iPhoneがどんどん個人情報の塊に!Appleのプライバシーに対する考え方とは?

Apple




何か登録すれば変なメールくるし、メッセージでも迷惑メールくるからもう電話番号もどこかから漏洩してしまってるんだろうなぁっと思ってしまいます。

情報漏洩にも慣れてしまいそうな昨今ですが、みなさんはどうですか?

かなり大きい企業でも情報漏洩のニュースってでてきますよね。やっぱり情報を守ることってそうとう難しいのかと思ってしまいますが、最善を尽くしてほしいところ。

今やスマホは最も個人情報を抱えるモノになってしまったわけですから、安心して使いたいというのは誰もが思うことだと思います。特にこれから〇〇PAYをiPhoneで使っていく場合、銀行とアプリを結びつけるので、やっぱり心配する人も多いんじゃないでしょうか?

最近では、ネット上における個人情報のハードルが下がってきてしまっているように感じます。SNSを実名で更新、YOUTUBEは顔出し、何かアプリをダウンロードすれば登録必須。

少なからず5年前と比べて圧倒的に情報提供のハードルは下がっていると感じます。

いやいや、でもiPhoneの中身の個人情報の密度は濃くなるばかり。
ただ、Appleは今使ってるiPhone、本当に安心できる?の疑問にしっかりと応えていました。

「プライバシー。これが iPhone。」

「Appleは、プライバシーは基本的人権であると信じています。」から始まるこのページはプライバシーを守るためにどんな対策がとられているかが記載されています。

例えば、パスコード。Touch IDやFace IDは本当に他の人では開けることができません。

個人情報は企業が最も欲しい情報ではありますが、その目的でiPhoneは情報収集することはないと断言しています。

普通にクレジットカードを出して支払えばスキミングの危険性がありますが、Apple Payならその心配はまったくありません。

そして、サードパーティ製のアプリもAppleの厳しい基準で審査したものなので安心して使えるものになっています。

さらにAppleは動画でもプライバシーに関するものを作っています。

個人の情報はうまく使えば、その人に最適な提案ができる素晴らしいものになります。例えばSiriは1日の行動を把握してApple Watchを通じて次にしそうな行動を提案してくれたりします。
とてもすごいことだと思いますし、個人的にはどんどん便利になるなら加速していってほしい。でも、そんな人とは別に、そういったことに対して嫌悪感をいただいている人も少なからずいて、どこまで配慮が必要かが本当に問われていると思います。

僕も情報を発信している側である以上、配慮が必要なこともありますが、同時に自分の個人情報も守っていかなければなりません。個人情報は自分で守れる部分とそうでない部分がありますので、そういった意味ではAppleがこれほどはっきりとプライバシーに関して言及してくれるのは嬉しいことですね。

こちらの記事も人気です!