【 ブログを「辞める」/「続ける」の瀬戸際に】KUNYOTSU logを運営して2年が経ちました

ブログ




ども、KUNYOTSU logを運営しています、くんよつです。

いつもご覧いただき、本当にありがとうございます。

 

さて、このブログKUNYOTSU logも運営しはじめてから2年が経ちました

開始が2017年10月15日なので、時間がたつのは早いなと本当に感じます。

【今想うこと】KUNYOTSU logを運営して1年半がたちました。

2019.04.15

 

あのころ、ブログを始めるのはもう遅い、そういう言葉をたくさん見てきましたが、それでも始めて良かったと本当に思っています。

2年も運営しているので、ある程度ご覧いただける方も増えているのでは?と読者の方々は思うかもしれませんが、それほどうまくはいきませんでした。

まずは今の現状をお伝えします。

Googleアップデート被弾

2019年5月くらいにGoogleアップデートをくらいまして、徐々に順位は落ち、ついには一時の1/10ほどのアクセスまで落ちてしまいました。

 

さすがに心が折れました。

 

実は過去にもGoogleアップデートによって若干順位が下がったことがありましたが、それほど大きなダメージがなかったので、これが大きな影響を受けた初めての経験です。

 

もちろん、今年の目標など届くはずもありません。

 

徐々にアクセス数が下がるアナリティクスを、ただ眺めているだけの日々に落胆しました。
もう、日常でなにをやってもなんだか楽しくなかったです。

 

こうやってみんな辞めていくんだと思いました。

 

そして、この2年で僕にとってブログは本当に大切なものになっていたんだと実感しました。

 

収益は?

もちろん収益もアクセス数と同様に下がるわけです。
収益に関してはアクセス数よりもヒドく、一時の1/14まで下がってしまいました。

僕の場合は、メインでアドセンスの収益、そしてAmazonアソシエイトや楽天アフィリエイトなどの物販関係も重要な収入源ですので、これらは完全にアクセス数に依存している状態でしたので、どの収入源も悲惨な状態です。

 

もちろん、年間のサーバー代は十分回収できます。
普通に考えたらブログを続けていくことは可能です。

 

ただ、ブログを続けていくにはいろいろと検討しなければならないことが僕にはありました。

 

ブログを続けていくには収益が必要

僕は普段サラリーマンをしています。
ブログは副業として始めました。

月に少しでも使えるお小遣いが増えればいいと思って始めましたが、続けていくうちに楽しくなり、いつのまにか趣味のような感覚でブログを更新していました。

 

 

ただ、僕がいままでブログを続けてこれたのは間違いなく家族の協力があったからだと言えます。

 

 

はじめは月に10記事も書けば十分だと思っていましたが、徐々に見てくれる人が増えていくことでもっと書きたいという気持ちが増していきました。

 

 

ただ、それには2歳の子と生まれたばかりの子がいる我が家では時間の捻出がとても難しい状況でした。

 

 

悩んだあげく妻に相談し、ある程度のブログに費やす時間をもらえるようになりました。
もちろん、ブログの収益を家庭に還元でき、僕はブログに使える時間がもらえるわけなので、お互いのメリットがあるということで、続けていくことができました。

ブログの楽しみは、収益が上がること、そして自分が書いた記事を読んでもらえるという承認欲求を満たしてくれるという要素もあり、どちらも続けていく上では大きなモチベーションだと間違いなく言えます。

 

 

ただ、僕にとっては収益があるということはブログを続けていく上で、承認欲求が満たされること以上に非常に大切なことだったのはいうまでもありません。

 

 

ブログ中止を決断をするも・・・

いろいろ考えました。

これからこのブログを続けても、もとのアクセス数まで戻る保証はまったくありません。
それでも、やってみないと結果はわからない。

ただ、収益がない状態でいままで通り続けていくのはさすがに妻にお願いできませんでした。

 

 

そこで、やめることを決断し、妻に言いました
プラスになるお金はないけれど、その分時間の確保ができるので、妻にとってはいいことだ思いました。

 

 

ただ、妻の返答は違いました。

このまま続けてもいいと言ってくれました

 

 

もちろん、Googleアップデートについてやこれからの個人のブログの弱さについても話しました。
それでも続ける道を与えてくれました。

 

子育てって、本当に大変です。
もう自分の思うようにいかないことばかりで、体力的にも精神的に大変なことは、関わりが少ない僕にでもわかることです。
それでも時間をくれるということに本当に感謝しました。

 

また復活できるように

これまで続けてきたブログの習慣は簡単に辞めることはできません。
もう日頃からなにを書こうかと考えてしまっています。
そして、思いついたものは書かずにはいられません。

 

習慣って怖いですね。

 

せっかくブログを書ける時間をもらえたので、また妻に喜んでもらえるように頑張って更新していこうと思います。
まずは、過去記事のリライトを少しずつ進めていきつつ、新しい情報を提供できたらと思います。

 

 

本当に嬉しかったことは、検索結果に出てこない記事が多くなった僕のサイトに変わらず見に来てくれる人がいるということです。

 

これには驚きました。
少しでも僕のブログを見ようと思って来てくれる人がいるということ、本当に嬉しく思います。

 

もちろん、収益は僕にとって大切です。
でも、それ以上にこのブログを通じて感じたことがありました。

そして、このブログがまた日の目を見るときが来るかわかりませんが、僕が書きたいことをこれからも書き続けていこうと思います。

 

 

いつもご覧いただき本当にありがとうございます。
これからもKUNYOTSU logと、くんよつのことをよろしくお願いします。

 

 

最後に、

 

復活して「復活までに僕がやったこと」という記事を書けるように頑張るぞーーー!!!

こちらの記事も人気です!