【 iPhoneでZIPファイルを解凍・圧縮 】「ファイル」アプリで簡単にできる!+オススメの3アプリ

Apple




ども、KUNYOTSU logを運営しています、くんよつです。

iPhoneを仕事で使おうと思うと、どうしても必要になるのがZipファイルの解凍と作成です。

 

ただ、iOS13にアップデートしたiPhoneなら簡単に解凍も圧縮もできてしまいます

 

今回はその方法の解説と、iOS13より昔のiOSを使っている人にオススメのアプリを3つご紹介します。

「ファイル」アプリを使った解凍・作成方法

まずは、「ファイル」を使った方法です。

もっとも簡単に使えるので1番オススメできる方法ですが、iOS13にアップデートしている必要があります。

もし、ご覧いただいて、この方法が簡単だと思えばすぐにでもiOS13のインストールをオススメします。

まずは、Zipファイルへ圧縮(作成)方法を解説します。

「ファイル」アプリで圧縮

まずは、「ファイル」アプリ内にフォルダを作って、その中に圧縮したいデータを入れてください。

もし、これから作成する場合は、左上の・・・から、新規フォルダを作成してください。

で、圧縮したいフォルダを長押ししてください。メニューが表示されます。
その1番下に「圧縮」とありますので、ここをタップしてください。

簡単にzipファイルが完成しました。

「ファイル」アプリで解凍

次は解凍です。

こちらはもっと簡単です。

圧縮したいzipファイルを「ファイル」アプリに入れて、zipファイルをタップするだけ

先ほど作ったzipファイルで確認してみます。

このzipファイルをタップすると・・・

簡単に解凍されたフォルダが登場しました!

もう、他のアプリは不要です!

iPhoneでZipファイルの解凍・圧縮にオススメのアプリ

もし、iOS13より昔のiOSのiPhoneでZipファイルを解凍・圧縮するなら次の3つをオススメします。

  • Documents
  • Easy zip
  • iZip

今回は写真とExcelファイルをZIPに入れて試してみました。
あたらめて確認事項は3つです。
・展開
・圧縮
・利便性

設定としては、メールに添付されているZIPファイルの中身を確認するということ、ファイルを圧縮しZIPファイルを作成することです。
どのアプリを使ったらいいか参考にしてみてください。

Documents by Readdle
Documents by Readdle
開発元:Readdle Inc.
無料
posted withアプリーチ
Easy zip - zip/rar解凍・zip圧縮アプリ
Easy zip – zip/rar解凍・zip圧縮アプリ
開発元:WEBDIA INC.
無料
posted withアプリーチ
iZip –Zip圧縮、Zip解凍、Rar解凍のためのツール
iZip –Zip圧縮、Zip解凍、Rar解凍のためのツール
開発元:ComcSoft Corporation
無料
posted withアプリーチ

 

iPad × Zip | iPadでZIPファイルを解凍・作成は「ファイル」で簡単にできる

2019.09.05

zipファイルの解凍

Documents

では最初はDocumentsから。
メールにzipファイルが添付されています。

ファイルをタップし、左下のアクションボタンをタップし、Documentsアプリで開きます。


すぐに「保存しました」という内容が表示されます。


実際にアプリ内にzipファイルを見つけました。
タップしてください。


なんと自動的にzipファイルを展開してくれました。


中を確認するとしっかりとファイルが入っています。
しっかりと使えるファイルか確認します。
Excelファイルの方を試してみます。
3点の部分をタップ。


共有があるので、Excelアプリで開いてみます。


しっかりと編集できる形でファイルを見ることができました。


使い勝手は全く問題ありません。

Easy zip

続きましてEasy zip。


添付されているzipファイルを先ほどと同様の手順でEasy zipで開きます。


アプリ内にzipファイルが保存されました。

そのファイルをタップすると、


こちらは解凍するかの確認が現れました。


解凍すると展開したファイルが別で現れました。


中身もしっかり入っています。
ではこちらもしっかりと使えるファイルか念のため確認します。
Excelアプリで開きます。



こちらも正常に編集できる状態で受け取ることができました。問題ありません。

iZip

さあ、最後にiZipです。


同様にメールのzipファイルをiZipのアプリから開きます。


こちらも正常にアプリ内に保存されました。


そしてこちらは取り込むときに展開するか確認があります。


展開したファイルを確認します。しっかりとファイルがアプリ内に保存されています。


こちらのExcelファイルも念のため確認いたします。
「share」をタップしExcelを選びます。



こちらも問題ありません。

どのアプリも正常にzipファイルの中身を確認することができました。

zipファイルの圧縮

続きまして「圧縮」の手順の確認です。

Documents

今回はiCloud内のファイルを圧縮します。
アプリのトップにiCloudがありますので、タップします。



Zipしたいファイルを選びます。
zipするファイルはフォルダの状態ではなく、ファイルの状態で選ぶ必要があります。


選びたいファイルを確認できたら、右上の「選択」をタップ。


選択したらDocumentsへ共有します。
わたしが行ったときは、ひとつずつしかファイルを共有できませんでした。


この形でzipファイルにしたいデータがアプリのトップに表示されます。


右上の編集をタップしてください。


ファイルを選択できるようになりますので、圧縮したいファイルを選びます。


選んだら右下のその他をタップしてください。


ここに「zip圧縮」があります。


タップすると無事zipファイルができあがりました。

Easy zip

続きましてEasy zipです。
ICloudからファイルを選択し、Easy zipアプリで開くところまでは共通です。


圧縮したいファイルがアプリ内に入ったことを確認。


右上の3点をタップしてください。


メニューが現れますので、全選択をタップ。


赤くチェックが入っているのを確認し、右上のアクションボタンをタップしてください。


ここで圧縮を選べますので、選択。


zipファイルができあがりました。

iZip

最後にiZipです。
こちらは、「ファイル」からではなく、iZipのアプリから圧縮したいファイルを選ぶ必要があります。


この「Document Browser」が「ファイル」にあたりますので、ここをタップし圧縮したいファイルを選択してください。


するとアプリ内の「Files」にデータが入ります。



圧縮したいファイルを全て選び、下のメニューの「Zip」をタップ。


すると、zipファイルが完成します。

ぜひiOS13にアップデートを!

使ってみた感触ですが、どれも問題なく使え支障も全くありませんでした。
Documentsは機能が豊富ですので、ひとつのアプリでほかのこともやりたいという方はオススメできます。しかし、シンプルにzipファイルの展開圧縮で十分であるなら、Easy zipかiZipが良いです。
ただ、iZipに関しては英語での表記になっている点と、有料への誘導がしつこかったので、Easy zipを推薦しておきます。

ただ、やっぱりオススメは「ファイル」を使った方法です。

iOS13にアップデートすることで使えるようになるので、まだアップデートしていない人は早めにインストールすることをオススメします。

では。

iPhoneXS MaxでiPad・パソコンは不要になるか

2018.10.03

こちらの記事も人気です!