Kindle Unlimited登録してみた感想【解約します】

Amazon




ども、くんよつです。

Kindle Unlimitedを始めて早1ヶ月半がたちました。

最初はワクワクしながらどんな本が対象になっているか調べていたんです。

しかし残念ながら、私は更新しないだろうと思いましたのでその経緯をお伝えしようと思います。

 

Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedは本のサブスクリプションサービス(月々980円で読み放題)です。
普通に考えて1冊1,000円以上する本が多いので、1ヶ月に1冊読めば元が取れる仕組みです。
本好きにはたまらないサービスですね。

ただ、1度に10冊しか選ぶことができません
なんか、有料図書館みたいな感じですね。

 

デメリット

わたしは月に3冊くらい読みます。
決して多くはないと思います。

最近読む本はたいてい発売したての書籍が多いので、Kindle Unlimitedにはでていないんです。

また、少し読みたいと思ってた本も対象外のことがなぜか多く…
どうしても読みたい本が読めません。

これでは結局、

  • 読みたい本は普通に買う
  • Kindle Unlimitedでは、それほどそそられないけど、せっかくだから読んでみる

という形で使用することになり、満足のいく結果は得られませんでした。

 

Kindle Unlimitedの使い方

それでも実際に使っていらっしゃる方もいるので、Kindle Unlimitedの有効的な使い方考えてみました。

  • 手広く読む
    わたしはビジネス書しか読まないので調べておりませんが、小説やマンガ、雑誌まで取り揃えてあるので、どんなジャンルも確認するという方は本当にお得意になる可能性があります。

 

  • 調べモノ
    何かはじめて調べる、学習するものについてはまずKindle Unlimitedで確認すると良さそうです。
    本当は買わなければ手に入らない情報が、同じジャンルで複数の書籍を一気に取得できる可能性があります。

 

 

残念ながら上記の方法でわたしは使いこなせないので、気になる方は1ヶ月無料で試せるので試してみてください。

 

Kindle Unlimitedに臨むこと

やはり対象の本がたくさん増えることが理想です。
サービス自体は間違いなくお得なものなので、期待してしまいます。
ただ、音楽のサブスクリプションも同様ですが、全てを網羅するということの難しさは当然あると思うので、どこまで増えるかで再度申し込む可能性が変わります。

また、kindleにはプライムリーディングというAmazonプライム会員なら無料で読める本がたくさんあります。
もちろん読みたい本が必ずしもあるわけではないですが、意外と数が多く話題の本も取り扱っているので、これだけでも十分楽しめます。

Amazonで始まった新サービス【PrimeReading】がスゴイ!早速Kindleをダウンロードしよう!

2017.10.07