お参りは自分の決意を確認する時 | 伊勢参りに行ってきました。

LIFE




ここ数年、毎年行っている伊勢神宮。
今年もその季節がやってきました。

験担ぎや神頼みといろいろな見方ができるお参りですが、僕はとても大切に思っていて、自分の想いを再確認することを目的としています。
お参りに行くと3つのことを神様に伝えます。

  • 1年お守りいただいたことへのお礼
  • 1年間で自分にとって最も重要なものに対する決意
  • その決意を見守っていただけるようお願いをする

この決意として伝えるときに、今後の自分の1年について考えるようになります。
もちろん、いくつも決意すべきことはありますが、神様に伝えることは1つに絞ります。
この考える行為が大切だと思っており、なかなか直近1年間について考える機会がないので、このときをその機会としています。

ということで、今年もその決意を胸に、伊勢神宮に行ってきました。
1泊2日で行くこともあれば日帰りのときもありますが、今年は日帰りでのお参りとなりました。
1日のスケジュール感を踏まえてお伝えできたらと思います。

伊良湖からフェリーで

集合は僕の実家がある静岡県焼津市。
そこを4時30分に出発しました。
最近は早起きが日課になっているので、多少早いですがたまには暗いうちに出掛けるのもテンションがあがります。

東名高速道路を西へ進み、浜松西ICで降りて下道へ。

平日ということもあってか、時間が早いからか、全く渋滞することなく無事伊良湖へ到着。
6時40分に到着。
予想より1時間早く到着してしまったので、出発まで大分待つことになりましたが、その間に仮眠をとりました。

快晴でしたが、まだこの時間は寒く、風もけっこう吹いていたので薄着の僕は外で待っていられないくらいでした。
そしてようやく伊勢湾フェリーに乗り込みます。この日は予約なしでも余裕でしたが、基本的には予約が必要だと思われます。車検証が必要になるのでお忘れなく。

8時10分発のフェリーに乗りました。

フェリーに乗っていた時間はおよそ1時間。


待ってる時間なんかを含めると圧倒的に陸路の方が速いですが、運転手への配慮でフェリーを使うことにしました。

今日は同乗者が仕入れた情報、伊勢神宮へお参りに行くときに最もご利益がある流れを実行することになります。

二見興玉神社

最初に行くのは外宮、ではなく、まずは二見興玉神社(ふたみおきたまじんしゃ)へ。
9時20分頃に到着。

ここには夫婦岩があります。
カエルがいたるところにいました。

夫婦岩って僕の印象だともっと大きいものだと思っていたので、実物を始めて見て思いのほかコンパクトで驚きました。

住所:伊勢市二見町江575

伊勢神宮 外宮

そして外宮へ。
10時に着きました。

こちらは普通に参拝します。
いつ来ても、この神聖な雰囲気はいいものですね。

住所:三重県伊勢市豊川町279

伊勢神宮 内宮

外宮から車で15分ほどで到着しました。
今回駐車場は神宮会館という場所を利用しました。
おかげ横丁まですぐのこの駐車場はもし早い時間の到着でない場合にはオススメの駐車場のようです。
最初の2時間で500円と良心的な金額です。

外宮では、普通にお参りを済ませれば良かったですが、内宮は手順があるようです。
順を追って解説します。

五十鈴川御手洗

参道を歩いていくと手水舎がありますが、そこで手を清めるのではなく、五十鈴川(いすずがわ)で清めるのがいいようです。

僕が行ったときにも大勢の人がこちらで手を清めていました。

瀧祭神

最初にここ、瀧祭神(たにまつりのかみ)でお参りが必要みたいです。

ここは、要件を取り次いでくれる神様ということ。
ここでは、お願い事をするのではなく、自分の住所と名前を伝える場所ということです。
五十鈴川からすぐなので、忘れずによっていきましょう。

御正宮

ついにやってきました、御正宮(ごしょうぐう)。

ここでは個人的な願い事はしないのがルールのようです。
よく言われるのが、日頃お守りいただいているお礼をいうというパターンが多いみたいです。

荒祭宮

こちらも御正宮に続いて大切な場所、荒祭宮(あらまつりのみや)。

御正宮の後にはこちらにもお参りします。
で、個人的なお願いはこちらでするのが良いそうです。

宇治橋の擬宝珠

まず、最初に渡る橋、宇治橋は右側通行です。
帰りの通路の最後から2番目の擬宝珠(ぎぼし)のを触って帰りましょう。

最後にお守りとおかげ横丁で赤福を購入しました。赤福はお土産で買って帰りたいですが、賞味期限がとっても短いので、悩んだ末にやめてざるをやなくなることが多いです。なかなか翌日に会える人ばかりではないですよね。


住所:三重県伊勢市宇治館町1

金剛證寺

この金剛證寺(こんごうしょうじ)は伊勢神宮の鬼門に位置します。
その鬼門を守る役目を果たしているのが、この金剛證寺ということで、伊勢神宮に行くならここも行かなきゃ意味がないということ。

伊勢志摩スカイラインという道から行きます。
普通自動車で1,250円かかりました。
けっこうな山道を登っていきます。
12時15分くらいに到着。

中に入ると、とっても雰囲気のあるお寺でした。

牛と虎の像があるので、そこを皆さん触っていたので、僕も触ってきました。

住所:三重県伊勢市朝熊町岳548

食事

最後は最高級のすき焼きをということで、松阪市まで足を運び和田金へ!
金剛證寺からはおよそ、1時間ほどで到着。

これはもう僕が知ってるすき焼きではありませんでした。


もう夢中で写真を撮り忘れてますが、牛肉のひつまぶしも絶品。

全て仲居さんがやってくれますし、個室で楽しめるので本当に特別な時間を過ごしました。

和田金
住所:三重県松阪市中町1878番地
電話番号:0598-21-1188
営業時間:11:30~20:00
定休日:毎月第4火曜日

お参りは決意の具体化

同じような境遇の人は少ないかもしれませんが、もし直近で行こうと思っている方がいれば参考にしてみてください。

行く場所・順番に大きな差はないと思っていて、要は自分の気の持ちようが大切だという考えです。
僕の目的である決意の表明はコースによって影響があるものではありません。しかし、より、良いと思えるものがあれば、それを実行したいと思うのが人情だと思います。
今回のコースも誰かの正解であってあなたの正解とは限りません。自分の納得のいくものを選んでください。

僕個人の目的はあくまでも決意を表明することで得られる具体化です。
もし、お参りに行くことがあってなんとなくお願いしてしまっているとしたら、一度これからの1年についてよく考える機会として考えてみてはいかかですか?

こちらの記事も人気です!