安心して子どもにiPhone・iPadを!【操作制限アクセスガイド】

Apple




子どもにiPhoneやiPadを渡すことはありますか?

大人があれだけ四六時中大切に持っているものなので、小さい子でも興味がでるのは当然ですね。

そんなとき、ただ子どもに貸してしまってはどんな操作をするかわかりません。

そんなときに便利な機能がiPhone・iPadにはついています。

子どもが触ったとき機能を制限することができる設定があります。

 

準備

設定方法
設定→一般→アクセシビリティ→アクセスガイド


まずは設定アプリから一般へ。


アクセシビリティをタップ。

下の方へ行くと、【アクセスガイド】があります。


これをオンにします。


続いてパスワード設定も行います。
Touch IDをオンにしておくと解除が簡単です。


さらに、時間制限を設けることができるので、必要があればアラームを設定しましょう。

これで準備はオッケーです。

設定方法

次にアプリ側です。

今回は子ども用YouTubeのこちらのアプリで試してみました。

YouTube Kids
YouTube Kids
開発元:Google, Inc.
無料
posted withアプリーチ

まずは子どもにこのアプリだけなら触らせても大丈夫というアプリを開きます。

そこで、ホームボタンを3回押してください。

こんな画面になります。

この画面の中でもし一部反応してほしくないという部分があれば、指をその部分を円で囲みます。

オプションが左下にあります。

  • スリープボタンを無効にするならオフ
  • ボリューム変更を無効にするならオフ
  • 画面の回転など無効にするならオフ
  • キーボードを表示させないならオフ
  • 画面タッチを無効にするならオフ
  • 時間制限を設定するときはオンに

アクセスガイドを終了する

アクセスガイドを終了するには、ホームボタンを3回押して、先ほど設定したパスコードを入力。
またはTouch IDを有効にしているならホームボタンを2回押してください。

 

安心して子どもにiPhoneを

iPhoneにはたくさん情報が入っています。
その中にはとても大切な情報があり、何かの表紙で流出や削除がないとも考えられません。

安心して子どもに見せてあげたいという思いを叶える方法をAppleは用意しているということが素晴らしいですね。
すぐに設定することをお勧めします。