【電話嫌いな人に朗報】電話かけてくる人間とは仕事をするな!?

LIFE




 

ども、電話が大嫌いなくんよつです。

これ、ホリエモンの「多動力」の1項目の表紙です。

電話をかけてくる人間とは仕事をするな

 

いまだに電話が主な連絡手段?

年配の方達は未だに電話が一番良いと思っています。いや、年配という言葉でくくってはいけないですね。若い人であっても、ある一定の方達は未だに電話が最良の連絡手段だと思っている人はある一定数います。

 

もし緊急の連絡であれば仕方ないと思うかもしれないですが、メールで足りる連絡すらも電話でしてくる。

 

本当に勘弁してほしいです。

 

電話ってコミュニケーションを取るという意味ではとても大切であることは間違いありません。

遠くにいる友達、恋人、家族。電話があることによって少しでも身近に感じることができます。

こういう用途であれば大賛成。

でも、どんな状況、内容であっても常に連絡手段が電話という人は、本当に信用できないです。

相手の都合を考えることができない人かと疑ってしまいます。

 

 

連絡手段はアップデートされた

今、連絡手段は電話以外にも多くの方法で整備されています。電話と同じタイミングでしっかりと通知がきます。

ただのホウレンソウ(報告・連絡・相談)ならメールでもLINEでも、チャットワークだって、問題がないはず。むしろ、相手のことを考えるなら、相手の都合がいいときに確認できる方法で連絡すべきだと思います。

 

いまだに電話派の人たちは、なんで連絡方法をアップデートしないのか?

苦手なのか?

方法がわからないのか?

文字を打つのが遅いのか?

 

どんな理由であれ、その方法の勉強を怠っているとしか思えない。今時調べれば無料で全ての方法が学べる。

 

相手の時間を奪う

電話は昔の流れから考えると最も便利な方法だったに違いないですね。なんせポケットベルという、遅れる文字数が少ない、少し考える必要がある数字の文字列を送っていたのだから。

 

しかし、今は文字数の制限もなく、送れている心配はないに等しい状況です。電話はどうでしょう。いきなりコールするわけだから、相手の都合は正直わからない。出なければ出ないで問題ないわけだけど、相手の都合を気にしながら折り返し電話をかけなければならない。

 

メールしておけば、要件は伝わるのになんて非効率なんだと思わざるをえません。電話だから電話で返さなければ失礼だとか、しなくても良い心配が生まれてくる。そして、電話をしている間は、否応無く相手を拘束してしまいます。

 

それってどうなんでしょう?

 

車の運転中にかかってきたら、一度車を止めて連絡しかえさないといけないわけです。イヤホンマイクを使って電話できるようになって、ある程度手が自由に使えるようになったから良いけど、正直メールであれば、こんな心配しなくて済みます。

今はスマホが普及しているんだから、あえて不便な電話を使って、お互いの時間を消耗する必要性は限りなく少ないです。

どこでも問題なくメール・データの確認ができます。

さらに、「メール送りました」や「今ファックス送りました」みたいな確認の電話はありえないですね。時間の無駄。欲しい人にしてあげれば良い。今時、送れていないかどうかは送った側でわかる場合がほとんど。心配なら、開封通知をすれば良いわけです。

 

内容を残す

 

言葉で伝えたつもりでも、相手に伝わってなかったらどうしますか?

言った言わないの話はうんざりですね。

 

メールだったら確実に内容が残ります。

メールであれば、考えながら情報を伝えることができますので、お互いの認識のズレも減らすことができます。

 

形に残れば見直しも簡単。

お互いのメリットが大きいわけです。

 

やっとLINEを仕事で使うことが許されてきたというところも増えてきたのではないでしょうか?。

でも許されるくらいでは、足りないなと正直感じます。

 

電話以外の連絡手段が「普通」にならなければ、電話派の人が一人自分の周りにいるだけで、いつまでたってもこのストレスは付いて回ります。

 

 

相手との連絡手段の共有

最後に、相手との連絡手段を共有していきましょう。共有できれば、「電話が好きな人はどうぞ好きに電話で連絡を取り合ってくれ」と言えます。

 

今は基本的にはこちらから連絡方法を提案し、相手が日頃使っているものならば同意してくれる。名刺なんかに、可能な連絡手段を入れておいてもらえるとすごく助かります。

 

連絡手段の好き嫌いはあるものの、現実的にお互いのメリットを考えれば自ずと連絡手段は淘汰されていくはず。LINEやチャットワークなども、データのやりとりができ、タスク管理もできたりと本当に便利。

 

まだ電話派だという方、一度試してください。