【 iPadOS 】純正のパレットが進化!メモアプリやマークアップがより使いやすくなったぞ! | Apple Beta Software Program

iPad




ども、KUNYOTSU logを運営している、くんよつです。

2019年秋に公開予定になっているiPadOSの新機能についての内容です。
試したい方はこちらの記事を参考にiPadOSをインストールしてください。

【 iOS13/ iPadOS 】秋の発表まで待てない!2019年秋公開予定の最新OSを試す方法

2019.07.01

新しいiPadOSでは、今までiPadの真骨頂である描画機能がパワーアップしました。

パレットが進化

今まで少しずつ進化してきたAppleのパレット。
あ、パレットとは、例えばメモで描画するときに出てくるこれ↓です。

で、iPadOSでは、こうなりました。

すでに見た目が変わっているのがわかりますか?
少しリアル感が増した感じです。
定規が常に表示されるようになってますね。

このパレット、場所を移動できるようになりました。
上に行ったり、

横に行ったりできます。

そして小さくすることも簡単です。
こんな感じ。ジャマになりません。

「自動でしまう」をオンにすると勝手に小さくなってくれます。

ちょっと嬉しい新機能としては消しゴムがピクセル単位で消せるようになりました。

いままでは一筆分まるまる消えてしまってたので、イラストなど細かいものを描くときに便利ですね。

書き心地もそれほど変わった感じはありません。

スクリーンショットも進化

手書きといえばスクリーンショット。
iPadOSはスクリーンショットも進化しています。

例えばウェブサイトをスクリーンショットしてみます。

サイトを上から下までデータとして保存するときは、今まではその場所にいってその都度スクショする必要がありました。

それがiPadOSは画面に写っている分だけか、そのページ全部かを選択することができるようになりました。

上に新しく表示されています。

スクリーンをフルページに変更すると全ページをスクショしたことになります。

もちろんトリミングもできるので不要な部分は切り取れます。

パレットについては同じですね。
スクショした画像にすぐに書込みが可能です。

iPadならではの機能が嬉しい

手書きはパソコンには基本的にできないiPadならではの機能です。
その機能を使いこなす進化はとっても嬉しいです。
書き味については、Apple Pencilは当初から別格でしたが、ほかの端末ではもう追いつけないレベルにまでなってしまいますね。

また、純正の進化で、サードパーティ製のアプリもより進化してくれると嬉しいです。

こちらの記事も人気です!