【iPhone】Night Shiftを朝晩活用【ブルーライトを上手く使う】

Apple




Night Shiftみなさん設定していますか?

 

寝る直前まで、iPhoneをいじっている人ってたくさんいると思います。

むしろ寝る直前だからいろいろ調べたくなったり、見なくなったりするもの。

意外と時間がたっていて、全然眠れないという経験をされた方も多いと思います。

 

それは、面白いブログを発見してしまったときか、iPhoneの画面から発せられるブルーライトが影響しているかもしれません。

 

そもそもブルーライトって?

正直わたしも詳しくは知らなかったので、これを期に調べてみました!

 

仕事で使うパソコンや、いつも見ているスマートフォンからもブルーライトが発せられています。

光の中では紫外線の次に強いらしい・・・

目への負担は大きく、太陽光にも含まれる光ということ。

だから、夜にブルーライトをたくさん浴びてしまうと、体内時計が狂って、睡眠障害の原因になるようですね。

また眼精疲労や眼疾患を引き起こしやすくなるようです。

 

参考サイト:http://www.meganehompo.co.jp/glasses/blue_light/

 

大切なことは、

  • 夜ブルーライトを浴びない
  • 長時間見続けない

ということですね。

そう考えると、Night Shiftの設定は必須項目。

夜寝る直前までiPhoneをイジリ、Night Shift設定してない人で、寝起きが悪い人は、これで解消できるかも!?

 

設定方法

設定は簡単。

設定

設定→画面表示と明るさ→Night Shift

 

 

 

時間指定を利用することで、勝手にNight Shiftモードに切り替えてくれます。

寝る2時間前くらいから設定しておくことが理想です。

 

いつもより早く寝るときには「手動で明日まで有効にする」をお使いください。

また、Night Shiftモードの時の画面の色味を選ぶことができます。

オススメは若干暖かくしておくことで、眠りを誘う色になっているような気がします。

また、しっかりと色が変わることで、寝る2時間前を意識することができます。

 

まあでも、これはお好みでお選びください。

 

暖かくしてしまうと本来の色がわからなくなり、インスタをよく見る人にとっては物足りない画面になってしまうかもしれません。

 

コントロールセンターから素早く設定する

コントロールセンターから素早くNight Shiftモードを設定することが可能です。

明るさ調整の部分を3Dタッチ(長押し)をしていただければ、画面が切り替わります。

 

Night Shiftの部分をタップすることで素早く設定できます。

 

ブルーライトと上手く付き合う

ブルーライトは夜に見ると目がさえてしまい、寝つきが悪くなります。

逆に、夜だけど寝てはいけない時、朝なかなか起きれない時に有効ではありませんか!?

 

ということで、私はNight Shiftが切れる時間を、起きる前で設定しております。

 

本当はカーテンを開けておき、自然光で起きたいところですが、家族と一緒に寝ているとなかなかそうはいかず。

自分だけブルーライトを浴びて目を覚ますようにしています。

 

どこで、読んだか聞いたかわかりませんが、メンタリストのDaiGoさんは起きた瞬間に読書することを勧めていました。

これは、起きたということをトリガーに読書を習慣化するという方法だったと思いますが、その時にブルーライトを使って目を覚ますということにも言及されていたと思います。

ブルーライトも悪いことばかりでなく、上手く付き合うことでメリットがあるかもしれませんよ。