【ライフハック】時間の使い方

LIFE




ライフハックって響きがいいですよね。

もう人生において便利なこと、お得なことなんかみんな大好きなはず。

もちろん私ももちろん大好きです。

そして、こんな本見つけてしまいました。

 

【ライフハック大全】

 

 

ものすごい量のライフハックが掲載されています。

人生を便利に過ごしたい人にとっては必読書です!

その中で、個人的にいつくか気になったライフハックがありましたので、今回は「時間の使い方」について備忘録としてまとめたいと思います。

 

時間をなんとなく使わない

テレビを見たり、スマホでネットサーフィンしたり、YOUTUBEでなんとなく動画を漁ったり。

なんとなく時間を使おうと思うと、簡単に使えてしまう世の中ですので、時間の使い方は意識している人とそうでない人は雲泥の差が開くことが予想されます。

そこで今回のライフハック。

 

【毎日やっていることを見直してみる】

日頃ルーティンでやっていること、いつもの仕事などなんとなくかかる時間は把握できていると思いますが、実際にどれくらいの時間がかかっているかを測っている人は少ないと思います。
また、1日の中で、どの動作にどれくらいの時間を費やしているかを把握できている人は非常に少ないでしょう。

そこで次のことを意識することをオススメします。

  • メールにかける時間は1分
  • 電話の時間は3分
  • 時間の「見える化」

 

 

メールにかける時間は1分

メールと電話と具体的ではありますが、ご自身のルーティンと置き換えていただければと思います。

ダラダラやっていると、かなり時間を使ってしまうメールの返信も、時間を決めて取り組むことで、ルーティンにあてる時間を節約できます。
時間を区切って進めるということは、それだけで時間を有効に活用できるようになります。

 

電話の時間は3分

電話は、私はとても嫌いなのですが、(以前、「【電話嫌いな人に朗報】電話かけてくる人間とは仕事をするな!?」という記事を書きました。)平気で時間を奪うものであると考えています。

ですので、時間を決め予定が入ってなくても入っているフリをし、「3分しか時間がありません。」と切り出してから話すと、手短に用件を話してくれるようになります。
ただ多用すると、相手に怪しまれてしまうかもしれませんね。

 

時間の見える化

最後に、「時間の見える化」ですが、いつのまにか時間が経っていたという経験は誰もがあると思います。

テレビをなんとなく見ていたり、なんとなくブログを読んでいたり、スマホでゲームを長時間してしまう。

これでは時間がいくらあっても足りません。

なんとなく使っていた時間も、自分がムダに使っている時間がわかれば勿体無いと思うようになります。

そこで、まずは1週間自分の行動を細かく記録していくことをオススメします。

ライフハック大全には別の方法が書いてありますが、私なりにオススメの時間トラッキングはカレンダーアプリに朝起きてからの時間を入力していく方法です。
スマホは比較的肌身離さず持っているという方が多いと思いますので、手軽に始めることができます。

ただし、iPhoneのカレンダーは5分刻みになっているので、それより細かいトラッキングができないことがデメリットです。

また、トラッキングアプリもいろいろ出ておりますので、試してみるのも面白いかもしれません。

現在私もトラッキングアプリをいろいろ探している最中なのですが、位置情報を取得して便利に記録してくれるものもあるのですが、
1箇所で仕事をしている時の細かい区切りを入れることができないことが多いですね。

また検証したら公開いたします。

トラッキングが1週間経ったら、集計してみましょう。
どれだけムダなことに時間を使っているかが見えましたか?

 

 

まとめ

今回は「時間の使い方」についてのライフハックでした。

私自身現在検証段階ではありますが、時間を大切にするという考えは少しずつ深まってきています。

特に自分が使っている時間の内訳を知ることは非常に大切だと思います。
早速実践してみてください。

では。