【iPhone/ iPad】背景消すならこのアプリ『背景透明化』

アプリ

デザインする上で、画像の背景を透明化することとは切っても切り離せません。

少し前だったらフォトショップで加工しないと、、、

と思ってやっていましたが、いまはもうiPhoneや iPadで手軽にできてしまいます。
これはめちゃめちゃ便利。

ということで、わたしが使っている背景透過のアプリをご紹介いたします。

背景透明化
背景透明化
開発元:handyCloset Inc.
無料
posted withアプリーチ

背景透明化の使い方

背景を透明化するときに使うアプリ、それが「背景透明化」。
ずばりそのままです。
わかりやすい。

アプリを開くとこの画面。
「写真を読み込む」から、透明化した写真をセレクトしてください。

最初に切り取り画面になります。
ここで、切り取りたい部分ギリギリまで小さくしておくと、後々楽チンです。

今回はこのバックパックを切り取ります。

まずは「自動」ツールです。

このアプリはタッチしている部分と実際に効果が現れる部分を分けて選択することが可能です。
少しわかりにくいと思いますが、

大きい赤丸→実際の場所
小さい赤丸→タッチする場所

これが分かれていることで、指で触っているときに細かい部分が見えないということを避けることができます。
もし、離したくないということであれば、上のバーを左へ移動させてください。

それではようやく、背景を透明化します。
実際に大きい赤丸を置いた場所が透明化されます。
およその色で判別されるので、うまいことバッグの黒い部分が残っています。

さらにこの状態で下の「近似色の判定」を左右にいじることにより、透明化する範囲をザックリ変えることが可能です。

この近似色を上げることで、近い色の判別が緩くなり、広範囲に渡って透明化されました。
これを上げすぎると透明化したくないところまで透明化されてしまうので要注意。

こんな感じで「自動」ツールで大雑把に透明化を進めていきます。
ここでは細かい部分はムシして問題ありません。

今度は手動ツールです。

この「手動」ツールを使うことで、細かい部分を修正していきます。
この修正ツールは丸の大きさを変更できるので、

  1. 画像を拡大しつつ
  2. 丸の大きさを変えてなぞる

という行為を繰り返していきます。
かなり拡大できるので、細かい部分も問題なくできます。

ある程度修正できたと感じたら、右下の虫眼鏡で細かい部分を確認しましょう。

もし、消し過ぎている部分があった場合には「修復」ツールを使って消してしまった部分を復活させましょう。

これで作業か完了です。
右上の「完了」をタップしてください。

最後に仕上げです。

境界のぼかしが必要であれば、輪郭をかなり曖昧にできます。


また、背景を透明な状態で保存するか、白色の状態で保存するかを選ぶことができます。
用途が決まっていて白で使いたいときに便利ですね。

完成したら保存してください。

今回は背景を透明なまま保存しました。
うまく切り取りできています。

シンプルな用途でスピーディに

この「背景透明化」は本当にこれだけの機能。
シンプルだけに、この作業に集中して作成できます。
そして、しっかりと手間をかけることでクオリティをあげることも、自動ツールでざっくりと切り取ることができるので、いろいろな場面に対応することが可能です。

透明化をサクッとしたい場合はこのアプリを使ってみてください。

背景透明化
背景透明化
開発元:handyCloset Inc.
無料
posted withアプリーチ