iPhone・iPadの容量を勝手に節約してくれる?設定解説

Apple




iPhoneやiPadのストレージっていつのまにかいっぱいになっていませんか?

容量がいっぱいだと、写真や動画も容量を気にしちゃってたくさん撮れないし、動作も重くなりますね。

そんな状態を少しでも解消する方法をご紹介います。
iPhoneを長く使っている人ほど効果があるかも?!
では始めましょう。

iPhoneが勝手にアプリを消す?!

今回の方法は、iPhoneが勝手にアプリを消してくれる方法です。

「え?勝手に消されたら困るよ!」

そう思う方が大半だと思います。

大丈夫。
安心してください。

あなたが長いこと使っていないアプリをiPhoneが判別して、中のデータはそのままにアプリだけ消してくれます。

設定方法

まずは「設定」アプリから『iTunes StoreとApp Store』をタップ。

1番下にある『非使用のAPPを取り除く』をオンにしてください。
これだけです!

これで消されたアプリについては、こんな感じで表示されます。
消されてもそこにアプリのアイコンはあります。
ただ、クラウドのマークが小さく出ています。


このアプリをもう一度使おうと思うと、アプリのダウンロードがはじまります。

すぐに対応する方法

iPhoneが判断する前にあんまり使わないアプリを消したいという人は次の方法で行えます。

まず「設定」アプリの「一般」へ。

中に「iPhoneストレージ」があります。

どのアプリがどれくらいストレージを使ってるかわかります。

ひとついらないアプリを選んでください。


「APPを取り除く」と「APPを削除」があります。
先ほどの方法はこの「APPを取り除く」な方です。
一度やってみましょう。


「書類とデータは保持されます。」と記載がありますね。
安心して取り除きましょう。

するとこんな感じに変わります。

もし、本当に使わないなら「APPを削除」を選んでください。

こちらはデータも完全に消えるので注意してください。

 

おわりに

以上です。

iPadも同じ方法ですので、お持ちの方は両方とも設定しておきましょう。

勝手に使わないアプリを消してくれるなんですごくないですか?
最初は本当にデータが残るか心配な設定ですが、実際使ってみるとしっかりとデータは残っています。

便利なものはどんどん使いましょう。

では。