iPhoneでPDFを編集する方法【オススメ2選】マークアップとAdobe Acrobat Reader

Apple




メールで送られてきたPDF。
iPhoneで確認したら修正しなかればならない点が・・・

でも、すぐに編集をお願いしたい!

そんなときは、お手持ちのiPhoneさえあれば、望みが叶えられます。

iPhoneでPDF編集

iPhoneでPDFを編集するときには、次の2つの方法をオススメします。

  1. マークアップ
  2. Adobe Acrobat Reader

この2つの使い方を知っていれば、PDFの編集で困ることはありません。
では早速それぞれの使い方を確認してみましょう。

iPhoneのマークアップで編集

iPhoneはマークアップという機能が備わっています。
この方法を使えば簡単にメールに送られてきたPDFを編集することが可能です。

メールに添付されているPDFをタップしてください。

右上のペンのマークをタップ。

すると下にいろいろなツールが登場します。

マークアップの編集は2つ方法があります。

  • 手書き
  • 挿入

マークアップで手書き

では、まずは手書きから。
ここでペン・マーカー・エンピツから選べます。

ペンはタップすると、太さと濃さが選べるので、好みのものを選んでください。

手書きなのでこんなレベルの文字になってしまいますが、伝わると思います。
もしスタイラスペンを持っている人がいれば、書きやすいかもしれません。
あぁ、iPhoneでApple Pencilが使えたら・・・

そして色も細かく選べるので、背景と比べて目立つ色も選択しやすいです。

マークアップで挿入

右下の+マークをタップしてください。

  • テキスト
  • 署名
  • 拡大鏡
  • 図形

から選ぶことができます。

こんな感じで枠で囲んだり、テキストを挿入できたりするので、手書きだとうまくかけないiPhoneだとこの方法が便利かもしれません。

マークアップのメリット

マークアップのメリットは送られてきたPDFをそのまま編集して、すぐに相手に送り返すことができる点です。
左上の「完了」をタップすると、返信するか新規で送るかを選べます。

これはiPhoneで外出先でも返信できるというメリット以上に、パソコンでやるより圧倒的にiPhoneでやった方が速いと感じるにで、もはやパソコン以上の使い勝手です。

Adobe Acrobat Readerで編集

次にAdobeのアプリを使っての編集方法です。
PDFといえばAdobe。間違いないアプリです。

まずは送られてきたPDFをタップしてください。


左下のアクションボタンをタップしてください。

「Acrobatにコピー」を選択してください。

Acrobatはこんな画面です。
右下のペンマークをタップ。

2つ編集のタイプを選べます。

まずは「入力と署名」から。
ツールはこんな感じです。

絵の通りのものがPDFに挿入できます。
イメージはこんな感じです。

こちらはPDFでもテキストが画像になってしまっているときに使う方です。

「注釈」はテキストが認識できる場合です。


マーカーや文字に線、アンダーラインなど、入れることができます。

ツールをタップしてから編集したい部分をタッチすると拡大され、ハイライトされます。

しっかりとマーカーされていました。

ほかにも、こんな感じで編集できます。


文字に線を引いたり、下線を引いたりなど、テキストを認識するからこその便利な使い方があるので、そういう面ではとてもべんりです。
このテキストの認識は画像のスクリーンショットではしてくれませんでした。

もちろんテキストの挿入と手書きもできます。

好みとデータで選ぶ

今回の方法では差がつく点はテキストの認識があるかないかだと思います。
Adobeはテキスト認識があるので、テキストの修正が主であればAdobeがです。

ただスピード感でいえば、やはりマークアップの方が速いので一度両方を使ってみていただいたほうが、使い勝手がわかって好みがわかれるかもしれません。

iPhoneでPDFを確認して保存する方法

2018.11.18

iPhoneでPDFをメールに添付して送信する方法

2018.11.18

こちらの記事も人気です