【 iPadOS 】キーボードの進化はiPadの使い方の進化に | Apple Beta Software Program

iPad




ども、KUNYOTSU logを運営しています、くんよつです。

WWDC2019で発表があったiPadOS。
そのベータ版がすでにダウンロード可能になっています。

【 iOS13/ iPadOS 】秋の発表まで待てない!2019年秋公開予定の最新OSを試す方法

2019.07.01

iPadOSの中で個人的に嬉しかったのはキーボードの進化です。

フローティングキーボード

iPadのソフトウェアキーボードが進化しました。

今まではこんな感じで横で使うと、どうしても半分がキーボード状態で使いにくかったです。

それがなんと、iPadOSではピンチインでキーボードが小さくなります。
キーボード上でピンチイン(写真を縮小させるときと同じ)してください。

こんな感じで小さくできてしまいます。

iPhoneのキーボードの大きさにかなり近いです。
さらに、キーボードの下の部分をタッチしながら移動させることができ、場所が自由に配置できるので好きな場所で使うことができてしまいます。

メリットは

  1. 画面をソフトウェアキーボードで邪魔されることなく、
  2. 好きな場所に配置して
    文字を入力できるという点です。

いままではiPadで大量の文字を打つ場合は外付キーボードが必須だと考えていましたが、これならフリック入力になれている若い人もiPadでたくさんの文章をソフトウェアキーボードだけで入力できるようになったと思います。

全角スペースに対応

細かい部分ですが、いままでは半角スペースしか使えなかったiPadですが、ついに全角スペースに対応しました。
全角スペースを入力するときは直前で日本語入力している必要がありますが、いままで複数回スペースを打たなければならなかったことを考えると圧倒的に楽になります。

iPadでも片手で入力できる

今まではiPadでソフトウェアキーボードで入力することは不便でしかたなかったですが、今回のアップデートでiPadのソフトウェアキーボードでもかなり使い勝手が良くなったと実感しています。

僕はiPad Pro12.9とiPad Pro9.7を使っていますが、12.9ではさすがにまだ外付キーボードのほうがいいと感じますが、9.7の方はキーボードは不要になりました。
iPad miniならさらに便利だろうと思われます。

【 iPadOS 】新しいマルチタスクの形 Slide OverとSplit View | Apple Beta Software Program

2019.07.02

【 iPadOS 】ウィジェットがホーム画面に!設定方法とおすすめアプリをご紹介 | Apple Beta Software Program“

2019.07.01

こちらの記事も人気です!