iPhoneのパスワード自動入力で時間を大幅節約する方法

iPhone




ども、KUNYOTSU logを運営しています、くんよつです。

 

いろんなサイトでログインするときに必要なパスワード管理ってどうしてますか?

今は登録が必要なサイトが多いので、どうしてもアカウントとパスワードが増えてしまいますね。

同じだったら忘れなくていいんですが、アカウントとパスワードがどこのサイトも同じだと、流出してしまったとき大変なことになります。

 

だから本当に一番安心なのは同じものをなるべく使わないこと。

 

でも、いちいちメモを見て調べてからサイトに打ち込むのって、めちゃめちゃ手間じゃないですか?

その手間、iPhoneなら簡単にはぶくことができます。

 

パスワードの管理はiPhoneに【初期設定方法】

最初の1回だけパスワードを入力が必要となります。

そのときに、アカウントとパスワードを記憶するかどうかを尋ねれます。

記憶することで、次回のログインの時にスムーズに入ることができます。

まずは記憶したパスワードを自動入力する設定が必要になります。

「設定」アプリ→「パスワードとアカウント」→「パスワードの自動入力」をオン

このパスワードを自動入力をオンにしてください。

 

1番最初のパスワード登録時にこんな確認が出ます。
ここで、パスワードを保存をタップしてください。

これで、これからは自動的にパスワードを入力してくれるようになります。

iPhoneから強力なパスワードの提案?!

アカウント登録のときに推奨されたパスワードをiPhoneが提案してくれます。

もう推察できないような複雑な文字列なので、絶対に知られたくないというときにはこの提案である強力なパスワードを使用をタップしてください。

ただし、自分で手入力するのはかなり大変なのでそのことを承知の上で選んでください。

では、実際にパスワード入力画面を見てみましょう。

パスワードを入力するケースはアプリやSafariを使っているときにあります。

それぞれのケースを解説していきます。

アプリでのパスワード入力の表示

まずはアプリにログインしたい場合です。

最初は1度アカウントとパスワードを入力しておき、記憶させておく必要があります。

こういった感じでメールアドレスとパスワードを入力するケースが一般的ですね。

このメールの入力部分をタップすると、キーボードの上の方にアカウント名が登場します。

ここにログインしたいアカウント名が登場していればそれをタップします。

もし、ここに表示されていなければ、右側に表示されているカギのマークをタップしてください。

ここをタップすると、使っているアプリで登録していると思われるアカウントがすべて表示されます。

もし、この中に使いたいアカウントの表示がなければ、パスワードの登録ができていないことになります。

そのときはあらためてパスワードを入力して記憶させてください。

Safariでパスワード自動入力

今度はSafariからパスワードを自動入力する場合です。

といっても、アプリのときと同じです。

同様にキーボードの上に表示されています。

ここをタップするか、カギのマークをタップして登録アカウントを確認してください。

これでいちいち入力する手間が省けますね。

アプリで登録したものも、そのままSafariでも使えるので安心してください。

Safari設定方法

Safariでも使う場合には設定が必要になります。

「設定」アプリ→Safari→自動入力→ユーザー名とパスワード

ここをオンにしてください。

これでSafariでもパスワードの自動入力が可能です。

パスワード登録アカウント確認方法

登録してあるアカウントを確認する方法です。

もし必要がなければ登録を削除するのもいいかもしれません。

「設定」アプリ→アカウントとパスワード→AppとWebのパスワード

 

とても大切な情報ですので、Touch ID、Face IDもしくはパスコードが求められます。

こんな感じで、登録してあるサイトの一覧を確認することができます。

パスワード見せてとSiriに頼む

Siriに「パスワード見せて」と頼むこともできます。

同様の画面をパッと見せてくれます。

もちろん、Touch ID、Face IDの確認があるので安心してください。

ここで編集も可能です。

ここで、パスワードはしっかりと確認できるので、実際にパスワードに何を使っているか確認したいときも安心です。

また、右上の+のところからサイトとパスワードの登録もできるので、まとめて登録したいときなんかはここから登録をオススメします。

⚠️に注意!

このパスワードの画面で⚠️が出ているものがあるかもしれません。

これは、同じパスワードを複数のサイトで使っているときに表示されます。

 

どこからパスワードが流出があるかわかりません。

可能ならすべて違うものを使いたいですね。

 

iPhoneで電話中に保留する方法

2018.07.13

iPhoneの充電を最も速くする方法!1分1秒でも速く1%でも多く充電を増やしたい!

2018.06.16

おわりに

パスワード管理は任せてしまうのが一番です。

とても簡単ですので、入力の手間が省けて時間の大幅な節約となりますので、本当にオススメです。

 

ただ、その分心配も増えると思います。

パスワードでデジタルに任せる部分は入力のみで、実際にアカウントとパスワードを管理するのはアナログ的な方法が一番安心であると思います。

例えば、紙に書いたり、データで打ち込んで印刷しておいたりすることで、データが全て見れなくなった時でも対応できるようにする工夫が必要ですね。

デジタルに頼りっきりになり、いざという時困るより、自分でも管理することによって、しっかりとリスクヘッジしましょう。

では。

こちらの記事も人気です