iPhoneのカーソル移動は長押しでも3Dタッチでもなく「空白」がオススメ

iPhone




 

ども、くんよつです。

今日は本当にニッチな話です。

 

iPhoneで文字を入力するときに唯一不満だったのが、カーソルの移動です。

iPhoneで文書を作るときに、カーソルの移動をしたいときありますよね?

で、このカーソルの移動方法って3つあるんです。

  1. 文章の部分を長押し
  2. キーボード部分で3Dタッチ
  3. 空白の長押し

で、今回オススメしたいのは3の「空白の長押し」です。

移動したい部分で長押し

これが感覚的に1番使ってる人が多い印象です。
考え方としては、移動したい場所をタッチしたけれど移動しなかったので長押しの流れではないでしょうか?

虫眼鏡が現れます。

キーボード部分で3Dタッチ

iPhoneを定期的に買い替えている人はこの方法をご存知ではないでしょうか?
片手で文章を作るときに、大きくなったiPhoneではその場所をタッチするのはなかなか面倒です。
そこで、キーボード部分を3Dタッチする方法が便利となります。

このキーボード部分で

画面を強く押し込んでください。

するとキーボード部分の文字が消え、トラックパッドに変わりました。

空白の長押し

僕は長らくこの3Dタッチを使っていたんですが、途中で発見したこの「空白の長押し」がもっともバランスが良いので使っています。

キーボードの「空白」を長押ししてください。

普通なら半角空きますが、長押しで3Dタッチのときのようにトラックパッドに変わります。

「空白の長押し」がオススメなワケ

まず、文章の部分をタッチするのはわざわざ触りに行かなきゃいけませんので、若干のタイムロスです。
そして、本当であれば3Dタッチを1番オススメしたいのですが、正直100%の確率で3Dタッチが動作するということは難しいと思います。
どうしても何回かに1回は3Dタッチがうまく動作せず、普通に文字の入力が行われてしまいます。
これがけっこうストレスです。
その点、空白の長押しは間違いなく動作する上に、手が届く範囲であるのでもっとも効率が良いです。
唯一のデメリットは、3Dタッチよりも気持ち動作するまでに時間がかかる点です。

ということで、空白の長押しでカーソル移動ができることを知らない人が多いイメージだったので解説してみました。今まで使ったことがない人は、使うことで確実に時間を短縮できるますよ!

こちらの記事も人気です!