【iPhone開封】わたしが選んだのはiPhone XS Max

Apple




9月21日に発売になったiPhone XS、iPhone XS Max 。
発売日当日にわたしのところにも無事届きました。
今回はなぜXS Maxを選んだかという部分を踏まえて、iPhoneの開封を記録として残しておきます。

ちなみに、今まではiPhone7 Plusを使用していました。

 

まずは開けてみたところをここでご紹介したいと思います。

開      封


外箱はあの惑星のような壁紙のiPhoneです。
初のベゼルレスにワクワクがとまりません。


ちなみに、今回購入したのは256GB。
今回の展開が64、256、512なので選びにくいところですが、無難に真ん中をチョイス。
512GB選ぶ人はどんな使い方をするんでしょうか?

では開封します!


1番上に説明書。
それをどかすとiPhoneが顔を出します。
まだフィルムが付いている状態です。

先に付属品の確認から。


説明書の中にはいつものステッカーも。
いままで一度も使ったことないけど、使ってる人見たことないな。

あとはいつも通り、EarPodsと充電ケーブル、アダプターです。

ではいよいよ、本体のフィルムをはがします!


いやぁ、美しい。
ベゼルがないから、全面真っ黒です。


スピーカー部分の穴の数が違いますね。
そういえばどこかでスピーカーとマイクの性能を見たような。


これがウワサのノッチですね。
今は電源を入れてないのでまだ目立ちませんが、Xのときはあまり評判良くなかった印象。


7の背面はアルミでしたが、X・8からはがらすになりました。
今回も同様です。
より一層、iPhoneに気を遣いそうです、、、


そして、この曲線部分。
綺麗ですね。

あ、買ったのはゴールドです。
上品な色味で、背面はゴールドというよりピンク?に近いような。
これをケースで隠すのはもったいない。


気になるカメラの出っ張り。
すごいでてます。
ケースを付ければ気にならなくなりそうだけど、なんとか本体に組み込めないんでしょうか。

 

iPhoneXS Maxの最初のケースはキミに決めた!美しいゴールドを妨げないクリアケース

2018.09.24

 

比 較


最後に7Plusと比べてみました。
本体のサイズは同じくらい。
液晶の大きさの違いにビックリですね。


厚みは若干XS Maxのほうが厚いですね。
今まで7Plusで慣れてきたので、大きさにはあまり抵抗がないと思ったんですが、これから使い始めて思うことはあるかもしれません。

 

XS Maxを選んだ理由

わたしが今回XS Maxを選んだ理由は画面が大きい方が純粋にできることが増えるからです。

今回のiPhone XS の性能は、あのMacBook Proに匹敵するとの情報がありますので、その性能については申し分ありません。
その上で液晶が少しでも大きければやりたいと思うことが増えるはず。

今までiPadで作業していたことがiPhoneでできる可能性がでてきます。
これは効果として大きくて、やはり機動力はiPhoneの方が圧倒的なのでiPhoneでできることが増えるということは、場所を選ばず作業ができることが増えるということ。

仕事でもプライベートでもフル活用の私にとってはXS Maxの一択で迷う余地はありませんでした。

ということで、開封から選んだ理由までまとめました。

現物を見てから決めるよとか、今悩んでいるという人の参考にしていただけたら嬉しいです。

こちらの記事も人気です!