住宅の1/3が空家に!? 日本の危機はすぐそこ! 【林先生が驚く初耳学! 平成29年11月5日】

TV




 

 

ども、テレビっ子のくんよつです。

 

今日は「林先生が驚く初耳学!」のまとめです。

見逃してしまった方、これを見れば初耳学をがっつり学べます!

 

 

 

日本の危機!? 空き家が1/3になる!?

都市部も田舎も1/3が空き家になる。

にわかに信じられせん。

 

しかし、現在の空き家は、総世帯6063万戸 空き家 820万戸にもなり、その空き家の60%がマンションという実態があります。

すでに13%は空き家なんですね。

これが2033年には1/3が空き家になるということ。

 

空き家が増えると、朽ち果てた建物は非常に危険な存在ですね。

建物自体が壊れたり、放火の対象になりかねません。

 

マンションに関しては、空き家が増えることにより修繕積立金が支払われない分、予想される修繕ができません。

結果的にマンショんの価値がどんどん下がってしまいますね。

 

 

2025年問題

この空き家の問題は将来の危機のほんの一部でしかありません。

国民の3人に1人が65際以上になる未来はすぐそこ、2025年に迫っているのです。

さらに、5人に1人が75歳以上というホント会う人会う人高齢者という未来が近づいているのです。

 

2026には認知症患者が増えている

その数なんと、700万人を超えるという結果が出ています。

もちろん今の状態ですので、認知症にきく薬が開発されることを願うばかりですね。

 

ひのえうま?

丙午 (ひのえうま)に生まれた女性は気性が荒いと言われています。

江戸時代からの言い伝えだそう。

この丙午は次、2026年にきます。

実際に過去の丙午の合計特殊出生率は下がっているので、さらに人口減少に拍車がかかる年であると推測できますね。

 

 

その後にも問題は山積み

2027年には輸血用の血液が不足。

2030年には百貨店や銀行、老人ホームが地方から消えると言われています。

百貨店はすでに続々と撤退している現状がありますので、リアルに進行していきそうですね。

銀行も、大手では人材の縮小が現実的に行われています。

 

2039年に火葬場が不足します。

年間死亡者数167万人 、なんと1日に4000人以上が死ぬ計算となります。

火葬場は簡単に増やせない上に、仮に増やしても人口は減る一方なので、新たに建設する意味合いは少ないです。

 

さらにその先、3000年には日本の人口が2000人まで減るのでは、と言われているようです。

 

今回は大まかな内容で林先生が解説してくれましたが、さらに詳しい内容がこちらの本に書いているようです。

 

[amazonjs asin=”4062884313″ locale=”JP” title=”未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)”]

 

ベストセラーになっているようですので、ぜひ読んでみたいですね。

 

 

LINEの労働環境は?

 

朝食が無料!?

なんと朝食が無料で食べることができるとのこと!

もちろん意味があってのことだと思います。

朝食の重要性を教えてくれているような気がします。

 

 

立ったまま仕事!?

同じ姿勢で集中できるのは90分と言われています。

そこで、LINEでは昇公式のデスクを設置。

定期的にデスクの高さを変えて、集中しやすい環境を作っているのですね。

 

他にもいい設備が

マッサージルームがなんと1時間500円!

ビリヤードやダーツ、ニンテンドースイッチなどすぐリフレッシュできるよう配慮されています。

さらに保育園まで完備されています。

とことん従業員のことを考えた作りになっていますね。

 

これは、従業員がそれぞれしっかり結果を出しているから成り立つ環境ですね。

遊べる環境があっても、あくまでリフレッシュ、仕事に集中するためのツールであると、全員が認識しているからこそできる環境でもあるわけです。

 

それにしてもうらやましい・・・

 

 

問1 既読の機能はなぜ消さないの?

LINEの既読機能は社会問題になることもありますが、決してその機能がなくなることはありませんでした。

なぜ、LINEはそのままにしているのか?

 

 

「既読は災害時に読まれるか確認するため。 安否確認 相手の状況を予測できるから。」

 

 

社会問題になるのに消さないわけ、それは東日本大震災のとき電話が繋がりにくくなったことが理由にあるようです。

東日本大震災をきっかけにインターネットで連絡が取れる手段をと開発されたのがLINEだったわけですね。

 

さらに、既読とつくことによってコミュニケーションが活性化するという狙いもあるみたい。

 

 

 

クックパッド

現在276万品が掲載されており、月6000万人が利用している料理のサイト「クックパッド」。

芸能人でも参加している人は大勢いますが、フォロワー数はなんとあのロバートの馬場さんがダントツで1位!

番組では「火を使わない簡単だし巻き」の作り方を紹介してくれました。

だし巻き卵にクッキングシートを使ったやり方があるなんて・・・

 

ロバート馬場さんの意外な一面にビックリですね。

 

問2 カルボナーラの検索が増える月?

そんな多くの人が利用しているクックパッドで、カルボナーラの検索するのが激増する月があるみたいです。

なぜか他の月の2倍以上にもなる月があるようですが、何月なんでしょうか?

 

それは、

「生クリームが大量に余る2月」

 

なるほど!

バレンタインで生クリームが余るんですね。

それでカルボナーラ!

林先生も不正解でした。

 

問3 アルファベットに書き順?

アルファベットに書き順があることをご存知でしたか?

 

「まず縦棒→ 斜め・横の順」と決められているのです。

 

 

しかし、外国ではアルファベットに書き順はありません。

そう、日本特有のものなんですね。

日本は戦後、教員が少なく英語がわからない先生も教えていました。そこで、誰でも簡単に教えられる書き順を作るよう文部省に要請し、書き順が作られたとのことでした。

なんとも書き順が作られた理由があるなんてビックリですね。

 

 

問4 世界一予約が取れない〇〇

職業当てクイズです。

世界中に出張し、金額は98,667円(税別)となかなかのお値段。

さらに3ヶ月待ちの状況であるということ。

 

 

 

その職業は「エステティシャン」。

 

「手術をしない整形士」と異名があるエステティシャンなんですが、とても気になりますね。

他のエステと何が違うのか?

「連動エステ」と言われるその方法は、全身の小さな歪みで顔が歪んでしまうという考えのよう。

顔に関係のない部分も一緒にケアすることで、顔をビックリするくらい変化させることができる特殊な方法なんですね。

 

 

 

牛耳るの由来は?

ここで中島健人くんから初耳学!

「中国では誓いを立てる時、リーダーが牛の耳を執って血をすすった。」と現代文の先生である林先生はあっさり答えていました。

 

 

問5 昔のお月見は月を直接みていなかった?

昔、天皇は月を見ないでお月見していたようです。

どうやって?

 

「池、盃に映して見ていた」

神よりエライとされていた天皇は、決して見上げてみることはなく、見下ろして見るためにわざわざこのように見ていたんですね。

ややこしいですね。

このために大きい池を作っていたのだとか・・・

 

ナイキのロゴのデザイン料はいくら?

 

ナイキですから、有名なデザイナーを使って作っているのかと思いきや、デザイン学校の生徒に依頼して、35ドルで作ってもらったんだとか。

激安ですね。

その後、大きく成長したナイキはその生徒に会社の株をあげたとといういい話があるみたいです。

 

 

以上、初耳学をお伝えしました。

毎回面白いですね。

 

では。