運転中のiPhoneの設定「運転中は通知を停止」【AirPodsとApple Watchで対応しよう】

AirPods




ども、KUNYOTSU logを運営しています、くんよつです。

日頃運転をよくする人は知っている方が大半だと思いますが、2019年12月1日から道路交通法が改正されて、運転中の携帯電話の使用の罰則が強化されました。

内容は以下の通りです。

改正前 改正後
罰則 5万円以下の罰金 6ヶ月以下の懲役又は10万円以下の罰則
違反点数 1点 3点
反則金(普通車) 6,000円 18,000円

さらに、スマホを使っている状態で事故を起こしてしまった場合には即免許停止で1年以下の懲役または30万円以下の罰金となります。

かなりの罰則の強化ですね。

罰則の強化は必要だと思いますし、これで交通事故が減れば無駄に悲しむ人が減って最高ですね。

そんなこと言っても急に運転中の携帯電話の使用はゼロにはできないという人もいると思います。
安全に付き合っていくしかありません。

一応ですが、完全に停止している間は触っても大丈夫です。
たとえば赤信号の間や、大渋滞で全然進んでいないときに完全に停止している場合には使っていても違反にはなりません。
少しでも動いていれば違反です。

iPhoneの設定を変えてしまう

今運転中にスマホを触ってしまうながらスマホが多くなっていることが今回の罰則の強化の原因になっています。

正直いままでやっていたことを人は簡単にやめられません。
とくに四六時中触っているスマホを急にやめるだなんて、「そんなのムリ!」という人もいるかもしれません。

そんな人はもう強制的に使わなくしてしまう必要があります!
そして、iPhoneにはそんな設定がすでに存在しています!

それが「運転中の通知を停止」機能です!

これはiPhoneが運転中だと察知したときは自動的にオンになります。
例えば自動車とBluetoothで接続する、動作からiPhoneが検知するという形で自動的にオンにもでき、また手動でオンオフが可能です。

「運転中の通知を停止」の設定方法

「設定」アプリからまずは設定します。

「設定」アプリ

「おやすみモード」を選択



「おやすみモード」をオン

「アクティベート」へ

項目を選択

ここで、4つ項目があります。

  • 自動
  • 車載Bluetooth接続時
  • 手動
  • CarPlayで有効にする

 

自動はiPhoneが自動車を運転中であると判断したときににオンになります。
車載Bluetoothに接続時は文字通りiPhoneが自動車のナビとBluetoothで接続されたときにオンになります。
手動は自分でオンにする方法です。
CarPlayで有効にするはiPhoneがCarPlayに接続されたときにオンになります。

設定にない!?
「運転中の通知を停止」はiOS11以降のiPhoneについている機能です。
この項目がない場合はiOSの更新を確認してみてください。

手動でオンにするときはコントロールセンターからオンにすることが可能です。
おやすみモードをオンにすることでこの運転中の通知を停止となります。

手動でオフにするには

もし、自分がドライバーじゃないときに通知がオフになってしまったときは手動でオフにできるので安心してください。
「運転中の通知を停止」の通知がiPhoneにきたらその通知をタップし、「運転中ではありません」をタップしてください。
または、ホームボタンを押すか、下からスワイプ(ホームボタンがないiPhone)することでオフにすることも可能です。

それでも電話にでたい人

どうしても電話対応が多い人はいますよね。
そのときはハンズフリーでの対応が必要になります。

合法!?
マイク付きのイヤホンがあれば両手が自由な状況で電話対応ができます。
ただ、100%違反じゃないかと聞かれれば、そうは言い切れません。
道路交通法では、大音量であることが禁止されており、イヤホンの有無、両耳片耳の記載まではありません。
この方法は100%合法とは言い切れないということを承知の上で使ってください。

このときにオススメなのが、AirPodsです。
コードがあるイヤホンでは運転のジャマになってしまいます。
ワイヤレスイヤホンは今ではたくさんありますが片方の耳だけでもしっかりと動作し、なおかつ接続が安定しているという点でAirPodsに勝るものはないと感じています。
また、マイクの精度で言えば、僕の経験上AirPodsに勝るものはないといえます。
仕事で利用するという人であればAirPods一択ではないでしょうか?

また、AirPods Proであれば外部音取り込みモードがあり、イヤホンをしていてもかなり自然な形で外の音が聞こえるので、安全面でいえばAirPods Proの方が断然オススメです。

ただ、やっぱり片耳だけで使うほうが良いと思います。

AirPodsならいろんなことがハンズフリーでできる

AirPodsでできることは電話だけではありません。
予定の確認やリマインダーの設定もできてしまいます。

使うときは「ヘイ、Siri!」とAirPodsをした状態で声をかけるだけ。
iPhoneの画面を確認できるならそのほうが便利かもしれません。

電話にでる/かける
メッセージを送る
道案内
予定の確認
カレンダーに予定をいれる
リマインダーに設定する
「メモ」アプリにメモしてもらう

これらが、音声だけで可能です。

Siri詳しい使い方や設定方法を解説したので、参考にしてください。

iPhoneでSiri (シリ)を設定、起動する方法を解説します!具体的な使い方もご提案【iPad / Apple Watch / AirPods】

2019.11.10

少しでも安く導入したいという人は第2世代を選んでください。

ノイズキャンセリング機能など、せっかくなら便利に、音楽を聞くときにも使いたいという方はAirPods Proを選択してください。

Apple Watchもハンズフリーに大活躍

Apple Watchもハンズフリーが大得意です。
もちろんiPhoneと同じで注視することはダメですが、現状ではApple Watchの操作は法律違反にはなりません。
そして、イヤホンでの音声とは違い、視覚で確認できるという点もいいですね。

道案内では振動で右折左折を知らせてくれます。
もちろん、Apple Watchの画面でも右左折の確認ができるほか、しっかりと位置情報を取り込んだマップでの確認もできます。

通知の確認もApple Watchでサッとみることも可能ですし、Siriでの操作もApple Watchで可能です。
Apple Watchにはスピーカーもついており、電話の対応もイヤホンなしでできます。

方法としては、iPhoneは完全にバッグの中にしまっておき、自動車を運転中はすべてApple Watchでできる範囲のことにしておくだけです。

Apple WatchはSeries3がいまかなり安いので、安価に導入したいという方はSeries3を選択してください。

せっかくなら便利にいろんな機能を使ってみたいという人はSeries4か5を選択してください。

まずは心掛けたいこと

いろいろと運転中にできることをご紹介しましたが、やっぱり使わないのが1番です。心掛けたいことをまとめていきます。

画面の注視はダメ!

画面を2秒以上見続けることは注視にあたります。
自動車についているカーナビも2秒以上見続けることはダメです。
なので、iPhoneのナビも同じです。
通知がきてしまうと、あっという間に2秒以上見てしまうと思いますので、やっぱり通知が来ないように設定しておくことは重要ですね。

ナビについてはあなたの心掛け次第ですので、意識して使いましょう。

電話は停車中に

電話もハンズフリーでできますが、どうしても注意散漫になりますよね。
とくにメモが必要なことをたくさん言われてしまう可能性があることならしっかりと止まって電話するほうが、後々のことを考えると間違いなく効率的です。
日時の決定、やらなければならないことが1つくらいなら、Siriにサッと頼んでしまえば良いですが、電話する前にわからないことだと思いますので、ハンズフリーで応答し、あとで掛け直すということを癖付けすることが1番だと思います。

まとめ

スマホの利用が増えることの弊害はいろいろありますが、運転中のスマホは最悪の弊害だと思っています。
ちょっと間違えれば他人の命を奪うことになりますので、それだけは本当に避けたいことですよね。

海外では完全に運転中のスマホを禁止しているところもあります。
また、iPhoneの「運転中の通知を停止」する機能も日本ではオフにできますが、海外ではオフにできない国もあるようです。

自動運転の自動車が普及すれば運転中も自由にスマホを触ることができますが、自分で運転している以上責任はあなたがすべて負っています。
加害者にならないよう、この記事を読んだらぜ対応をお願いします。

どうしても触りたいなら公共の乗り物(電車・バス)を利用するかタクシーを使うしかありません。
僕は移動中にいろいろと作業したいので、通勤は電車と徒歩に変えました。

スマホが触りたいならこういった選択肢もかなり有りだと思いますよ。

こちらの記事も人気です!