「けっきょく、よはく」はデザインの勉強に最適の1冊でした




何かデザインをする上で、オシャレなレイアウトや配色を参考にすることあると思います。
学生時代からデザインの勉強をして、デザイン関係の仕事をしている人ならどんな配色でどんな配色でというのがわかると思います。
でも、僕みたいに今までそういった勉強をまるでしてこなかった人にとっていいデザインって正直なんだろうっていうのが本音です。
感覚でなんとなくいい感じ、そんなイメージで今までデザインしてきたものばかりです。
だから、チラシなんかデザインするにあたってはどうしても自分のアイデアだけではいいものが作れないときもありました。
そして、この本と出会ったのもそんなときでした。

この本、めっちゃいいです。
とにかく情報が盛りだくさんです。
オススメポイントがいつくかありますので、ご紹介します。

NGデザインとOKデザイン

この本、主人公の「いまいちさん」が作ったデザインを「しゅっと先輩」がアドバイスをくれるという流れで進んでいきます。
実際に見てみるとこんな感じ。

NGデザインを見た後にOKデザインが見れます。
デザインについてこれほど言葉で説明できるってスゴイ・・・!

先輩のコメントもあり、何がダメで何が良いのかを言葉にしてくれているのでわかりやすいです。

正直NGデザインでもオシャレだ・・・と思うものもあるなかで、OKデザインを見てみるとさらに上をいくそのオシャレさに驚きます。

OKデザインを数種類提案してくれる

さらにスゴイところは、OKデザインからさらなるバリエーションを提案してくれます。ひとつの題材でここまでオシャレなデザインを作れるなんて・・・ただただ驚くばかりです。

いくつも提案してくれるので、自分のデザインのスキルも自ずと上がる!それほど、お手本のデザインを提案してくれています。本当にどれもオシャレ。

たくさんの題材あり

自分がデザインしたい題材に合うかどうかはとても大切です。カフェのメニューをデザインしたいのに、不動産の広告を参考にすることはないと思います。

↑これはほんの一部。
「けっきょく、よはく」にはたくさんの題材を扱ってくれています。
自分がデザインしたい題材とマッチするものがきっとあるはずです。
それくらい、本当にかなりのバリエーションを用意してくれています。これだけあればあなたの題材に合うデザインに巡り会えること間違いなしです!

オススメのフォントと配色を提案してくれる

これ、とっても嬉しいです!
オシャレなフォントや、好きなフォントもデザインの内容によっては合わないことも出てきます。そんなときはこのオススメのフォントに近いものを使うことで全体の雰囲気をオシャレに保つことができます。
フォント、大事ですよね。

さらに、デザインする内容に合った色味も提案してくれています。迷ったらこの配色を参考にまとめることできっとそのデザインのイメージに近いものにしてくれるはず!

結局は余白なんだな

余白のあるなしの大切さがとても伝わってきます。
伝えたい情報がたくさんある中で、しっかりと取捨選択することの大切さがこの1冊で学べます。

その上で、オシャレなデザイン集としての使い方もできるほど多くの参考デザインが登場します。とにかくオシャレ。この本を手元に置きながらあらためてデザインしてみると、自分が納得して作ったものも違った見え方ができるような気がします。

僕はいろいろなオシャレなものが好きですが、自分で再現できるかと言われるとまだまだ難しいです。
もっと良い配置、配色があるはずと思ってこれからも勉強していきたいなと思わせてくれる本でした。

デザインをする機会がある人、この本、一度手にとってみてください。
きっと得るものがあるんじゃないかと思います。

こちらの記事も人気です!