iPhoneのコピペをストレス0に!【Copied】使い方解説

iPhone




iPadにできてiPhoneにできないこと、それはアプリを同時に2つ使えるかどうか。この部分がとても大きいと感じています。

iPadはスピリットビューにより、アプリ間の情報の共有がとてもスムーズでめちゃくちゃ便利・・・
ただ、iPhoneの画面ではそれは難しいのかな。いや、iPhoneXS Maxならできるはず。

とはいえ、現状でアプリを2つ同時には開けないのでそのストレスを少しでも解消するアプリを今回ご紹介します。

例えば、サイトの言葉を引用したいとき、それが複数あったら今まではコピペするの大変でしたよね?
1ヶ所コピーして一度貼り付けて、またもとのサイト行ってコピーして、また貼り付けて・・・
これを延々と繰り返す必要がありました。それがコピーのときにひと手間加えるだけで簡単に一度にたくさんコピーをキープすることが可能になりました。

それがこのアプリ。

Copied
Copied
開発元:Kevin Chang
無料
posted withアプリーチ

まずは、それぞれの素材のコピー方法をご紹介し、それをペーストする方法をまとめてご紹介します。

文章をコピー

引用など、そのまま貼り付けたいときに文章をコピーしておきたいですよね。このアプリなら複数ヶ所コピペしたところがあったとしても、ストレスなく作業することが可能です。


まずはコピーしたい部分を範囲選択してください。
そして出てきた選択肢の中の「共有」を選択してください。

  

ここでひとつ下準備です。
現れた画面の1番右のその他をタップしてください。


その中に「Save to Copied」と「Save Clipper」があるので、オンにしてください。


これで「Save to Copied」が表示されるのでタップしてください。
これでCopiedの中にコピーされました。

サイトをコピー

続いてサイトのURLをコピーする方法です。

ブログをやっているとリンクを貼り付けたいというときがけっこうあります。また、複数のサイトを友達に紹介したいからたくさんコピーしたいというときもありますよね。そんな時もこのアプリが便利。
リンクしたいサイトをとりあえずこのCopiedにコピーしておけば、あとは簡単にペーストできます。


まずはURLが必要なサイトの下にあるアクションボタンをタップしてください。


今回は「Copeid Clipper」をタップしてください。


タイトルを決めて1番したの「Copy and Save」をタップしてください。


基本的にタイトル部分をタップすると記事のタイトルになります。見分けがつきやすいようにタイトルを決めておきましょう。
これだけでURLをコピーして溜めておくことができています。

写真もコピー

資料を作成するときは写真をコピーして貼り付けたいということもありますよね。写真もこのCopiedはコピーが可能ですのでたくさんコピーしておきましょう。

例えば、写真アプリからコピーしておきたい写真を選びます。

同様にアクションボタンから、今度は「Save to Copied」をタップ。これで写真もコピーできました。
どれも簡単です。

ここで、3種類のデータが全部コピーできているかCopiedをひらいて確認してみましょう。


はい、しっかり3つともコピーできています。
ではいよいよ貼り付け手順に移ります。

ペーストはこの方法

Copiedは一度アプリ内にコピーしておいて、そこからそれぞれを再度コピーして貼り付けるというイメージです。なので、多少のアプリ間の移動が必要となります。

iPhoneXやiPhoneXSはとても簡単にこのアプリ間の移動ができます。。画面の1番したをスライドさせることで簡単にアプリを切り替えることが可能ですので、この方法がとても便利です。
それ以前の端末はホームボタンの2度押しが必要ですので、若干時間がかかりますが、単純にコピペすることを考えると圧倒的に簡単です。


目的のデータ部分を右にスライドさせてください。これですでにコピーができています!この動作でコピーできてしまうのでスゴイ!


ペーストするとこんな感じです。簡単にできてしまいました。


全て無事ペーストすることができました。

動作をGIFにしたのでごらんください。

これスゴイですよね!?
こんな簡単にジャンジャン貼り付けることができます。

Excelは?

わたしはエクセルもiPhoneで作成することが多いのでけっこうほかのデータを新しいエクセルデータに貼り付けたいということもあります。
実際にできるのか実践してみました。

まずはかなりテキトーですが、エクセルに入力してみました。


これをしっかりコピペできるか確認です。


エクセルで範囲指定しました。「共有」の文字がありませんでしたので、普通にコピーをタップ。

次にCopiedを開くと、

こんな感じでしっかりとコピーすることができました。


中を見てみるとこんな風にコピーのデータが残っているという確認がきます。


では先ほどと同様にスライドしてコピーします。
新しいシートにこれをペーストしてみます。


しっかりとペーストできました。
シートに入力してあるデータは問題ありません。
では、ほかのデータはどうか。

このテキトーな数字でグラフを作ってみました。

こんな感じでテキトーなグラフが完成です。

こちらもコピーするんですが、

やはり、「共有」の文字は表示されないので「コピー」をタップしてCopiedを開きます。


こんな感じにCopiedには保存されました。ほぼエクセルの見た目と同じですね。これはスゴイ。


では、このグラフのデータをスライドさせてコピーし、新しいシートに貼り付けてみます。


こちらも全く問題なく貼り付けることができました。

エクセルデータも問題なくコピペできそうです。
エクセルが大丈夫ならワードはもちろん、NumbersやPagesもコピペできてしまいそうですね。

これはスゴイ汎用性です。

Copiedは万能なクリップボード

iPhoneひとつでいろいろなデータを作成しようと思うと、どうしても必要になるコピペ。

このCopiedを使うことで、かなり広い範囲でコピペすることができそうです。

ただ、操作性については慣れが必要になりますので、まずはいろいろな形でCopiedを試してみてほしいです。慣れたころには、iPhoneでなんでもできる素晴らしい環境ができあがっているかもしれません。
ちなみに無料で基本的に使えますが、コピーを残しておける数に制限があるようなので、注意してください。

では。

【iPhone・iPadでoffice】エクセルとワードは十分作成できる!

2018.10.29

こちらの記事も人気です!