iPhoneの読み上げ機能が便利!【スピーチ】機能知ってる?

Apple




ども、くんよつです。

 

iPhoneの機能で、「スピーチ」というものは知っていますか?

iPhoneが画面中の文字を読み上げてくれる機能があるんです。

 

  • iPhoneでたくさん文章を読む
  • 手を離せないけど書いてあることが知りたい
  • 運転中に内容を把握したい

 

などなど、とてもオススメの設定ですので、ぜひ試してみてください。

 

「スピーチ」でできること

まずはどんなことができるかをお伝えいたします。

基本的なできることは、「画面に表示されている文字を読み上げる」ことです。

 

こんなとき便利

  • 送られてきたメール
  • インターネットでブログを読む
  • 「ファイル」アプリにいれてある、PDFやエクセル、ワードの資料
  • kindleアプリにはいっている本

 

まさかキンドルまで読み上げてくれるなんて思いませんでした。

オーディオブックほどでは当然ありませんが、ある程度スムーズに読んでくれるので、大きな支障はないと思います。

では早速設定方法と使い方をご説明いたします。

 

設定方法

iPhoneの「設定」アプリから「一般」をタップ。

「アクセシビリティ」をタップすると、そこに「スピーチ」があります。

「スピーチ」の中はこんな感じ。

 

次の3つをオンにしてください。

  • 「選択項目の読み上げ」
  • 「画面の読み上げ」
  • 「内容を強調表示」

 

「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「スピーチ」→設定をオン

 

次の項目でそれぞれについてご説明いたします。

 

使い方

 

まず一つ目の項目の「選択項目の読み上げ」ですが、文字をハイライトした時に読み上げの選択肢が追加されます。

 

 

 

こちらは私はほとんど使わないのですが、ピンポイントで読み上げて欲しいという時には必要なものとなります。

 

2つ目の項目の「画面の読み上げ」ですが、こちらが今回はメインの内容です。

読みたい文章のページを開いて、「画面上部から2本指で下にスワイプ」してください。

こんな画面が出てきていたら問題ありません。

 

 

とっても簡単ですね。

上の画面が出ていれば、すでに読み上げが始まっていることと思います。

今出ているものがコントローラーで、少し時間が経つと小さくなります。

 

 

「内容強調」については、読みあげている部分をハイライトして追ってきてくれます。

画面上でどこを読みあげているかわかるので、オンにしてあった方が良いです。

 

 

「声」については変更が可能です。

と言っても、それほど多くはありませんが、選べるのは良いですね。

 

 

私は、「Kyoko」さんの声を設定しました。

お好きな声を選んでください。

 

「カメとウサギ」はわかりやすく、読み上げるスピードです。

かなり早口に設定することができます。

これは読みあげている時にのコントローラーでも変更可能です。

 

 

メール

 

 

メールを読み上げることができますので、読んで欲しいメールを開いてスワイプすれば、すぐに読み上げてくれます。

他にもLINEのやり取りも読んでくれます。

 

 

ネットのページ

ネットのページも長文であれば読みあげてもらった方が良い時もありますね。

そんなときは、Safariから見たいページを開いて、

 

 

左上の横線4本の部分をタッチしていただければ簡易ページの表示になります。

余計なものがなくなりますので、読み上げもスムーズに進みます。

 

こちらのページはちきりんさんのページです。

よく拝見させていただいていますが、歩いているときなんかは読みあげてくれる方が安全で便利です。

 

手放しで楽しむ

使い方と設定方法の解説は以上です。

iPhone は意外と知らない機能なんかもあったりしますので、ずっと使っていても新しい発見があります。

もう少し、読み上げる文章の感覚であったり、抑揚であったりが改善されれば、より聞きやすくなりますね。

 

これで手放しでも、たくさんの情報を楽しむことができますね。

では。