パスワードの管理はiPhone・iPadにお任せ!自動入力で時間の大幅節約

Apple




サイトのパスワードの管理、どうしてます?

今は登録が必要なサイトが多いので、どうしてもアカウントとパスワードが増えてしまいますね。

同じだったら忘れなくていいんだけど、アカウントとパスワードがどこのサイトも同じだと、流出してしまったとき大変なことになります。

 

だから本当に一番安心なのは同じものをなるべく使わないこと。

 

でも、いちいち調べてからサイトに打ち込むのって、めちゃめちゃ手間じゃないです?

 

パスワードの管理はiPhone・iPadに任せる

そんな手間、iPhone・iPadに任せてしまいましょう!

最初の一度は、パスワードを入力が必要となります。

そのときに、アカウントとパスワードを記憶するかどうかを尋ねられます。

記憶することで、次回のログインの時にスムーズに入ることができます。

実際に画面を見てみましょう。

 

アプリの表示

はてなブックマークのアプリにログインしたい場合です。

最初は1度アカウントとパスワードを入力しておく必要があります。

次回ログインしたい場合はこんな感じです。

キーボードの上の方に、アカウントの情報が出てきます。

わたしは、はてなで3つアカウントを持っています。

その2つが表示されていることになります。

表示されていない場合はカギのマークの部分をタップしてください。

他のアカウントの一覧が表示されます。

この中になければ、パスワードの登録がないことになります。

 

Safariの表示

また、Safariから開く時にはこんな感じになります。

同様にキーボードの上に表示されています。

これでいちいち入力する手間が省けますね。

Safari設定方法

設定→Safari→自動入力→ユーザー名とパスワード

ここをオンにしてください。

 

登録アカウント確認方法

登録してあるアカウントを確認する方法です。

設定→アカウントとパスワード→AppとWebのパスワード

 

とても大切な情報ですので、Touch IDもしくはパスコードが求められます。

 

こんな感じで、登録してあるサイトの一覧を確認することができます。

ここで編集も可能です。

 

おわりに

パスワード管理は任せてしまうのが一番です。

とても簡単ですので、入力の手間が省けて時間の大幅な節約となりますので、本当にオススメです。

 

ただ、その分心配も増えると思います。

パスワードでデジタルに任せる部分は入力のみで、実際にアカウントとパスワードを管理するのはアナログ的な方法が一番安心であると思います。

例えば、髪に書いたり、データで打ち込んで印刷しておいたりすることで、データが全て見れなくなった時でも対応できるようにする工夫が必要ですね。

デジタルに頼りっきりになり、いざという時困るより、自分でも管理することによって、しっかりとリスクヘッジしましょう。

では。