iPhoneの電池を節約する【災害時に備えて】

Apple




災害時にツライもののひとつが停電ですね。

スマートフォンが自由に使えない状況は、より不安を増幅されるものだと感じています。
停電の復旧目処がたたないにしても、情報収集をとにかくしたい時だと思います。

だから、少しでもiPhoneを長く使えるように設定を変更し、復旧のときまでなんとか持ちこたえるようにしましょう。

 

電池節約方法

今回は災害時の設定に良いと思われるものをピックアップいたしました。

画面の明るさを下げる

画面の明るさはコントロールセンターから簡単に下げることができます。

可能な範囲で暗くしましょう。

Wi-Fi、Bluetoothオフ

電波を探すことが、電池の消費につながります。
Wi-Fiは災害時に解放されている可能があるので、そのようなときはオンに切り替えて使いましょう。

コントロールセンターから簡単にオンオフが可能です。
その他、「インターネット共有」をオンにしてテザリングを利用している人はオフにしましょう。

 

Airdropをオフ

画像を近くの人と共有するときに便利なAirDropですが、これも電池を消費するので、オフにしましょう。

設定の一般の中にAirDropがあるので、「受信しない」を選んでください。

 

位置情報サービスをオフ

地図アプリで便利な位置情報サービスですが、電池を消費するので、オフにしておきましょう。

設定のプライバシーの中に位置情報さーがありますので、オフにしてください。

 

不要な通知をオフ

災害時、通知してほしいものとそうでないものがあると思います。
ひとつずつ通知をオフにしていると時間がかかりますので、よく通知が来るけど、災害時には必要のないアプリの通知はオフにしましょう。

設定から通知へ進むとオフにするアプリが選べます。

 

APPのバックグラウンド更新オフ

アプリがバックグラウンドで自動で更新していては電池を消費してしまいます。
オフで問題ありません。

設定の一般の中ににAPPのバックグラウンド更新があります。

モバイルバッテリーの用意

もし、これから災害に備えるということで、時間があるのであればモバイルバッテリーを購入しておくことをオススメします。

これがあるだけで安心感が違います。

本当に災害時だけに使えればいいという人は大きい容量のものを選んでもいいと思います。

だいたい5,000円くらいで20000mAhのものが買えます。

最新のiPhoneでも5回くらいは充電できる容量です。

普段使いも考えるということであれば、比較的コンパクトにおさまる10000mAhのものを選ぶといいかもしれません。

これでも、最新のiPhone2回ちょっとは充電できる容量があるので、十分に役割を果たしてくれます。

災害時に思い出してほしい

今回は災害時に簡単に電池を節約できるものを厳選してご紹介しました。
いざ停電になったとき、こんな記事を検索して読んでいるヒマはないと思います。
可能な範囲で覚えていただければ、いざというときあなたのiPhoneを1秒でも長く使える状態に保ってくれるはずです。

何も起こらないのが1番ですが、備えあれば憂いなし。
災害がこれだけ続くと他人事ではないので、防災対策を行いましょう。
iPhoneの設定はその内のひとつに過ぎません。

iPhoneの充電を最も速くする方法!1分1秒でも速く1%でも多く充電を増やしたい!

2018.06.16

iPhoneで電話中に保留する方法

2018.07.13

こちらの記事も人気です