり取りができるようになります。
そこで、外部ストレージと接続できるリーダーを探していたところコスパが良いモノを発見しました。

もちろん現状のiOS12でも使えるリーダーなので、SDカードやUSBメモリを経由してiPhone、iPadにデータを移したいという人にオススメできるものです。

NUMATE Lightningマルチカードリーダー

僕が購入したのがこちら↓

NUMATEマルチカードリーダーです。
Lightningになっているので、お使いのiPhoneや2018年に発売されたiPad Pro以外のiPadでもお使いいただけます。

まずは接続できるものです。

  • SDカード
  • Micro SD
  • USB
  • MicroUSB

この4つが接続できます。
iPhoneに挿すだけで、SDカード経由してデータを移動できたり、デジタルカメラとも直接接続してデータを移すことができちゃいます。
わざわざパソコンを経由する必要がないので、とっても便利です。

また、MicroUSB経由ではありますが、こちらから充電することが可能です。

Lightningが使われてしまっていても充電できるので安心して大容量のデータを転送してください。

使い方

まずは読み取りたい端末をリーダーに挿入してください。
その後でiPhoneに接続します。
すると写真アプリの右端に新しい項目「読み込む」が表示されます。

あとは読み取りたいデータを選択するだけ。
とってもシンプルです。

AirDropよりも安心感

僕はMacに入っている画像や動画をiPadに移してみましたが、容量が大きいものなんかはAirDropを使うよりSDカードを経由して使う方がなんだか安心感がある気がします。
あくまでも主観ですが、AirDropは大きいサイズのデータの移動は失敗するということが多かったため、このリーダー経由だとそんなことがないので、こちらのリーダーに軍配が上がってます。

データは一方通行

ただ、知っておいてほしいのはデータは一方通行であるということです。
あくまでもSDカードからiPhoneに移せるだけで、iPhoneからSDカードへはデータの移動ができません。
これは、iOS13やiPadOSでは解消されていますが、現状では一方通行であることを知っておいてください。

アマゾンのレビューにiPhoneからデータを移せるという内容の記載がありますが、移せません。

コンパクトなのに4in1

iPhoneに接続した大きさがこの感じです。
本体もめちゃくちゃ軽いので、持っていても全然ジャマになりません。
iPhoneやiPadを使ってデータをアップロードしたいときなんかも便利なので、データの移動で困ったことがあったらこの商品を思い出してください。

こちらの記事も人気です!