iPadでもマウスを使おう!【iPadOS × Magic Mouse (マジックマウス)の設定方法】

iPad




ども、KUNYOTSU logを運営しています、くんよつです。

今回はついにリリースとなったiPadOSをインストールしたiPadで対応した、マウスを使う方法をご紹介します。

使うマウスはAppleのMagic Mouse 2 (マジックマウス)です。

今回はMagic Mouseを使った設定方法をご紹介します。

iPadOS13.3でマジックマウスが接続できない不具合が報告されています。

iPadOS13.4で使えるので、アップデートしてください。

iPadでMagic Mouseを使う(iPadOS13.4以降の場合)

iPadOS13.4にて、マジックマウスが正式にサポートされました。

いままでは、接続が少し面倒だったのが、普通にBluetooth接続が可能になりましたので、マジックマウスをiPadで使おうと思っている方は特別な事情がない限りは13.4以降にアップデートしていただくことをオススメいたします。

(13.2以前の場合の次の章で説明しているのでご確認ください。)

動画でも解説しました!一緒にご覧ください!

さて、特別な方法はありませんので、普通にマジックマウスの電源を入れて設定のBluetoothからお使いのマジックマウスを探してください。

本当にこれだけです。

 

今回、進化しているのはマウスのポインタで、かなりiPad用に設計されているのがわかります。

ポインタの形も若干変わっています。

これは説明が難しいのでまた動画で解説させていただきます。

 

そして、いままで使えなかったマジックマウスのジェスチャーが使えるようになっておりますので、これでマジックマウスを使うメリットが登場しました。

これは、アップル信者としてはかなり嬉しいポイントじゃないでしょうか?

マウスの設定

設定もあるので、確認しておきましょう。

マジックマウスを接続した状態で、「設定」アプリから「一般」の中に、「トラックパッドとマウス」という項目が表示されます。

ここで、

  • 軌跡の速さ
  • ナチュラルなスクロール
  • 副ボタンのクリック

を変更できます。

ただ、ジェスチャーはMacと同じようにはいかず、いま確認できているものをご紹介します。

まず、副ボタンは先ほど設定に出てきましたが、僕は右に設定しているので、右をクリックするといつも指で長押ししていた動作ができます。

 

Magic Mouseのジェスチャー

それとスクロールですが、1本指で上下にスライドが可能です。

あとはページ間のスワイプが可能で、1本指で戻ったり進んだりが可能です。

今はこの2つなんじゃないかと思います。

そもそもマジックマウスのジェスチャーは多くありませんが、もう少し何か割振れたらいいなと思います。

 

ポインターのデザイン変更

それと、ポインタの設定も可能なので、解説しておきます。

「設定」アプリの「アクセシビリティ」からポインタコントロールを選んでください。

ここでポインタのコントラストサイズアニメーションスクロールの速さを変えることが可能です。

 

iPadのマウスを使った新しい動作

それと、iPadでマウスを使ったときの特別なジェスチャーがあるので、ご紹介しておきます。

まず、下にマウスを移動させて、さらにもっと下にマウスを動かすとDock(ドック)が表示されます。

そしてさらにもっと下に移動させると、いま表示しているアプリを閉じることができます。

ホームで同じ動作をするとアプリ一覧表示になります。

マウスを右に持っていくと、直近で使っていたSlide Overのアプリが登場します。

上に移動させると直近の通知が確認できます。左上の時計・日付の部分をクリックしても同様に通知の確認ができます。

右上のバッテリー表示の部分をクリックするとコントロールセンターが表示されます。

 

これらは慣れるととても便利だったので、ぜひ意識して使ってみてください。

 

使い心地は?

肝心な使い心地なんですが、パソコンでやっていることなんかをiPadでやろうと思った時には間違いなくスピードがアップしました。

やっぱりポインタのスピードを速くできたり、スクロールのスピードが速くできるので、手でやるより速いです。

そして、iPadならではのポインタのアニメーションも結構好きで、このあたりも使いやすいと感じました。

ただ、やっぱりジェスチャーが少ないという点は改善して欲しくて、iPadならではのジェスチャーなんかも対応してくれると嬉しいです。

少し面倒なのが、ドックの表示とアプリの切り替えで、このあたりの動作のジェスチャーが加わると嬉しいです。

それと、1番不自由なのが拡大縮小の動作はディスプレイを触って変更するしか方法がないので、ここはキーボードとの組み合わせでいいので何かジェスチャーが欲しいところです。

 

iPadでMagic Mouseを使う(iPadOS13.2以前の場合)

2019年に発表されたiPadOSでようやくマウスが使えるようになりました。

ただ、Magic Mouseを iPadで使う方法は他のBluetoothマウスと違うので、その設定方法をご紹介します。

動画でも解説しているので、あわせてご覧ください。

(iPadOS13.2以前の方はこちらをご覧ください。)

まずは「設定」アプリを開いてください。

その中のアクセシビリティをタップし、登場するスイッチコントロールを選択してください。

スイッチコントロール内のスイッチをタップしてください。

スイッチ内のBluetoothデバイスをタップ。

ここで、Magic Mouseの電源が入っていれば認識してくれます。

接続中になったことを確認してください。

再度、アクセシビリティに戻り、今度はタッチを選択してください。

その中のAssistiveTouchをタップ。

AssistiveTouchをオンにしてください。

すると、しっかりとマウスポインタが表示されました。

 

そのほかのiPadOSの進化はこちら↓

追加設定

多少設定を変更できるので解説します。

ポインタのサイズ・色の変更

iPadのポインタは丸です。
ちょっと残念な気もしますが、まあ使用する上で困ることはありません。

このポインタのサイズと色を変更することができます。

こちらもAssistiveTouch内のポインタのスタイルで変更が可能です。

色は7種類から選べます。

ちなみに、ポインタは自動的に非表示になります。
こちらも時間の設定の変更がこちらからできます。

ボタンの割り当て

右クリックと左クリックそれぞれに何をさせるかを決めることができます。
AssistiveTouch内のデバイスをタップしてください。

今回であればMagic Mouseを選択します。

最初は左クリックがそのままシングルタップ、右クリックがメニューを開く(AssistiveTouchのメニュー)に割り当てられています。

マウスによっては他にもボタンがあるので、それらのボタンにも役割を持たせることができます。
残念ながらMagic Mouseの利点である、マウスをなぞってアクションできるものについては割り当てることができませんでした。

iPadでのマウスは便利かも・・・

やっぱり使ってみるとマウスって便利だなぁと感じました。
指でタッチするタイミングがクリックのタイミングになることに慣れれば操作性はまったく問題ありません。
ドックを開いたり、コントロールセンターを出したりすることもマウスでできます。

ただ、あくまでもタッチするよりもマウスの方が画面に近い場合に限ってです。
iPadをパソコンのように使う場合において、Bluetoothキーボードを接続して使う場合にはマウスの便利さがわかります。
iPadとキーボードに距離があってもマウスがあれば操作できるからです。

普段から手元において使っている人にとってはそれほどメリットがないと感じました。

それでも、iPadでマウスを使えることは革命的で、よりパソコンライクに使う人が増えることが予想されます。

こちらの記事も人気です